「水素」という成分には、老化を防ぐ効果があるという事で知られています。しかし、具体的にはどのようなメカニズムでそのような作用が起こっているのか知らない方が多いのではないかと思います。
ココでは「水素」のもつ、知られざる役割について調べていこうと思います。

人体に悪影響を及ぼす「活性酸素」とは?

水素の効果を語る上で、外せないものが「活性酸素」の存在です。
単語自体は耳にした事がある方は多いと思いますが、一体どのような物質なのでしょうか?

悪者だというイメージが強いかもしれませんが、本来は活性酸素は身体に必要なものです。酸化力が強いということは殺菌作用も強いということですので、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。また、酵素の働きを促進する効果もあります。活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することが可能なのです。

それにもかかわらず活性酸素に悪いイメージがあるのは、その酸化力があまりにも強力すぎるためです。活性酸素は適量であれば細胞を保護してくれます。ところが量が増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えることにもなってしまいます。

酸化と言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、金属などのサビも酸化の一種です。つまり、体内の活性酸素が増えるということは身体をサビさせやすくするということなのです。

活性酸素 発掘あるある大辞典 - YouTube

出典:YouTube

「抗酸化作用」をもつ水素の働き

水素は、悪玉の活性酸素に対してのみ働きかけ、無害な水に変化して尿となって体外に排出されます。また同時に、酸化したビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質を元に戻すことができます。つまり水素は、水素自身が悪玉活性酸素を消すだけでなく、体内の抗酸化物質をリサイクルして生命力や免疫力を高めることができる画期的な物質なのです。

水素水の抗酸化作用 - YouTube

出典:YouTube

実験!
左は水道水
右は水素水

酸性のイソジンを10滴入れると…

水素水は透明のまま!

糖尿病に対する予防効果も?

血糖値上昇や糖尿病を引き起こす原因と考えられている活性酸素。これに対抗する成分として、強力な抗酸化作用のある水素が注目されています。体内に吸収された水素には、有害な活性酸素を還元して、体外へと排出させる働きがあるのです。

水素を摂ることで、細胞内のミトコンドリアや、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞を活性酸素から守り、血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。血糖値を抑制することで、糖尿病の予防にも役立つでしょう。

おすすめまとめ

関連するまとめ

使うのは100均のアレ!フェイクファー復活法と毛玉取り方法他

秋冬はフェイクファーのアイテムが流行!トレンドに敏感な方は昨年買った方も多いのではないでしょうか。今年も活躍…

マル / 9662 view

仕草・鳴き声・行動で犬の気持ちはわかる?知りたいならココに注目!

“大好きなわんちゃんの気持ちが知りたい”犬が好きな人や飼っている人なら一度は思ったことがあるのではないでしょ…

nomoto / 1010 view

Curassyでまとめを作る方法

今人気のまとめサイト『Curassy』の記事を書いてみませんか?作り方がよく分からない!という人のためにまず…

CURASSY編集部 / 3420 view

神社とお寺の違いとは?参拝方法やお参りの仕方・御朱印の違いを調査

「神社とお寺の違い」って何?と気になっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、神社とお寺の違い、意…

miho / 286 view

車の維持費削減!カーシェアリングまとめ♪【各社比較・ランキングあり】

車は購入後も、税金、保険料、ガソリン代、駐車場代…加えて法定点検や車検の費用、すごく維持費がかかりますよね。…

nameco92 / 1051 view