カラーバリエーションは??

iphone6s/6s plusのカラーバリエーションは、既存の3色(スペースグレイ、ゴールド、シルバー)に加え新たにローズゴールドが仲間入りしました!
今まではシンプルでクールな印象の強かったiphoneですが、ローズゴールドが出たことで女性人気が一気に高まりそうです。

iphone6s/6s plusの気になるサイズは?

一見するとiphone6/6 plusと6s/6s plusではほとんど同じに
見えますが、新型モデルにはアップルが独自開発した❝7000シリーズアルミニウム❞という従来のモデルの中でも最も強度が高い材質が使用されています。
この材質は、工区機材などに使われるものと同等の強度があるそうです。

高さと幅はほぼ変わらないものの、厚みと重さが僅かに増えています。
強度が増している分重くなるのは仕方がないのかと思います。

iphone5sと比べると少し重たく感じるかもしれませんね。

新機能 ❝3D Touch❞って?!

今回新たに加わった機能として、❝3D Touch❞というものが登場しました。
これは、指で画面を押す時間の長短によって圧力の違いを感知するというものです。

例えばメールアプリなどで、目的のメッセージを指で軽くプレスすると内容をプレビューすることができ、そのままプレスし続けると(pop)内容を開いて見ることができます。

これらの操作を利用すれば、Safariを起動せずにウェブサイトのリンクをプレビューしたり、画像を開いたりスワイプしたりせずに写真に目を通したりすることができます。またマップアプリに移動せずに、住所を確認することも可能です。

難しいように聞こえてしまいますが、要は今まで何度もタップしてやっていた動作が画面の押し方によってより短縮して行えるようになるという便利な機能なのです。

クイックアクションて何??

3D Touchで❝クイックアクション❞というものが出来るようになりました。
具体的には、ホーム画面のアプリアイコンを強く押すと、そのアプリの簡易操作ができるようになるというものです。
カメラのアプリなら、写真撮影のほかに自撮りや動画撮影、スローモーション撮影などが瞬時に選択できます。

カメラ機能もアップ!

本体の背面にあるiSightカメラでは、これまで8メガピクセルの画像を撮影することができましたが、iPhone 6s / 6s Plusでは12メガピクセルにまでアップグレードされました。また新開発のセンサーや画像信号プロセッサを内蔵し、光学手ブレ補正の機能も改良されています。

またiPhone 6s / 6s Plusには、「Live Photos」と呼ばれる新しい撮影方法が導入されました。この方法で撮影すると、被写体を、撮影の1.5秒前から1.5秒後まで捉えることができるため、「動画のような写真」を作り出すことができます。撮影後の画像をプレスすると、静止していた画像が動き出します。これらの画像は、iPhoneの壁紙やApple Watchの文字盤に設定することも可能です。

カメラ機能も格段にグレードアップしています!
そして動画のような写真❝Live Photos❞という機能も大注目ですね!
これを壁紙などにも設定できるということなので、色々な楽しみ方が出来そうです。



いかがでしたか???
今回ご紹介したのは基本的な機能ですので、使いこなせればさらに新たな発見がありそうですよ!
是非店頭で実際に見て触れて体験してみてはいかがでしょうか?

おすすめまとめ

関連するまとめ

NHK現役女子アナが登録していた「愛人マッチングサービス」とは?

NHKの現役女子アナウンサーが、「愛人マッチングサービス」を謳うデートクラブに登録していたことがわかりました…

nameco92 / 1406 view

三菱自動車燃費偽装まとめ

世間で大騒ぎの三菱自動車による燃費偽装についてまとめてみました。

V / 1550 view

アナ雪2に思わぬ波紋?あなたはどう思う?

2014年の話題を席巻したディズニーアニメ「アナと雪の女王」。 続編が製作されたことが発表されたが、今その続…

seikacat / 3870 view

朝ドラ『まれ』ヒロイン!続々と出演作品決定!?土屋太鳳のプロフィール紹介

朝の連続小説『まれ』でヒロインを務めた土屋太鳳ってどんな子なのでしょうか?これから芸能界の一線で活躍しそうな…

akkkkun / 8887 view

【2015年随時更新】芸能人・海外セレブのハロウィンコスプレ仮装画像まとめ。

今年もハロウィンやってきましたね♪そこで2015年芸能人・海外セレブのハロウィンコスプレ仮装画像をまとめてみ…

mota / 12812 view

さちこめ

色々なジャンルのまとめを書いていきたいと思っております!

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集