ピーマンは、南アメリカ原産の野菜で、とうがらしを品種改良することで、辛さをなくした品種です。
そのため、ピーマンは、英名では「スイートペッパー」と呼ばれています。
ピーマンの名前の由来は、フランス語の辛くないとうがらしという意味のピメントから来ています。
またとうがらしを品種改良した種類であるため、とうがらしに含まれている栄養を多く含んでいます。。
今回は、そのピーマンに含まれる栄養や効能、保存方法などについて紹介していきたいと思います。

・ピーマンの栄養

ピーマンは他の野菜と比べても多くのビタミンCを含みます。
また、ピーマンの組織がしっかりしていることやピーマンがビタミンCの破壊を防ぐ、ビタミンPを含んでいることから炒めての調理の時、ビタミンCの損失が少ないです。
また、緑のピーマンが完熟すると赤や黄色に変化します。
色の変わったピーマンは、ビタミンCやベータカロチンが緑色のピーマンの2倍くらいまで上昇し、苦みを抑え甘味が増します。
ピーマンは、食物繊維が豊富で、便秘解消やがん予防の効果が期待できます。
筆頭するほどではないですが、ビタミンAも多く含むため、油との相性も良いです。

・ピーマンの効能

ピーマンの主な効能は、
・肌荒れ、シミ対策
・そばかす改善
・疲労回復
・がん予防
・便秘改善

ピーマンの効果は、ほとんどがビタミンCによるところが大きいです。
緑のピーマンの場合ビタミンCの含有量は、レモンには劣りますが、ピーマンは1度に食べれる分量が多いので数字ほどの差はないと思ってよいでしょう。
ピーマンの効果は女性の悩みを解消する部分が多いです。
上記には記載はないですが、ビタミンCは、骨の生成に大きくかかわるため、子どもの発育には、欠かせない栄養素でもあります。
そのため、苦手な子でもしっかり食べさせた方が良いでしょう。

・ピーマンの選び方、保存方法

ピーマンを選ぶときは、緑色が濃く、色つやが良いものを選びます。
しわのあるものは古いので避けましょう。
また、ピーマンはヘタの部分から傷みだすのでヘタをみて鮮度を判断しましょう。

保存する際は、穴あきのポリ袋に入れて保存します。
7℃~10℃が適温なので、野菜室での保存が良いでしょう。

・ピーマンの調理方法

縦に2つに割ってヘタ、種を取り除き、下ごしらえをします。
ピーマンの香りが苦手な方は、ピーマンの薄皮を取り除きましょう。
ピーマンを直火であぶり、冷水に浸すと簡単に薄皮を剥けます。
ピーマンはお肉の消化を助ける働きがありますので、チンジャオロースや肉詰めなどお肉との相性が良いです。

おすすめまとめ

関連するまとめ

注目!2016年おすすめ「おせち料理」デパ地下やお店の通販できる場所を紹介

少し考えておきたい正月のおせち料理。毎年食べない人も手作り派の人も必見の、通販できるおせち料理を紹介します。…

opoea / 3448 view

母の日も間近。今年はカーネーションを贈ろう!

母の日といえばカーネーション。赤や白やピンクなど様々な色がありますよね。実は花に込められた意味が色によって変…

jottasuke / 3806 view

畳の効果がすごい!お洒落な和風インテリア

皆様のお家には畳の部屋ってありますか? 和室があると部屋の印象って全然違いますよね。 日本人なら畳の上で…

komiya / 2321 view

その会社ブラック企業?会社が守れていない労働基準法の残業時間

ブラック企業という言葉が流行語大賞をとり、有名になりました。 しかし、実際の労働基準法を把握していないため、…

SYOUTA / 589 view

【若干閲覧注意】実はトイレの便座より汚いPCのキーボード・・・を『全部分解』して掃除…

現代人の必需品「パソコン」。しかしそのキーボードたるや、見たくもないほど汚いです。今回、一念発起し、5年に渡…

msd / 3911 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

【速報】芸能エンタメ

芸能エンタメゴシップネットで話題になったニュース