ベビーカーは海外製?日本製?どちらが良い?

ベビーカーは決して安い買い物ではありません。
しかし、せっかく購入するなら優れた一台を購入したいものです。

最近では、海外セレブからも日本のベビーカーが注目されていますが、
せっかくなら海外製のベビーカーと国産ベビーカーどちらが良いかも見比べてみたいですよね!

まずは、海外製と日本製ベビーカーの特徴を比較しましょう。

【サイズ感の違い】

海外製と日本製のベビーカーの大きな違いはやはり本体の大きさにあります。
海外製品は安定感があるのが特徴的で、世界的にも高い安全基準の上作られているのが特徴的です。

一方、日本製のベビーカーはコンパクトで小回りが効くため、日本の地形には合っていますが、荷物の量によってはバランスを崩してしまう事故も少なくありません。
赤ちゃんとの行動範囲や使いやすさに合わせて選ぶようにしましょう。

【デザインの良さ】

海外製のベビーカーの人気の理由はやはり、デザインの良さにあるでしょう。
日本製よりも大きいのに、スタイリシュでスマートなデザインは海外セレブからも注目されています。

人とは違うものを使いたい、おしゃれに過ごしたい!という方におすすめです。

【走行性の違い】

海外と日本の地形の違いはベビーカーにも反映されています。

日本製のベビーカーは振動吸収性能が高く評価されており、
赤ちゃんの頭部・背部をしっかりと保護します。

海外製のベビーカーの場合タイヤのクッション性が非常に高く、衝撃を吸収し走行性がとても優れており、
スムーズなタイヤ運びとパンクしないため長期的に使うことができるのも特徴的です。

【価格の違い】

日本製と海外製のベビーカーを比較すると、値段にも違いが出てきます。

日本製のベビーカーは5万円前後で購入できるのに対し、海外製ベビーカーは8,9万円と平均価格に大きく違いが出てきます。

デザインや機能面においても海外製品のほうが優れている点も多いため、
初期投資として高価なベビーカーを購入する方も多いようです。

ベビーカーを選ぶ時のポイント

海外セレブに人気だからと言って、購入を決めてはいけません。

ここからはベビーカーを選ぶ時のポイントについて軽くご紹介します。

【安全性】

大切な赤ちゃんを守るため、ベビーカーの安全性は最優先で考えるべきポイントです。

日本では安全基準に達している製品には『SGマーク』が貼られているのが選ぶ基準になります。

海外製には、欧州の『CE規格』や、米国の『ASTM』等で安全性が保証されています。

海外製品は人間工学に基づき機能性に重視しているため、世界50カ国以上で信頼される実績もあります。

【重量やサイズ感】

ベビーカーを購入する際には、住んでいる家や地域に合わせて選ぶことが大切です。
持ち運ぶのに困難でない重量感や、家庭で収納する際に邪魔にならない大きさを考え選ぶようにしましょう。

ただし、コンパクトなサイズにこだわる余り耐久性の低いものを購入しないようにお気をつけください。

【ベビーカーの操作性】

ベビーカーの重量は操作性にも影響します。

日本のように小道の多い環境では小回りの効きやすいタイヤの可動性が高いものがおすすめです。

【赤ちゃんの快適さ】

ご両親が扱いやすいベビーカーであるのはもちろんですが、赤ちゃんにとって快適でないベビーカーでは意味がありません。

地面の段差を通った際の衝撃を受け止め、赤ちゃんに衝撃が行かないようになっているか、
日差しから守るためのカバーは十分か
また、通気性やシートの快適さなど赤ちゃんにとっても居心地のいい空間になるよう選ぶようにしましょう。

海外セレブ愛用のおすすめベビーカーブランド5選を徹底紹介!

ベビーカーの選び方のポイントを抑えたら、あとはベビーカーの使うシーンや生活スタイルに合わせて選んでいきましょう。

ここからは、今注目の海外セレブ愛用のベビーカーブランドをご紹介していきます!

