女子ワールドカップ決勝トーナメント1番乗りおめでとう!!

なでしこジャパンは女子ワールドカップ決勝トーナメント進出を早々に決めました。女子サッカーの全体のレベルが上がっている中、しっかりと結果を残しているのは流石です。

全ゴール ハイライト 日本女子代表vsカメルーン女子代表 2-1 Japan Cameroon Goals 6月13日 - YouTube

出典:YouTube

クロスがどんぴしゃ過ぎて興奮しました…。

勝ちはしたものの、課題の残る試合でした…。

「もう少し後半の試合の運び方を考えなければいけない」
「シンプルなパスミスが多かったので、そのへんを修正して次のステップに進みたい」と気合を入れ直していた。

前半に2点を先制し2-0で折り返したものの、後半はカメルーンにペースを握られてしまう事が多くなっていました。

ボール支配率では常に上回っていましたが、後半にはカウンターから1点を奪われてしまいました。

残すは1位突破をするのみとなっています

次のエクアドル戦に、我らがなでしこジャパンが1位突破をする事が出来るかがかかっています!

予選リーグを1位で突破することにより、決勝戦までは日本よりもFIFAランキングが上の国とは当たりません。
これは連覇を狙うなでしこジャパンにとっては、是が非でも1位で突破したいところ。

更に開催都市も決勝トーナメント以降、バンクーバーとエドモントンのカナダ西地区の2都市でのみ試合をすることになるため、選手のコンディショニングの面でも有利だ。

それに対して、日本がC組で2位通過となってしまった場合、準々決勝でアメリカ、準決勝でドイツかフランスと対戦することになる可能性が高い。更にベスト16でエドモントン、準々決勝でオタワ、準決勝でモントリオール、決勝でバンクーバーと開催都市を転々とする必要があり、選手のコンディションの調整が困難を極める。

つまり、なでしこジャパンが連覇を目指すためには、C組1位通過が絶対条件と言っても過言ではないのだ。その条件をクリアするためには、C組の中で最も手強いスイスと対戦する初戦で勝ち点3を取れるかどうかが分岐点となる。

ちなみにFIFAが…

国際サッカー連盟(FIFA)がフライングで日本を“1位通過”させてしまった。現在開催中のカナダ女子W杯の公式ウェブサイトで、「Matches(試合)」の項目の「SECOND STAGE(日本でいう決勝トーナメント)」で、日本の名前が日本時間13日午後3時の時点でC組1位の欄に入っている。

フライングで1位通過扱いになってしまったなでしこジャパンですが、是非とも現実のものとしてもらいたいですね!

おすすめまとめ

関連するまとめ

日本のおもしろ塾先生紹介

大学受験塾は今多く色んな場所に存在していますよね。その中で個別指導塾の武田塾が映画ビリギャルをパロディしてて…

JIN / 4646 view

100km/hを超え!海外の電動自転車がヤバイ

日本でも馴染みの電動自転車。電気の力でペダリングを補助してくれる便利な機能です。しかし海外ともなると電気自転…

msd / 14386 view

渋谷莉孔、失明を告白引退決定か!?気になる過去彼女や本名は!?

シンガポールの格闘技団体「ONE」で活躍している、キックボクサーの渋谷莉孔が2月26日に自身のTwitter…

Seira / 11668 view

【5kg減】ライザップでAKB48峯岸みなみ、セクシーボディーに変身!CM動画と画像

【5kg減】ライザップでAKB48峯岸みなみ、セクシーボディーに変身!CM動画と画像が話題になってます!!前…

mota / 4829 view

出演女優が豪華すぎる!!映画「海街diary」

最新映画で出演女優が潤っている!と話題の「海街diary」の映画についてまとめてみました!!

opoea / 3704 view

motomoto

気が向いた時に色々まとめていく感じで!

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集