昨今、消費税の増税が見送られるなど、再度、「日本の借金」という単語が出回る機会が増えたように感じます。
ギリシャショックのようなこともあるため、国の借金に関心が集まるタイミングがあるので、ここで一度「日本の借金」について学んでいきましょう。

・そもそも誰が貸しているの??

日本には借金とは呼べなくないものが確かにあります。
ですが、借金があるということは、貸している人が必ずいます。
また、借金は回収できると考えなければ貸す相手がいないはずです。
では、一体誰が、多額の融資を行っているのでしょうか??

日本の借金を超わかりやすく説明!麻生太郎 J-NSC - YouTube

出典:YouTube

今回の疑問を分かりやすく説明している動画を発見しましたので、良かったらご覧になってみてください。

・ギリシャと日本の借金の違い

日本国債の所有者内訳

ギリシャ国債の所有者内訳

上記の表のようにギリシャの借金の多くは他国、外貨から賄われていました。
ですが、日本の借金は、その大半が銀行や個人向け国債によって賄われています。
つまり、ほとんどが日本国の通貨「円」によって賄われています。

・借金が「円」だと何が変わるの?

ここまで読んで日本の借金がほとんど円であることがわかりますね。
それでは、借金が「円」だと何が違うのでしょう?

通貨を発行しているのはどこ?

率直に言うと通貨を発行しているのは国です。
お金を作れる国がお金を借りているのです。
つまり、最終手段ですが国は借金を返す際に自分でお金を作り、自分で返すことが出来るのです。

それでは、無制限に発行してもいいの?

借金を返す際に「円」を発行すれば返せると言いましたが、もちろん無制限に発行しても良いわけではありません。
なぜなら、発行数が増えると通貨、つまり「円」の価値が下がってしまうからです。
際限なく通貨を発行した例としては、ジンバブエドルを見ればわかりやすいと思います。

ジンバブエ・ドル


2009年に発行された100兆ジンバブエドル札
通貨ジンバブエ・ドル (ZWD) はアメリカの評論誌Foreign Policyによれば、2007年調査時点で世界で最も価値の低い通貨ワースト5の一つとなり[16]、2008年5月に1億と2億5000万の額面のジンバブエ・ドル札が発行された後も、50億、250億、500億ドル札の発行と続き、7月には1000億ドル札の発行が行われた(これは発行時の時点で世界最高額面の紙幣)。そのため、コンピュータの処理にトラブルが発生したことから、中央銀行はデノミネーションを実施し、大幅な通貨単位の引き下げを実施した。それにより1000億ドルが10ドルとなり、対応した新紙幣が発行された。しかし、さらにインフレが続いたため、12月末には100億ドル新紙幣を、2009年1月には再び200億ドル紙幣と500億ドル紙幣の発行を行った。この時点でジンバブエ・ドルの価値は、250億(25000000000)ジンバブエ・ドル=1米ドルとなった。年間インフレ率は約2億3000万%に達した

それでは、やはり日本の借金は悪いことなの?

ここまで読んで若干不安を感じた方もいると思います。
ですが、日本の借金は悪いことではありません。
詳しいことは省きますが、経済において借金があることは悪ではありません。
特に日本の場合、国債の所有者は銀行です。
その、銀行にお金を預けているのは誰でしょう?

なんで国は借金をするのか?

銀行に預けられているお金は、何もしなければ、誰にも貸さなければ経済にとっては無くなったお金になってしまうのです。
なので、国としてはどんな手を使っても、お金を循環させたいのです。
最近では、ゼロ金利政策が行われたことを考えれば国が貯金を求めていないことがわかりますね。

30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio - YouTube

出典:YouTube

簡単に経済の仕組みが分かる動画を用意しました。
興味のある方はぜひどうぞ

国の借金ととらえるか、国民の貯金ととらえるかは人によって違います。
国の借金を減らしたいと考える方は、銀行にお金を預けるのを止めて、経済を回すようにすれば自然と「日本の借金」は減ります。
国民が貯金を控えれば国は借金をする必要がなくなるわけですのでお試しください。

おすすめまとめ

関連するまとめ

イメージと違う?!あたなは間違っているかも!猫に与えてはいけない食べ物

今や「ネコノミクス」という言葉が出てきた位人気の猫。でも猫について正しく知らない人も多いのでは? 猫の持つイ…

nekokichi / 1118 view

電子タバコ《VAPE》健康被害はウソ?安全性の高いブランドは

喫煙に関する風当たりは強くなる一方の昨今、加熱式タバコや電子タバコに切り替えたという方も、少しずつ増えている…

きりん / 1249 view

たまごの賞味期限は4か月?ダイエットに最適?コレステロールの心配もない?美容にいい?

あまり知られてない賞味期限について。 コレステロールの心配をしていた卵ダイエット昔、現在。認知症予防、バスト…

サリブサン / 851 view

アメリカでは「全廃」決定!トランス脂肪酸はこんなに怖いものだった・・。

アメリカでは2018年までに全面禁止となることが決定した「トランス脂肪酸」。日本ではまだ外食産業含め、しっか…

msd / 2474 view

大学受験の強い味方!武田塾オンデマンドが受験勉強のコツを無料動画でわかりやすく伝授!…

大学入試や大学受験に関するたくさんの動画が無料で公開されているサイトについて紹介しています。特徴や使い方につ…

びたちょ / 1497 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集