「夏バテ」とは、夏の暑さゆえに体温調整を行う時、自律神経のバランスに異変や混乱が生じて、さまざまな症状を現れる症状のことです。
身体がだるい、疲れやすい、集中力が出ない、頭痛、めまいや立ちくらみ、食欲不振などがあります。

夏はどうして体調をくずしやすいのでしょうか?
暑くなると、からだは汗を出すことで、体温の調節をおこないます。皮ふの血管が拡張して血液がからだの表面に集まり、汗を出すのです。しかし、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられます。そのために熱が体内にこもって、疲れやすくなってしまうのです。

どうやって予防したらいい?夏バテから自分を守る

1.水分補給

水分を補給を心がけましょう。

ただし、冷たい飲み物や甘い飲み物は、かえって夏バテの原因になるので、気をつけましょう。

目安として、1日約1.8~2リットルの水分補給が必要と言われます。
特に起きた時、寝る前、入浴後はしっかり水分を取りましょう。コップ一杯を毎回飲むのは意識しても良いと思います。
オフィスや冷房の効いた部屋に長くいる時は、温かい飲み物などで水分を取りましょう。
食欲がない時にも、水分だけはしっかり摂るようにしましょう。

2.バランスよく1日3食の食事

夏はビタミンやミネラルの消耗が特に早い季節です。

免疫力を高めるビタミンなどが豊富な夏野菜は、夏バテ防止に効果的です。

トマト・きゅうり・枝豆・トウモロコシ・豚肉・うなぎ・豆腐・納豆・レバーなど…積極的に食べましょう。

梅干、グレープフルーツ、お酢なども効果があります。

3.しっかり睡眠

しっかり休める、良い睡眠のための環境づくりが大切!

眠れない時に、クーラーを効かせすぎると、朝体がだるくなってしまうことがあります。
どちらかというと、クラーよりは除湿機能や扇風機などを使う方がよいと言われます。

リラックスして睡眠に入るために、眠る1時間くらい前は読書したりして、ゆったりとした気分で過ご酢のも良いアイデアです。

4.くつろぎタイムを入浴で

入浴は、疲れを取るだけでなく、乱れた自律神経を回復させるために効果的なので、ぬるめのお風呂にゆっくり入りましょう。
リラックス効果もあるので、ぐっすり眠ることもできます。
シャワーより少し低めの温度のお湯にゆっくりつかることがおすすめです。
入浴前後にコップ1杯の水を飲みましょう。

5.適度な運動や有酸素運動

無理なく続けられる有酸素運動が大切です。
「適度な運動」を毎日もしくは2~3日に1回でも、できるだけ続けるようにするとバランスが良くなります。

屋外での運動は、朝や涼しい時間帯するようにしましょう。
ウォーキングやサイクリング、水泳、プールなどでウォーキングなども、効果が高いと言われています。
ここで注意!運動開始前にまず1杯の水を飲み、運動中も水分を摂り、終了後も水分を取ることもお忘れなく!

帰宅後や就寝前に、部屋でストレッチをするのも効果的と言われています。5-10分でも良いので、少し続けてみましょう。

夏を迎える前&夏バテ防止&そして…

ライフワークを熟すための大切なこと。それは健康を維持することも含まれます。

そのためにも大切な5つのポイント。

是非、参考にしてください。

おすすめまとめ

関連するまとめ

便秘がちな生活から抜け出そう!

便秘がちだとなんとなくいつもおなか回りがスッキリせず憂鬱な気分になりませんか? そんな生活を変えるにはどうし…

Gogodox / 564 view

京都駅でオススメの大学受験予備校・塾をまとめてみました!

塾・予備校の激戦区、京都市。中でも駿台予備校をはじめ大小様々な塾・予備校が立地するのが京都駅周辺だ。今回は筆…

Rikao / 3425 view

「水素」が人体にもたらす効果って、一体どんなもの?

現在「もっとも軽い物質」であるとされている水素。この物質が人体にもたらす作用について調べてみましたのでご覧下…

Temps / 948 view

ビリギャルに負けない!!逆転合格できそうな新宿塾まとめてみた

あの話題の映画ビリギャルにも負けない!逆転合格できそうな新宿の塾をまとめてみました。受験生応援します!!

mota / 4654 view

対策必須!!ゴキブリの好きなものと苦手なもの

ゴキブリは、生命力が大変強く、胴体と頭を切り離しても死なず、動き続けることが出来ます。 そんなやつらにも弱点…

SYOUTA / 967 view