カイワレ大根はもやしと同様の発芽させた新芽を食べる野菜で、大根の種子を発芽させたものです。
現在では工場などで生産されるようになり、なじみ深い野菜になってきたと思います。
カイワレ大根の発祥の地は、福岡県の熊古島であるとされています。
その名前の由来は、カイワレ大根の葉が、貝を割ったときの形に似ていることから付けられたとされています。
今回は、そんなカイワレ大根についてお話ししたいと思います。

・カイワレ大根の栄養

カイワレ大根は大根の赤ちゃんのようなものですが、
その栄養価はカルシウム、鉄分は大根の2倍、ビタミンCは大根の4倍と
大根を上回るものも多く馬鹿にできません。
特にベータカロチンの効果は、ゴーヤの9倍以上と、とてつもない栄養価であると言えます。
また、たんぱく質や糖質の代謝を促し、疲労回復効果の高いとされるビタミンB群が非常に豊富です。
カイワレ大根の辛み成分であるイソチオシアネートは、抗酸化作用が強く、美容にも効果があるとされています。
また、イソチオシアネートは、香りを嗅ぐことで、食欲増進効果も見込めます。

・カイワレ大根の効能

カイワレ大根の効能は主に

・食欲増進
・消化促進
・疲労回復
・しみ、そばかすの予防
などの効果が見込めます。

疲れがたまりやすく、食欲が湧かないことがある方や、
肌荒れなどが気になる方には手軽にとれることもあり、オススメできます。

・選び方、保存方法

カイワレ大根を選ぶ際は、全体がしっかりとしていて、葉の緑の部分がくっきりしたものを選ぶのが良いです。
保存の際は、根の部分に水分を含ませ、冷蔵庫で保存するのが良いです。
また、寝かせるより、立てて保存した方が鮮度を保てます。

・調理方法

調理前にカイワレ大根をしっかり洗います。
ただし、カイワレ大根は、水溶性のビタミンを多く含むため、できるだけ水にさらす時間を短くするよう意識します。
カイワレ大根はサラダが一番手軽ですが、
焼き肉に巻くなど肉類と一緒に食べることで、消化を助けながら栄養を効率良く摂取できます。
また、カイワレ大根を短く刻んで大根おろしに混ぜ込んで食べることで、大根との相乗効果が得られるので、こちらもオススメです。
生以外の食べ方だと鍋の材料にしたり、たまごに閉じたりしても美味しく食べることが出来ます。

カイワレ大根はビタミンが豊富で、生でも食べられるので、損失も少なく摂取出来ます。
そのため、加熱の必要な野菜と比べ、栄養価は数字以上に高くなります。
色んな料理に応用も効くのでこの機会にぜひ、手に取ってみてください

おすすめまとめ

関連するまとめ

スパイスを使う際に意識したい3つのポイント

スパイスやハーブを使うことを難しく考えていてなかなか手の出せない方も多いのではないでしょうか? ですが、コシ…

SYOUTA / 1416 view

【12星座別占いまとめ】【牡羊座】編 運気アップにはラッキー&アンラッキーアイテムを…

今回は12星座占いでおなじみの【牡羊座】にスポットを当てて、牡羊座さんの運気アップに役立つラッキーアイテム&…

lostcanvas / 3784 view

【無料】商用利用可◎大人気のフリーフォントを3つ集めてみました!

人気のあるフリーフォントのなかから、無料で商用利用も可能なものをいくつか集めてみました!

blues / 3155 view

花粉症の種類と時期は?自分が何の花粉か調べ方はあるの?

花粉症の皆さんはこの時期とてもつらいですよね?今は花粉症じゃない人も急に花粉症になる恐れもあります。花粉症に…

aiai / 296 view

広告に追いかけてられてる!?いつも同じ広告が画面に表示される理由。

ネットサーフィンしているとふと感じる違和感。追いかけられている?!なぜ1度見たサイトが違うペじで表示されるの…

msd / 2203 view

SYOUTA

初めまして
私の作成したまとめ記事の観覧ありがとうございます。
皆様にとって有意義な情報を配信できるよう心がけております。
何卒よろしくお願いします。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集