現代人の睡眠の悩み

味の素による東京に住む人の睡眠の満足度の調査結果です。このグラフによると、半数以上の人が自分の睡眠に不満がある様子。

不満の要素は様々です。例えば

・睡眠時間が足りない
・寝るのにちょうどいい姿勢が見つからなくてなかなか寝付けない
・肩や腰が痛くて夜中に目が覚める
・朝何となく体が重い
・体がしびれて夜中に目が覚める
・肩こりが取れない

などなど。

それって枕の選び方が悪いんじゃ!?

枕が合わないとこんな症状が出てきてしまいます。

筋肉への余計な緊張
仰向けで寝た時に頭と胴体をつなぐ首の角度が決まります。
この角度によって、背骨の首の部分から腰の部分までのカーブが自動的に決まります。

このカーブが理想的なラインを描く時、睡眠時の体の負担は最も小さくなりますが、カーブのラインが理想的でない場合、背骨の周りの筋肉に余計な緊張を与えてしまうのです。

自律神経への大きな影響
睡眠時の体に負担を与える背骨のカーブは、周りの筋肉だけでなく首や腰の背骨の左右から出ている脊髄神経の流れに大きな影響を与えます。

脊髄神経の流れに影響があると、自律神経の働きが乱れが生じるために正常な働きが出来にくくなります。

冷えやめまい、疲労感増大などはその自律神経の働きが乱れることによって発症するのです。

何となく感じる体の疲れ、局所的な体の痛みが、枕を変えたら解決したという例を聞くことはありませんか?

肩こりや頭痛、疲労感や冷えなどの症状には根拠があり、その原因は枕にもあるのかもしれません。

では正しい枕の選び方とは?


合う枕の条件

枕の選び方のポイントとして一般的に言われてるのが
①枕の高さ
②寝返りを打てるかどうか
の2つだそう。

枕の高さ

枕の適切な高さとは、「人がまっすぐ立った姿勢で、そのまま横になった角度」だそうです。ここで大手家具量販店ニトリのHPより、寝姿別の枕の理想的な高さをご紹介します。

うつぶせに寝る方…低めの枕

あおむけに寝る方…中くらいの高さの枕

横向きに寝る方…高めの枕

が理想的です。

首と肩の間の隙間が埋まり、頸椎をまっすぐに保てる高さが適切です。
肩こりを防ぐために重要なポイントですね。

寝返りはなぜ大事?

寝具との間のこもった熱を逃がし、温度調節と発汗を促す

寝返りは寝具の中に対流を生じさせることで、寝具の中の温度や湿度を調節し、バランスのとれた発汗を促しているそう。

重力の掛かる方向を分散させて、血液や体液の流れを促進する

血液循環が滞ると肩こりや腰痛が起こりやすくなるので、体は重力のかかる部分を寝返りによって分散させて、血流を促進しようとしているそうです。肩こり防止ですね。

睡眠サイクルを整える

寝返りにはレム睡眠、ノンレム睡眠などの睡眠段階を移行させるスイッチのような役割があるそう。

枕を選ぶときは、寝返りがしやすいか、寝返りした後の姿勢と枕の高さが適切かも、選び方の重要ポイントとしてチェックしましょう!疲れを取るためには外せないポイントです!

どんな枕を使ってる?

枕と睡眠の関係については近年注目が集まっており、色々な枕が研究されブームにもなりました。一般的にはどんな枕が多く使われているのでしょうか。

枕はどの種類を使っていますか?

枕はどの種類を使っていますか?

アンケートの結果、
1位 低反発枕 24.5%
2位 そば殻枕 10.6%
3位 二トリ枕  4.7%
4位 枕なし、羽毛枕 4.1%

と、低反発枕派の人が圧倒的多数になりました。 
(回答:20代~60代の男女388人)

種類ごとの枕の特徴

それでは、疲れや肩こりを取るためにはどんな枕に変えたらいいのか、上に挙げた選び方をもとに枕ごとの特徴を見ていきましょう!