ブランドの特徴とおすすめの製品について詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめのベビーカーブランド1:バガブー

バカブー ブランドの特徴

バカブー ブランドの特徴

ミランダカーや、ヴィクトリアベッカムが愛用していることでも有名で、『ベビーカー界のロールスロイス』とも言われているベビーカーのブランドです。

バカブーが作り出すベビーカーは、『両親の生活をもっと楽にしたい』の理念の元に開発されています。

優れたデザインと、長く使い続けることができる耐久性、
そして、不安定な場所でも気軽に使える高品質なタイヤが使用されています。

高品質で高機能なベビーカーは、プロトタイプの試験を何度も行い、施策や改良を加え続けてより良い製品を提供しています。

オススメ製品!ビー5

オススメ製品!ビー5

都市部でも使いやすいことに重点を置きデザインされた、コンパクトで高い機動力を持ったベビーカーです。

独立の四輪に加え、内蔵された緩衝システムで振動を吸収。
歩道での段差の上り下りもスムーズに安定した性能を保持しています。

製品重量:8.9 kg
対象月齢:新生児~
最大乗車体重:体重22kgまで
バスケット容量:22L / 4kg
折りたたみ時のサイズ:90 x 46.5 x 32 cm
値段:89,900円

スピーディに流れるシティライフ。狭い道や人混みの中をスムーズに、かつ安全で安定した移動ができるようにバガブー ビー 5は誕生しました。高度な技術から生まれたサスペンションによるコンパクトながら快適な乗り心地、軽快なデザインで街全体をあなたの庭のように。

◆コンパクト×軽量

バカブー ビー5は、腰を曲げずに、片手でも簡単に折り畳むことができる使いやすい設計になっています。

更に、折りたたみ時はとてもコンパクト!
本体重量も9キロ程度の軽量デザインとなっています。

折りたたんだ状態では自立するので、場所を取らずに楽々収納できちゃいます!

◆シンプルでスタイリッシュなデザイン

バカブーのデザインはどれもスタイリッシュで長く使うことができます。

ビー5だけでもカラーバリエーションは10種類も展開されている為普段のスタイルに合わせやすいのも嬉しいポイント!

◆使い心地抜群な子どもファーストなシート

バガブー ビー5のシートは、人間工学に基づいて作られていて、
動きを制限せず、かつ子どもの姿勢を支えるようにデザイン性・サポート性・柔軟性が兼ね備えられています。

また、3段階のリクライニング可能な背もたれは、3層構造のシートになっていて長時間座っていても姿勢をサポートし、快適でいられるように設計されています。

◆バガブー ビー5のメリット

◆バガブー ビー5のメリット

・シティライフに最適なコンパクトタイプ
・最先端の4輪サスペンション
・クッション性の高いシート
・折りたたみもラクラク!
・自立するから収納場所も気にせず扱える
・対面・背面に反転できるシート
・高さ調節可能なハンドルバー
・片手でもラクラクの操作性の良さ
・10段階のハンドルバー調節が可能!

バカブー ビー5のデメリットとして、値段が高く、手が出しにくいということ
また、取扱説明書がわかりづらいという声が上がっていましたが、

お子様にもご両親にも優しい設計になっており使いやすさにおいても評判を得ています。
せっかくなら良いベビーカーがほしい、長く使いたいという方にはオススメの商品となっています。

おすすめのベビーカーブランド2:サイベックス

サイベックス ブランドの特徴

サイベックス ブランドの特徴

サイベックスは、「優れた安全性」「デザイン」「機能性」を誇るドイツのベビーカーブランドです。
優れたデザインは、親が愛着を持ちやすく、また子供と楽しんで出かけられることをポイントとしており、昔ながらのベビーデザインから全く異なったデザインとなっています。
ヨーロッパの一流エンジニアや国際的なデザイナー、ライフスタイルのプロを起用することで、『モダンで革新的な育児用品』を作り上げました。

