日本において、常備野菜の定番の一つとされ、定番の野菜です。
そのため、料理のレパートリーも多く、なじみ深い野菜だと思います。
今回は、そんなにんじんの意外と知られていない健康効果、効能などを紹介したいと思います。
なお、現在スーパーなどで購入でき、主流となっているのは、西洋系の太くて短めの5寸にんじんと呼ばれる種類です。
朝鮮にんじんにも「にんじん」と名前がつけられていますが、5寸にんじんはセリ科なのに対して、朝鮮にんじんは、ウコギ科とウコンの仲間で、まったくの別物となっていますので注意してください。

・にんじんの栄養

にんじんの筆頭すべき栄養素といえば、ベータカロチンです。
ベータカロチンの命名の由来はにんじんからきています。
そのベータカロチンは、体内で必要な量だけビタミンAに変換される効果があります。
その含有量は、にんじん50g(およそ4分の1本)で、成人が1日に必要なビタミンAの必要量を満たすほどです。
また、ベータカロチン自体にも、がん予防や血糖値、血圧をコントロールする作用があるとされ、注目を集めています。
また、ベータカロチンは、にんじんの色素にもなっているのですが、金時にんじんの赤色は、このベータカロチンではなく、トマトと同じリコピン由来なので注意が必要となります。

・にんじんの効能

にんじんの主な効能は、
・がん予防
・免疫力向上
・血糖値、血圧のコントロール
・抗酸化作用
・動脈硬化の予防
などがあります。
グラム辺りのビタミンA換算時の効能を見るとしそやパセリには劣ってしまいますが、
にんじんに含まれるのがベータカロチンである点や一度の食事に使える量などを考えれば、にんじんはかなり優秀であると言えます。
また、アメリカでは、がんに対して最も効果がある野菜として、デザイナーズフード計画が発表され、重要な位置付けをされています。

・にんじんの選び方、保存方法

にんじんを選ぶ際は、オレンジ色が濃く、つやのあるものを選んでください。
また、芯の部分にはベータカロチンの含有量が、比較的低くなっていますので、
芯の少ないものの方がより上質です。
にんじんの保存方法は、ポリ袋に入れ、できるだけ0℃に近い温度での保存が望ましいです。
2週間程度は保存が利きますが、栄養面では多少劣化するので早めに使った方が良いです。

・にんじんの調理方法

皮のすぐ下がベータカロチンの含有量が多いので皮はできれば残しておいた方が良いです。
新にんじんであれば、たわしなどで表面をこするだけでも十分です。
ベータカロチンは、脂溶性の栄養なので、油と一緒に摂取すると吸収効率が上がります。
そのため、炒め物や揚げ物にも適しており、サラダにする場合はドレッシングやマヨネーズを利用するのが良いです。

おすすめまとめ

関連するまとめ

恋愛に興味が無くてもおかしくない! ”アセクシャル”をご存知ですか?

「恋愛に興味が無い」とか「恋人がほしいと思わない」という人を見かけたことがありませんか? そんな人々を「変な…

jottasuke / 19638 view

電力自由化で乗換えたら損する事も多い。ズバリおすすめ電力会社はココ

電力自由化によって東京電力などの地域の電力会社から、個人で他の電力会社と契約することができるようになりました…

コーヒー / 650 view

おくらの選び方や保存方法、調理方法まとめ

刻んだとき、独特の粘り気を出す野菜で、 多くのスーパーなどで購入できることから多くの方にとって身近な野菜だと…

SYOUTA / 1011 view

カイワレ大根の栄養や食べ方、保存方法まとめ

カイワレ大根は、現在では工場などで生産されるようになり、なじみ深い野菜になってきたと思います。 カイワレ大根…

SYOUTA / 10189 view

自分の誕生月の花言葉って知ってる?【知っておきたい雑学】

皆さんはご自身の誕生月または誕生日の花ってご存知ですか? 知っておくとプレゼントやイベント事など、いざって…

komiya / 2857 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集