便秘になってしまうと、お腹に違和感や痛みを感じたり、最悪の場合、手術が必要になるような病気になってしまうこともあります。
特に女性の場合、男性と比べ筋力や内臓の関係で便秘になりやすいといわれ、悩んでいる方も多くいます。
また、毎日排便がある場合であっても、量が少なかったり、硬くなってしまい苦痛を感じる場合、残便感がある場合なども便秘であると言えます。
今回は、そういった排便の悩みを解決できるような情報をまとめてみました。

・便秘の原因

便秘になってしまう理由は、
・不規則な生活
・食事のバランスの乱れ
・運動不足や肥満
・水分不足
などがほとんどです。
ほとんどが意識することで改善できる症状であるといえるでしょう。

・食事のときに気を付けること

1.食事の時間

食事の時間は、決まった時間に摂る方が良いです。
そうすることで、胃腸のサイクルが整い、決まった時間に排便できるよう身体の準備が整います。
また、排便を我慢することも便秘の原因になることがありますので、食事の時間を調節することは重要です。

2.食事の内容

ご存知の方も多いと思われますが、食物繊維を含む食材は、大変有効です。
食物繊維は、消化されないため、腸まで届き、水分を吸収して便をやわらかくし、ガスを発生させることで排便を促します。
食物繊維は、芋類、根菜、海藻などに多く含まれます。
キャベツは食物繊維が豊富なイメージを持つ方も多いですが、野菜の中ではかなり少ない部類に入りますので気を付けてください。
また、食物繊維とともにビタミンCにも気を付けてみてください。
ビタミンCには、腸内のガスを発生させる働きがあります。
ビタミンCの必要量は、1日に50mg摂取すれば十分ですが、多くとっても排出されるため人体に害はありません。
そのため、便秘気味の時は少し多めに摂るように心がけましょう。
こうして、ガスを発生させた後重要になるのが、炭水化物です。
炭水化物は、発生させたガスを排出させる働きがありますので、同時に便の排出も助けます。
また、過剰にガスが発生してしまった場合でも炭水化物をしっかり摂ることでガスによる腹痛なども防げます。

・便秘に効果のある食べ物

野菜や果物などであれば基本的には食物繊維を含みますのですが、特に効果の高いものを紹介します。

ゴボウ
根菜類は食物繊維を多く含みますが、ゴボウは突出して多くの食物繊維を含んでいます。

じゃがいも
じゃがいもは食物繊維、炭水化物、ビタミンCを豊富に含んでいるため、便秘のときには実は重宝します。
芋類ではサツマイモの効果が有名ですが、じゃがいものカロリーはサツマイモの約6割である点も見逃せません。
また、ビタミンCは、熱によって壊れてしまうのですが、じゃがいものデンプンはそれを防ぐため、お腹を冷やさず、ビタミンCを摂取できます。

おすすめまとめ

関連するまとめ

小さい時ほど守ってあげたい!乳幼児の紫外線対策

子供を持つ親御さん、子供への紫外線対策はしっかりされてますか?紫外線対策の重要性とお役立ちアイテムのご紹介で…

nekokichi / 412 view

ハーブ検定って知ってる?!からだも心もリフレッシュできるハーブの魅力♩

自分自身のリラクゼーションのためや、家族や周りの人に活かせるハーブ検定が人気になってきています!一体どんな検…

さちこめ / 2138 view

お腹がゆるいとき必見!!下痢に効く食べ物や食べても大丈夫な食べ物の見極め方

お腹がゆるくなってしまうと、日々の生活や仕事などが疎かになってしまい大変ですよね? また、食事に気を配るよう…

SYOUTA / 741 view

安く医師免許がとれちゃう方法!

医学部ってお金がかかる…奨学金制度を使えば、そんなことはありません。頑張れば、種類によってはあんまり頑張らな…

まきまき / 1868 view

これは使える!!今売れているお掃除系100円アイテムはコレ!!

いろんな便利グッズが揃う100円ショップ。今の掃除グッズの売れ筋を調べて見ました。

さちこめ / 4060 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集