低反発枕

フィット感がたまらない!と枕の選び方の議論でなにかと話題になったのが低反発枕。

しっくりくる姿勢を見つけやすいので疲れにくく、肩や首への負担も少ないと言われています。

しかしその分寝返りが打ちにくいという欠点も。

低反発枕に使用されている、テンピュール・低反発ウレタンの特徴として、熱を持つと柔らかくなり、低温状態なら硬くなる性質があります。

低反発枕は夏は柔らかく、冬は硬くなり、季節により感触が変わってしまうのだとか。

そば殻枕

昔ながらの感触

昔ながらの感触

そば殻枕の良いところは、

 ・リーズナブルな価格
 ・高さを調節しやすい
 ・通気性に優れている
 
 などが挙げられます。

ただし、そば殻枕には注意も必要。

防虫加工されているものを選び、天日干しなどのお手入れを定期的にしなければ、チャタテなどの虫が沸いてしまいます。

髪を乾かさずに寝る人や、来客用の枕にするのは不向きかもしれませんので、選ぶときは注意したいですね。

他にもこんなデメリットが。

アレルギー
そばアレルギーをお持ちの人が使用すると、強いアレルギー反応が出ることがあるので使用はお控えください。
粉の吹き出し
使用に応じてそば殻が潰れていくと、細かい粉になっていきます。そして、側生地・枕カバーから飛び出してくることがあるので、綺麗好きな方は要注意です。

喘息持ちの方も注意が必要。

羽毛枕

羽毛独特のふわふわ感

羽毛独特のふわふわ感

羽毛枕のメリットと言えばやはりふわふわな感触。疲れた頭には心地いいですよね!

加えて通気性が良く吸湿性・保温性に優れているため、どの季節でも快適に使う事ができます。

一方で、枕が古くなると羽が飛び出してきてしまう、羽の骨の部分が硬い、アレルギーの人は使えないなどのデメリットもあります。

枕なし

枕なしでも快眠できる人の条件とは

枕なしでも快眠できる人の条件とは

枕なしでもよく眠れるのは、

・マットレスが柔らかめ
・後頭部が平たい
・寝返りが少ない体質

という条件がそろっている時です。
(https://kaimin-times.com/sleep-without-a-pillow-5616 より)

マットレスが柔らかいと、体の突出している部分がマットレスに沈み込みやすく、体を水平に保ちやすいという利点があります。

後頭部が平たければ、頭にかかる負荷が広い面積で分散され、
また寝返りが少なければ横向きの寝姿で首と床の間に隙間が空くことも少ないので、
肩こりや首が疲れることもないそうです。

枕のお手入れについて

みなさんは、枕のお手入れにどのくらいの時間をかけていますか?
枕カバーをどのくらいの頻度で洗うかについてもアンケートをとってみました。

枕カバーを洗う頻度は?

枕カバーを洗う頻度は?

1~2週間ごと   27.6%
3~7日ごと    21.7%
2~3日ごと    16.5%
1ヶ月以上     16.0%
2週間~1ヶ月ごと  12.4% 
毎日    5.7%

おおよそ一週間ぐらいのスパンで枕カバーを洗うという方が多いようです。

枕選びは慎重に

質の良い睡眠のために

質の良い睡眠のために

それぞれの枕の特徴をお分かりいただけたでしょうか?

一日一日の睡眠が、あなたの健康に大きな影響をもたらします。

体の歪みを防いで疲れを取ることが出来る、質の良い睡眠を維持するために、枕の選び方をしっかり覚えて、自分に合った枕を吟味して選びたいですね。

おすすめまとめ

関連するまとめ

レーザーのタトゥー除去に痛みはある?入れ墨の消し方をまとめてみた

タトゥー除去をしたいとお悩みの方はいらっしゃいますか?あるいは、興味はあるけど将来消すことはできるんだろうか…

kato00 / 164 view

知ってる?今さら聞けない敬語★基本編10

何問クリアできるか今すぐチェック!この敬語の使い方、本当に正しい?今回は、普段よく聞き慣れている敬語の中から…

mai5693 / 1131 view

是非とも生で見てみたい!悶絶必須、激カワ野生猫

できれば一度暮らしてみたい!と思わせる選りすぐり野生猫ちゃん3種をご紹介します。

nekokichi / 1428 view

身体の臭いが気になる方へ改善マニュアルをお届け

あなたはご自分の身体の臭いを気にされたことはありますか? たとえ普段は平気でも、運動などの後の汗の臭いなどは…

Silstrip / 620 view

楽天カードの説明とお得な使い方

CMでもおなじみの楽天カード。 使い勝手がよく、ポイントが貯まりやすいカードです。 年会費・発行料金は、な、…

じゅんじゅん / 584 view