大切な飼い猫が脱走しないために

大事な家族の一員でもある猫は、脱走したがってしまうことがあります。
では、皆さんはどのようにして、猫の脱走を防止しているのでしょうか?

暑くなる日が多くなってくるこの時期に窓を開けたくなることもあると思います。
そういったときのための対策などを調べてみました。

玄関の脱走防止

玄関の扉を開けた瞬間にするりと逃げてしまうことがあります。
猫が居ることが知らない来客があった時などにも、開けたままになってしまい、逃げてしまう…ということも。

賃貸マンションの玄関脱走防止

壁に穴を開けないようにする対策例です。

ほぼダイソーで揃えられる脱走防止

Sponsored Link

組子職人が制作する「ねこ脱走防止とびら」

関東、関西近辺など該当地域にお住まいの方には業者が取り付けをしてくれますが、ご自身で購入して取り付けることも可能です。

窓からの脱走防止

暑くなる季節には窓を開けたくなりませんか?
そういった時のために、窓にも脱走防止をしておきたいですね。

100均グッズだけで窓からの脱走防止

ラティスを利用した窓からの脱走防止

ベランダの脱走防止対策

ベランダくらいの外には猫をだしてあげたいという飼い主さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか?
猫が気持ちよさそうにしているのを見るもの癒やされますよね。

安くベランダの脱走防止をする

一部だけ出られるようにするパターン

脱走防止から逃げることができてしまう例

猫は高く飛べるということもあり、低いフェンスなどはあまり効果がありません。
そういった、脱走防止をしたのに逃げることができてしまった例をご紹介します。

子猫でも低いフェンスを飛び越えられます

ベンガル子猫うりずん!脱走防止柵を撃破! - YouTube

出典:YouTube

子猫の脱走2 - YouTube

出典:YouTube

上を飛び越えるだけではなく、下からくぐり抜けられます

三毛猫「らん」 脱走防止ネットを脱走 - YouTube

出典:YouTube

下を対策しても、横の隙間があれば出られます

三毛猫「らん」脱走防止ネットを脱走する第2弾 - YouTube

出典:YouTube

しっかりと固定をしないと開けてしまいます

脱走防止フェンスを開ける猫 - YouTube

出典:YouTube

脱走防止をする際に気をつけたいこと

脱走防止対策をするためのポイントをまとめました

■隙間をなるべく作らない

頭が通ってしまえば、無理やり外に出ます。
目安は人間の拳が通ってしまうと、猫も通ることができます。
子猫ならばもっと狭く考えてください。

上下左右どこの隙間からも脱走をしようとします。

■なるべく高くする

フェンスなど、低すぎると猫は例え子猫でも登って行ってしまいます。
飛び越えられない高さで、なおかつ上にも隙間は作らないほうが良いでしょう。
活発な猫は要注意です。

■しっかりと固定をする

グラグラしているだけでも、体をねじ込んで開けます。
開閉をしたい場所でも洗濯バサミやクリップなどを利用して、しっかりとロックしてください。

意外と力はありますので、注意してください。

■脱走防止の対策をしても油断しない

対策後もメンテナンスはしっかりとしましょう。
劣化してしまった部分を壊すことがあります。

関連情報

おすすめまとめ

関連するまとめ

恋愛に興味が無くてもおかしくない! ”アセクシャル”をご存知ですか?

「恋愛に興味が無い」とか「恋人がほしいと思わない」という人を見かけたことがありませんか? そんな人々を「変な…

jottasuke / 16520 view

知ってる?今さら聞けない敬語★基本編10

何問クリアできるか今すぐチェック!この敬語の使い方、本当に正しい?今回は、普段よく聞き慣れている敬語の中から…

mai5693 / 1201 view

2015年ネットで話題のYoutube動画をまとめてみる。

2015年ネットで話題のYoutube動画をまとめてみました。なける動画感動する動画面白い動画話題の動画いろ…

mota / 6428 view

是非とも生で見てみたい!悶絶必須、激カワ野生猫

できれば一度暮らしてみたい!と思わせる選りすぐり野生猫ちゃん3種をご紹介します。

nekokichi / 1492 view

FWD富士生命は、「#失敗じゃない」キャンペーンで心がほっこり!!

FWD富士生命が「いくぜ、人生。」をブランドスローガンとしており、人生を前向きにチャレンジする人を応援してい…

mota / 211 view

blues

アニメや漫画、猫などが大好きです。
自分が気になったこと、やってみたいことなどまとめていきたいと思います!

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集

人気のキーワード

いま話題のキーワード