いまさら聞けない電子タバコ《VAPE》って?

電子たばこ(でんしたばこ、英語: Electronic cigarette, e-cigarette, e-cig)とは、乾燥葉や、液体を電熱線の発熱によりエアロゾル(霧状)化する装置である。英語圏では、装置はヴェポライザー(英語版)とも呼ばれ、電子たばこによる吸入を俗にVape(発音:veip:ヴェイプ)と呼ぶ。

電子タバコ《VAPE》は、ニコチンやタールを含んでおらず、香料を含んだリキッドで蒸気を作り、疑似的な煙を吸引する機器です。

電子タバコは、日本国内ではニコチンを含んだものは取り扱われていないため、日本に流通している電子タバコは、正確には「タバコ」ではないので、禁煙グッズとしても注目されています。

ご存知ですか?加熱式タバコと電子タバコは違います

加熱式タバコはタバコ葉を使用したカートリッジを加熱させて蒸気を発生させるため、当然発生した蒸気にはニコチンが含まれます。

一方、電子タバコは同じ蒸気式でもメンソールなどの味をつけたリキッドを加熱させる為、ニコチンは一切含まれません。

同じ「タバコ」というワードを使用しますが、ニコチンの持つ中毒性という観点から、電子タバコの方が圧倒的に健康的であり、環境への害悪も少ないという事になります。

禁煙のために取り入れたいなら、電子タバコは強い味方といえます。

ですが、ニコチンを全く含んでいないので、今までずっと紙巻きタバコを愛飲してきた方からすると、急に電子タバコに切り替えるのはハードルが高いかもしれません。

その際は低タールのタバコに切り替え、慣れてから電子タバコに移行するか、はじめは加熱式タバコを使い徐々に電子タバコに移行するのがおすすめです。

電子タバコのメリットは?

従来のタバコとは異なり、火気を使わず、燃焼に伴ってタールや一酸化炭素などの有害物質が発生せず、タバコでは発生してしまう副流煙も発生しない
従来のタバコに比べ有害物質が少ないため病気のリスクが小さくなる
副流煙が出ないため受動喫煙によって周りの人の健康に悪影響を及ぼすこともない
使う金額も従来のタバコよりも少なくてすむ

電子タバコのデメリットは?

電子タバコに含まれるプロピレングリンコールは脱水症状を引き起こす可能性があり、ニコチン入りのリキッドを飲んでしまった場合にはニコチンの過剰反応が起きてしまう可能性があります。
「VAPE」は電子機器であり、適宜メンテナンスを行う必要がある。
アトマイザー、コイルは消耗品です。こちらを長期継続して使用しますとコイルが焦げた状態になり、そこに発がん性物質が発生する可能性はあります。

あやぶまれている電子タバコの健康被害

海外では、やけどや呼吸器疾患、心血管障害などの健康被害が急増しています。電子タバコは、リキッドを熱して蒸気を吸うため、有害であるかは使っているリキッド自体が問題になります。海外ではニコチン入りのリキッドが販売されていますから、ニコチンが原因と考えられるのではないでしょうか。また日本で販売されているものに比べると、ニコチン以外にも有害な物質が混入している可能性もありますから、使用する際には十分に注意が必要となります。

日本ではニコチンを含んだリキッドは取り扱われていないので、機器のメンテナンスに気を付ければ、メリットの方が多い電子タバコ。

まだまだ登場して日の浅い電子タバコは、安全性が解明しきれていないとの声があるのも確かです。

イギリスでは電子タバコを従来の紙巻きタバコと比較すると、約95%健康被害をおさえることが出来ているとの報告も上がっており、その点では安全性の高いものと言えるのではないでしょうか。

安全性の高い信頼できる電子タバコブランドは?

