家の中も、外も、昔と比べていろんなものが飛んでいます

花粉にはいろんな化学物質がくっついていて余計、人間にとってこじれるものになっているって知っていますか?

「排気ガス」「工場から出る煙」と私たちが便利に暮らす毎日の中には、そういったものがたくさん外で飛来しています。それが吸着しやすい花粉とくっついて飛んできて、人の目に入ったり、鼻に入ったりするわけです。

空気清浄機を使うと対策できることとは!

花粉アレルギーだけでなく、ダストアレルギー、ブタクサアレルギーと今や誰もがひとつくらいアレルギーを持っているのでは…と言われる時代です。

インフルエンザ菌も吸い込む「除菌」

毎年流行るインフルエンザやノロウイルス、家族の誰かが、まだ発症していないけれど感染していたとします。おしゃべりをしたり、笑ったりするたびに、その口からウイルスが室内に放出。
そんなとき、空気清浄機が、そのウイルスを吸い込んでくれます!

PM2.5などから体を守る「健康維持」

実は花粉などと違って、PM2.5の恐いところは「肺」にまで入り込み、喘息や肺がんの原因になることが指摘されているということです。
中国ではHEPAフィルターの空気清浄機が飛ぶように売れているそうです。

空気清浄機の選び方

①どの部屋に置くか、部屋のどこに置くか

まずは、どこの部屋に置くのか、そしてどこに置くのか。コンセントの位置も考えながら決めましょう。

空気清浄機の機種を選ぶときには、まず《部屋の広さ》というのが大きなポイントです。
空気清浄機によって対応している部屋の広さが決まっています。天井の高い家であれば(例えば吹き抜けなど)は+もう一部屋くらいのパワーのある空気清浄機を選ぶ必要があるかもしれません。

②吸引方式の違いをチェック

空気清浄機はメーカーや機種によって「得意」なことが違います。得意なものに特化した清浄機を買わなければ「なんだか全然空気綺麗になってないわ」と思ってしまうかも。

【ファン方式】

ファンを回転させて取り込んだ空気をフィルターでろ過する方式。HEPAフィルター、準HEPAフィルター、活性炭フィルター、ULPAフィルターなどフィルターも様々です。

【イオン式】

マイナスイオンを放出することにより、プラスイオンである臭いやホコリを吸着する方式です。基本的にターボ的なもので動く機能はなく、音も静か。静かな環境で寝たいという寝室や、たばこを吸う部屋に向いています。

おすすめまとめ

関連するまとめ

これで完璧!ガス給湯器選びのコツ!!

給湯器の買い替えについてまとめてみました!

masamirock / 1965 view

プロ野球観戦に行きたい!球場紹介!

夏だ野球だ!!プロ野球が観戦できる球場をまとめてみました。

musijinn / 4599 view

【投資信託】自分に合ったもの?初心者にオススメ!厳選ファンド紹介

こんにちは。 皆さん投資信託にご興味ありますか? 興味はあるけど、種類があり過ぎて何が良いのかわからない・…

komiya / 1535 view

眉毛のお悩み解決♡眉毛エク♡は自分の好きな眉をデザイン可能♡

眉毛が汗で取れてたり、若気のいたりで抜いて生えてこなくなったと、ゆう方にお悩み解決♡「眉毛エク♡」 MENS…

teatoo / 943 view

弁護士・裁判官の年収がやばい!効率よく司法試験に合格するなら「資格スクエア」!?

高学歴・高収入というイメージのある「弁護士」や「裁判官」。実際にはどれくらいの年収があるのか、気になりません…

petopeton / 2279 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集