猫といえばお魚

猫の大好物と言えばお魚を思い浮かべる人も多いのでは?ところが猫に与えてはいけない種類のお魚があるんです!

マグロやアジ、サバやカツオなどの青魚を摂取した場合、それに含まれる不飽和脂肪酸が酸化することで体内のビタミンEが破壊される
「猫の好きなものは魚」と考えている人は少なくないと思います。実際、猫は魚を好んで食べますが、好きだからといって魚ばかり猫に与えていると、「黄色脂肪症」という病気になってしまうかもしれません。
ネコが食べてはいけない魚ということでいうと、「青魚」という分類よりも「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいる魚といったほうがより正確ということになります。例えば「白身魚」の鮭や「赤身魚」のマグロなども「DHA」や「EPA」を豊富に含んでいるため、ネコに与えてはいけない魚となります。

この様に猫が好きだからといって、青魚などをたくさん与えてしまうと、黄色脂肪症という病気になってしまうかもしれません。また人が食べるツナ缶なども塩分、油分が多く猫には適しません。猫にはやっぱり猫缶なのです。

猫といえばミルク

乳牛の牛舎で飼われている猫ちゃんがしぼりたてのミルクをもらう・・・なんていう映像を見たことがある人もいるのではないでしょうか?しかしながら実は牛乳もお勧めできない食べ物だったりするのです。

牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を消化するためにはラクターゼという酵素が必要ですが、犬や猫はもっていません。
猫には乳糖を分解するラクターゼと呼ばれる酵素が少ないため、乳糖を分解することができず、下痢になる場合があるのです。人間でも牛乳を飲んで、お腹を壊す人がいますよね。これも同じく体内にラクターゼがあまりないからなのです

体質的に平気な猫ちゃんもいるようですが、下痢をする可能性もあり、また与えすぎると肥満の心配も!与えたいなら猫用ミルクも販売されてますので、そちらがいいですね。

猫といえば鰹節

一昔前は、猫まんまと言えばごはんに鰹節、というイメージもありました。
確かに鰹節の香りが好きな猫は沢山います。でもあげ方には少し注意が必要です。

猫には鰹節、といいますが、実際にはマグネシウムを多く含むため、食べ続けると結石になりやすくなる可能性があります。
猫にかつおぶしをあげ過ぎるとミネラル過多になり、栄養バランスを崩してしまう

チョコレートやネギなどのように、猫にとって毒というわけではないのですが、量を沢山与えたりすると病気になってしまう可能性が出てきます。
食欲が落ちてしまった猫に香りで食を誘うこともありますが、その時は香りがすればいいので少しでも良いのです。
もし腎臓などが悪くて心配な場合、お茶パックの様な物に鰹節を入れてフードと一緒に入れておけば香りが移りますよ。

あなたのイメージとは違ってましたか?

かわいい猫達とずっと仲良く過ごしていくためにも、日々のご飯に気をつけてあげたいですね。
そしてもしお外の猫にご飯をあげるときは、きちんとルールを守って、正しい知識でお願いします!

おすすめまとめ

関連するまとめ

登山でテント泊デビューしたい!山岳テント選び

趣味として登山はいつも人気なスポーツです。日帰り登山も楽しいですが、本格的さを求めたり旅行気分になれるのはや…

musijinn / 6824 view

【悲報】受動喫煙対策で飲食店で喫煙ができなくなる。違反で罰則も厚労省

受動喫煙対策で飲食店で喫煙ができなくなる。違反で罰則も厚労省が法改正を行う考え。話題のアイコスなどの電子たば…

mota / 1404 view

わきの臭いのお悩み解消術を徹底検証してみよう!

もしかしてわたしのわきが臭ってる?とお悩みのあなた!わきの臭いの解決方法について詳しく検証しています。

Kayjob / 925 view

ビタミンCってなんなんだ?いまさら聞けないビタミンCのまとめ

ビタミンCの正式名称はL-アルコルピン酸といいます。 成分的な特徴としては強い酸化還元作用があるため、 保存…

SYOUTA / 781 view

細マッチョよりモテる!?【ヨガ男子】が女子の間でジワジワきてる件

今時女子が気になるメンズ。それがこの【ヨガ男子】。時代はゴリマッチョから細マッチョに変わり、そしてヨガ男子に…

beniya1117 / 2120 view

nekokichi

ねこが好きです。というか動物全般大好きです。気になったこといろいろまとめてみまーす!

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集