日本で取り扱われているリキッドは、健康被害が起こらないよう、安全性が高いものが多いとはいえ、あまり安価なリキッドには粗悪品が含まれているのではと心配になります。

その観点からいくと、電子タバコの安全性はリキッドの安全性といっても過言ではありません。

電子タバコの健康被害を意識して、安全性に力を入れた取り組みを行っている日本のブランドもあります。

JPvapor(ジェイピーベポ)

JPvaporは日本とアメリカに拠点を持つ日本企業で、VAPE発祥のカリフォルニア州OCエリアに、リキッド製造の自社工場を持っています。

電子タバコに関わる表記の統一や安全管理、技術の向上と電子タバコ業界の総合的向上を目的に設立された団体、JECIA(一般電子たばこ工業会)にも加入していて、JECIA会員製品の電子タバコはニコチン成分0を徹底しているとのことです。

今や欧⽶を中⼼に4000~5000億円市場と言われるVAPEカルチャー、VAPOR(ベイパー)製品を⽇本に正しく安全に普及すべく、アメリカ、中国その他、VAPOR製品製造メーカーとの提携を図り⽇本国内における普及活動に取り組んでおり、ビギナー向けのスタンダードな製品を提供しています。

安全性に力を入れた電子タバコリキッド

安全管理を徹底したカリフォルニアの工場で作られるリキッドは、深みがありながら人体への負担が極力少ない成分を追求しており、健康被害が起こるような化合物が混合しないか、日本人スタッフによる商品管理にも力を入れているとのことです。

今はまだ電子タバコリキッドの検査方法は確立されているとは言い難く、一般的な業者は食品分析センターでのニコチン含有検査や簡単な発がん性検査を行うに留まっていますが、JPvaporはそれだけではありません。

JPvaporは、JFEテクノリサーチという調査会社と共同で、健康被害の観点から独自調査を続けています。

公式サイトにてリキッドの成分を開示し、検査結果の数値など、詳細を確認することも可能なので、安心して使用できるのではないでしょうか。

主催の電子タバコイベントも

また、電子タバコは香りを嗜む嗜好品として、アメリカでは「VAPEコンベンション」というイベントも開催されているほど、独自の文化として発展を遂げています。

JPvaporは、電子タバコの文化と製品をさらに普及することを目的に、六本木のバーなどでイベントも開催しています。

当日は仮想カジノが設置され、多くの関係者やセレブリティが来場し、今後日本でも、電子タバコが大人の嗜みとして広まっていくことが期待されています。

電子タバコは正しい知識と情報を知って楽しもう!

電子タバコの安全性や、健康被害に関する情報は、聞きかじった情報を鵜呑みにするだけでなく、ブランドやメーカーをしっかり知ることが大事なのではないでしょうか。

勿論、電子タバコも嗜好品であり、完全に健康に良いもの、というわけではありません。

少なくとも紙巻きタバコより健康被害は少ないことは確実ですし、用法と容量を守り、過剰な摂取を控えて楽しんでいきましょう。

おすすめまとめ

関連するまとめ

アメリカでは「全廃」決定!トランス脂肪酸はこんなに怖いものだった・・。

アメリカでは2018年までに全面禁止となることが決定した「トランス脂肪酸」。日本ではまだ外食産業含め、しっか…

msd / 2201 view

お肉の種類ごとの保存期間の違い

スーパーなどで、安売りされているお肉を購入すると大量に購入して、少しでも家計を楽にしたいですよね。 今回は、…

SYOUTA / 609 view

100均の多肉植物でお洒落なインテリアを作ろう!

100均で売ってる多肉植物のお洒落な飾り方と育て方を簡単にご紹介します!

manmaru441 / 7628 view

2015年ネットで話題のYoutube動画をまとめてみる。

2015年ネットで話題のYoutube動画をまとめてみました。なける動画感動する動画面白い動画話題の動画いろ…

mota / 6285 view

タオル選びでもう迷わない!タオルソムリエになりましょう♩

タオルの老舗ブランドである❝今治タオル❞が主催するタオルソムリエ資格試験があるのはご存知でしょうか??生活の…

さちこめ / 6018 view