猫といえばお魚

猫の大好物と言えばお魚を思い浮かべる人も多いのでは?ところが猫に与えてはいけない種類のお魚があるんです!

マグロやアジ、サバやカツオなどの青魚を摂取した場合、それに含まれる不飽和脂肪酸が酸化することで体内のビタミンEが破壊される
「猫の好きなものは魚」と考えている人は少なくないと思います。実際、猫は魚を好んで食べますが、好きだからといって魚ばかり猫に与えていると、「黄色脂肪症」という病気になってしまうかもしれません。
ネコが食べてはいけない魚ということでいうと、「青魚」という分類よりも「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいる魚といったほうがより正確ということになります。例えば「白身魚」の鮭や「赤身魚」のマグロなども「DHA」や「EPA」を豊富に含んでいるため、ネコに与えてはいけない魚となります。

この様に猫が好きだからといって、青魚などをたくさん与えてしまうと、黄色脂肪症という病気になってしまうかもしれません。また人が食べるツナ缶なども塩分、油分が多く猫には適しません。猫にはやっぱり猫缶なのです。

猫といえばミルク

乳牛の牛舎で飼われている猫ちゃんがしぼりたてのミルクをもらう・・・なんていう映像を見たことがある人もいるのではないでしょうか?しかしながら実は牛乳もお勧めできない食べ物だったりするのです。

牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を消化するためにはラクターゼという酵素が必要ですが、犬や猫はもっていません。
猫には乳糖を分解するラクターゼと呼ばれる酵素が少ないため、乳糖を分解することができず、下痢になる場合があるのです。人間でも牛乳を飲んで、お腹を壊す人がいますよね。これも同じく体内にラクターゼがあまりないからなのです

体質的に平気な猫ちゃんもいるようですが、下痢をする可能性もあり、また与えすぎると肥満の心配も!与えたいなら猫用ミルクも販売されてますので、そちらがいいですね。

猫といえば鰹節

一昔前は、猫まんまと言えばごはんに鰹節、というイメージもありました。
確かに鰹節の香りが好きな猫は沢山います。でもあげ方には少し注意が必要です。

猫には鰹節、といいますが、実際にはマグネシウムを多く含むため、食べ続けると結石になりやすくなる可能性があります。
猫にかつおぶしをあげ過ぎるとミネラル過多になり、栄養バランスを崩してしまう

チョコレートやネギなどのように、猫にとって毒というわけではないのですが、量を沢山与えたりすると病気になってしまう可能性が出てきます。
食欲が落ちてしまった猫に香りで食を誘うこともありますが、その時は香りがすればいいので少しでも良いのです。
もし腎臓などが悪くて心配な場合、お茶パックの様な物に鰹節を入れてフードと一緒に入れておけば香りが移りますよ。

あなたのイメージとは違ってましたか?

かわいい猫達とずっと仲良く過ごしていくためにも、日々のご飯に気をつけてあげたいですね。
そしてもしお外の猫にご飯をあげるときは、きちんとルールを守って、正しい知識でお願いします!

おすすめまとめ

関連するまとめ

もうすぐ梅雨入り、部屋干しを上手に乗り切る環境づくりとは

もうすぐやってくる梅雨。じめじめで洗濯物が乾かない・・・洗剤や柔軟剤をあれこれ試す前にまずは環境づくりから試…

nekokichi / 915 view

日本で暮らす外国人におすすめの検定試験は❝日本語能力試験❞だ!!

これをご覧になっている外国人の方に是非おすすめしたいのが❝日本語能力試験❞です。これから就職や転職を考えてい…

さちこめ / 2498 view

美意識の高い海外セレブが夢中の”美のミネラル”とは?アンチエイジングにはコラーゲンよ…

今回はアンチエイジング先進国のアメリカが注目する”シリカ”の魅力に迫りたいと思います!!なぜ、美意識の高い海…

lostcanvas / 1338 view

楽天カードの説明とお得な使い方

CMでもおなじみの楽天カード。 使い勝手がよく、ポイントが貯まりやすいカードです。 年会費・発行料金は、な、…

じゅんじゅん / 1024 view

【年齢別】10代・20代・30代・40代の白髪の原因まとめ!

最近白髪が10代や20代の若者でもちらほら増えてきたと聞きます。30代くらいから気になり始め40代では多くの…

idumi / 323 view

nekokichi

ねこが好きです。というか動物全般大好きです。気になったこといろいろまとめてみまーす!

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集