ゴキブリは、生命力が大変強く、胴体と頭を切り離しても死なず、動き続けることが出来ます。
そんなやつらにも弱点があるのでしょうか?
今回は、ゴキブリの好むものと苦手なものについて触れていきたいと思います。

・ゴキブリの好むもの

ゴキブリの好みを知るのは、あまり乗り気にはなれないかもしれないですが、
敵の好みを知ることで、それらをできるだけ与えないように気を配ることが出来るようになります。

1.油やたんぱく質

ゴキブリは高エネルギーである油やたんぱく質を好んで食べます。
また、油であれば基本的には、なんでも食べてしまうので、石鹸なども奴らにとっては食料の一部となってしまいます。

2.ジメジメとした湿気

ゴキブリにとっては空気中の水分が多ければ多いほど過ごしやすいようです。
そのため、部屋の換気など、こまめにして部屋の湿気を減らすことで遭遇率を下げることが出来るかもしれないです。

3.高い気温

ゴキブリは暖かい場所を好み、暖かければ暖かいほど活発に活動するようになります。
また、生殖行動も一定の温度を超えていないと行うことが出来ません。

・ゴキブリの苦手なもの

核兵器でも死なないとされるゴキブリですが、ちゃんと苦手なものはあります。

1.塩

ゴキブリは塩単品を食べることが出来ません。
とはいえ塩分を含んだ食べ物は普通に食べるので、強力な弱点とは言えないでしょう。

2.レモン

なんでも食べてしまうゴキブリですが、なんとレモンは食べることが出来ません。
それどころか、レモンの香りには全くと言っていいほど近寄りません。
台所の洗剤をレモンの香りに変えるだけでも高い効果を発揮しますのでぜひ試してみてください。

3.寒さ

ゴキブリにとって寒さは天敵です。
ゴキブリは、温度が上がると活発になることは説明しましたが、
逆に温度が下がると生殖活動を行えないだけでなく、
動きが鈍り、やがて死に絶えます。
気温10℃を下回るとゴキブリにとっては過酷な環境となるので、冬に丸1日、部屋を全開にするだけでほとんどのゴキブリをリセットすることができます。
また、この弱点を利用した撃退方法にアルコールスプレーを使う手があります。
アルコールは気化熱によって周りの熱を瞬時に奪います。
そのため、ゴキブリにかけると、ゴキブリの熱を奪い、瞬殺することができます。
人体に害は少なく、アルコールはすぐ蒸発するのでオススメの撃退方法です。

ゴキブリの好きなものと苦手なものがこれだけ分かれば対策もしやすいのではないでしょうか。
とはいえ、ゴキブリ対策でもっとも大切なのは日々の片付けです。
清掃はもちろんですが、整理整頓することもゴキブリにとっては居心地の悪い空間になる要素です。
ゴキブリが出てしまったときは、片付けをするべきサインなのかもしれないですね。

おすすめまとめ

関連するまとめ

大根の栄養、選び方や保存方法、調理方法まとめ

日本人が最も消費する野菜でもある大根。 年中出回ることもあり、食べ方も私たちのなじみ深いものが多くあります。…

SYOUTA / 1063 view

懸垂の効果的なやり方とは?平均的にどれ位回数をこなせば筋肉がつく?

懸垂はぶら下がれる丈夫な物さえあればいつでもできる筋トレ方法です。折角筋肉を鍛えるなら、効果的なやり方でやり…

kuwaaml / 21402 view

楽天カードの説明とお得な使い方

CMでもおなじみの楽天カード。 使い勝手がよく、ポイントが貯まりやすいカードです。 年会費・発行料金は、な、…

じゅんじゅん / 1131 view

FWD富士生命は、「#失敗じゃない」キャンペーンで心がほっこり!!

FWD富士生命が「いくぜ、人生。」をブランドスローガンとしており、人生を前向きにチャレンジする人を応援してい…

mota / 1948 view

ハゲてる芸能人の画像まとめ!薄毛の原因はストレス?遺伝?

皆さん薄毛だからと頭を隠したりしていませんか?今回は薄毛でもめげずに活躍している鉄板のあの人からまさかと思う…

yoshikawa / 867 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集