手抜きはダメ!朝食にしっかりとっておくと、一日のパワーが長持ち。

つい朝食は手抜きしてしまいます。時には、「朝食抜き」なんてこともありますよね。

でも、職場や学校でも「フル回転」させなければならない毎日。体の運動神経や脳の働きを助ける、「タンパク質」を多く含む食材を、朝食に加えてみるのはいかがですか。

朝食でもお肉が食べれる人には「豚肉」がBest!

「ポークステーキ」とまではいかなくても、豚肉を食べるなら朝食が一番です。

豚肉なら、「生姜焼き」や「ステーキ」、「ゆで豚サラダ」なども、調理時間も短く朝のボリュームには◎です。

座っている仕事でも、通勤や半日のワークスタイルで、ほとんどのカロリーは消費できます。

朝から豚肉の調理が面倒に感じる方は、「ハム」や「ソーセージ」を少し多めに食べましょう。

「卵」料理はバリエーションがいっぱい

簡単でお手頃価格にタンパク質と言えばやっぱり“卵”。

調理法によっては、朝の身支度を整えている間に作れちゃうことも。

そんなレシピも研究してみましょう。

卵と言えば、朝食の定番です。

いろどりも良くなる「朝食の卵メニュー」

目玉焼き、卵焼き、スクランブルエッグ、茹で卵、温泉卵、野菜入りオムレツ・・・

たくさんあるので、順番に毎日1個分なんて方法もありますね。

和食でも洋食でも、年齢問わず「魚」を食べて摂れるたんぱく質

朝食で和食を選ぶなら、必ずトップメニューになる「焼き魚」。

年齢問わず、日本人ならではの定番です。

ちょっとおしゃれなボリュームには「ソテー」や「ムニエル」も好まれます。

「大豆」は植物性たんぱく質の“キング”

大豆を利用した食品はたくさんありますが、ここでお薦めしたいのは「茹で大豆」。

スープやサラダのトッピング、お米の炊きあがりに混ぜてみたり、万能料理です。もちろんそのままでも大人気。

毎日少しづつ食べるのも、良いアイデアかも知れません。

乳製品の中でも「チーズ」は万能!少しでいいから毎日食べるのがお薦め。

チーズには、ワインが似合います。でも朝からワインなんて無理!

でもトーストやパンには、やっぱりお似合いのチーズ。

脳の働きを助ける食材の一つです。

朝食で、チーズを添えるのは、パターンが同じになってしまう…そんな時は、「トースト・オンtheチーズ」にしてみませんか。

どんなチーズでも、バターかオリーブオイルを薄く塗ったパンに乗せて、焼くだけ。ブラックペッパーやドライハーブを軽く振るのも、お洒落な朝食になります。

夕食より優先したいのは、「朝食」

忙しい朝にしっかり食べるのは難しい、と思われる方は少なくないはず。

でも、ここは10分早く起きて食べていただきたい、大切な食生活です。

冬の寒い時よりも、今の季節からスタートしておけば、なおさらつかみやすいいライフスタイルに。

是非、挑戦してみてください。

おすすめまとめ

関連するまとめ

AGA治療の費用は高い?安い?効果や副作用、治療期間まとめ

AGAとは男性型脱毛症のこと。お悩みの方もいらっしゃいますよね。AGA治療について知りたいけど、効果や治療期…

kato00 / 491 view

ハゲてる芸能人の画像まとめ!薄毛の原因はストレス?遺伝?

皆さん薄毛だからと頭を隠したりしていませんか?今回は薄毛でもめげずに活躍している鉄板のあの人からまさかと思う…

yoshikawa / 502 view

Curassyでまとめを作る方法

今人気のまとめサイト『Curassy』の記事を書いてみませんか?作り方がよく分からない!という人のためにまず…

CURASSY編集部 / 3384 view

大根の栄養、選び方や保存方法、調理方法まとめ

日本人が最も消費する野菜でもある大根。 年中出回ることもあり、食べ方も私たちのなじみ深いものが多くあります。…

SYOUTA / 829 view

婚活パーティーって何?

婚活パーティーってよく聞くけど、どんなもので、何をするの? を簡潔にまとめました。

kinkyorirenai / 803 view

mikimono

愛犬とカフェが好き。
時間があれば、カフェで読んだり・書いたり。

ただいま香港滞在中・・・

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集