スパイスやハーブを使うことを難しく考えていてなかなか手の出せない方も多いのではないでしょうか?
ですが、コショウや唐辛子、バジルなど身近なスパイスやハーブもあります。
今回はそんなスパイスやハーブの使うときのコツや意識したいポイントをいくつか紹介したいと思います。

・スパイスを使う際に意識したい3つのポイント

ご存知の通り、スパイスには多種多様な種類や効果があります。
ですが、その効果のほとんどが3つの用途に分類できます。
これはスパイスの基本や選ぶ際のポイントになりますので、しっかり抑えておきましょう。

1.辛みをつける

日本で使われているスパイスの大半がこの分類に入るでしょう。
そのため、日本においてスパイスといえば、辛いものであるという認識が強いです。
辛みを付けるときに意識するのは、辛さの鋭さです。
例えば、わさびやマスタード、からしは比較的、鋭い辛さで、ピリッとした辛さになります。
この辛さを持つスパイスやハーブは比較的、熱に弱いのが特徴になります。
そのため、これらのスパイスは、生の食材や調理後に利用する場合がほとんどです。

反対に鈍い辛さとは、唐辛子やコショウ、生姜のようにジンジンとした温かい辛さが特徴になります。
こちらは、熱に強いため、調理前、加工前からでも食材に利用できます。
このようにスパイスやハーブによって利用できるタイミングが変わりますので上手に利用しましょう。

2.匂い消し、香り付け

身近な例では、生姜で肉や魚のの匂い消し、パスタなどに利用されるバジルなどが、ここに分類されます。
こちらも比較的、日本人にはなじみ深い利用法だと思います。
香りの弱いスパイスやハーブは、鶏肉や白身魚などのもともとクセの少ない食材によく利用されます。
そうすることで、食材の味を引き立てるわけです。
和食で利用されるしそや生姜はこの側面が強いです。
反対に香りの強いスパイスやハーブは、ラム肉のような匂いやクセの強い食材に利用することで活かされます。
そのためジンギスカンなどはスパイスやハーブの扱いになれていない日本人に扱うのは難しいのではないでしょうか?
なお、匂い消し、香り付けに利用するスパイスやハーブは用途によって挽き方、切り方などを意識することで、より効果的になります。

3.色付けや飾り付け

色付けや飾り付けでの利用は、日本では最も使われない利用方法なのではないでしょうか?
日本では、食べ物以外も皿に乗せ、視覚的効果をあげる文化があるため、あまり定着しなかった可能性があります。
こちらも視覚によって食欲を刺激できる立派なスパイスの用途です。
サフラン、ターメリック、パプリカなどが代表的だと思います。
色付けや飾り付けにスパイスやハーブを利用する場合、そのスパイスやハーブの色素が親油性であるか、水溶性であるかが重要になります。
前者の場合は油を多めに、後者の場合、水を多めに利用することで、色素が抜けやすくなり、色付けが行いやすくなります。

この機会に、抵抗を少なくして、スパイスやハーブにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめまとめ

関連するまとめ

【初心者向け】和太鼓の種類と取り組みやすい伝統曲【雑学】

小さい頃からお祭りに行けば聞こえる和太鼓の音。慣れ親しむという程ではないでしょうけれど、日本人としては知らな…

tanakahiro_aki / 700 view

AGA治療の費用は高い?安い?効果や副作用、治療期間まとめ

AGAとは男性型脱毛症のこと。お悩みの方もいらっしゃいますよね。AGA治療について知りたいけど、効果や治療期…

kato00 / 375 view

海外セレブもやっている審美治療ルミネアーズって?

海外セレブ、特にアメリカのセレブの60%が行っているルミネアーズについてご紹介いたします。

yewoirhfl / 6980 view

金欠に悩んだらどうする?最適な改善方法について考える

ある程度気を付けていても、気がついたらなくなってしまうのがお金。このピンチを切り抜けたい!そんな方にオススメ…

てっくん / 1202 view

その会社ブラック企業?会社が守れていない労働基準法の残業時間

ブラック企業という言葉が流行語大賞をとり、有名になりました。 しかし、実際の労働基準法を把握していないため、…

SYOUTA / 957 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集