オススメ商品 ミオス コンプリート

オススメ商品 ミオス コンプリート

ザイベックスの中でもコンパクト・高機能・スマートなデザインを兼ね備えた『ミオスコンプリート』

コンパクトで日本国内でも使いやすいベビーカーに加え、シンプルなデザインは長期的にベビーカーを使いたい・おしゃれにこだわりたいご両親におすすめです。

製品重量:9.8kg
対象月齢:生後1ヶ月~22kgまで
最大荷重:17kg(バスケットは5kgまで)
折りたたみ時のサイズ:500×300×750
値段:94,050円

ミオスの横幅はたったの50cm。通常サイズの自動改札や狭い通路、人通りの多い場所などでも、しなやかな走行性とハンドリングの良さを実感していただけます。

◆ワンハンドリクライニング

機能性の高いミオスコンプリートは、片手で簡単に操作できるリクライニングが4段階となっています。

そのため、生後1ヶ月から使用も可能!
リクライニングに合わせて座面が前後に動くので常に重心をベストポジションにキープし安全性も抜群です。

◆両対面シート

駅の改札もそのまま通れるほどコンパクトなミオスコンプリートは、シートの付け替えで背面・対面どちらでの使用も可能です!

お子様の気分や成長に合わせスタイルを変えることができるようになっています。

サイベックスのミオスコンプリートはデメリットとして、
折りたたみ時に腰を曲げなければならず負担が大きいこと、またシート部分はメッシュのみなので、子供の背中へのサポート面に不安を感じるという声が上がっていました。

毎日何度もベビーカーをたたむ際に腰を曲げるというのは負担が大きいので購入する際にはこういった点も考えて購入を検討してみてください。

おすすめのベビーカーブランド3:ベビーゼン

ベビーゼンの特徴

ベビーゼンの特徴

ベビーゼンヨーヨーは、フランス発のポップなカラーリングが特徴的な個性的なスタイリングで海外セレブのみならず、日本の芸能人でも愛用している方の多いベビーカーブランドです。

新生児から使用できる可変式のベビーカーと、生後6ヶ月以降から使用できる2モデルで販売されています。

オススメ商品 YOYO2 0+&6+

オススメ商品 YOYO2 0+&6+

座面ベースを付け替えることで新生児から、4歳ごろまで長く活用する事ができるタイプの0+&6+

軽量と操作性、安全性に優れたベビーカーです。

製品重量:『0+』6.6 kg 『6+』6.2kg
対象月齢:新生児~4歳ごろまで
最大乗車体重:体重22kgまで
バスケット容量:16L / 5kg
サイズ:44×86×106
折りたたみ時のサイズ:18×44×56
値段:102,300円

◆バッグのように持ち運べる

ベビーゼンヨーヨーの優れた点として、折りたたみ時のコンパクトデザインが挙げられます。

折りたたむ際には3つにたたむことができ、トートバッグ程度の大きさまで小さくなります。

付属のショルダーストラップを使用することで簡単に肩にかけて持ち運ぶこともできます。

◆カラーバリエーションも豊富

カスタマイズオプションのカラーパックを購入することで簡単に色を変えることができます。

ポップなカラーリングは日々の生活を豊かにし、お出かけの気分を高めてくれます。

ベビーカーの中でもかなり軽量デザインですが、安全製には優れています。

デザイン性に優れているベビーゼンのベビーカーですが、
デメリットとして、値段の割に安っぽく見える点や、折り畳む際にシートやホロの部分が床につくことになるため、衛生面において気になると口コミであげられています。

おすすめのベビーカーブランド4:エアバギー

エアバギー ブランドの特徴

エアバギー ブランドの特徴

ベビーカーを始め、ペットカーや荷物を入れるカートとしても使用されているクオリティの高いブランドとなっています。

軽量が重視されるベビーカー界隈の中でも珍しく、重さよりも、「乗り心地の良さ・走りやすさ・安全性」を重要視し「クルマ」という考えの元に作られたカートとなっています。

ブレーキパーツは日本ブランドの「KARASAWA」との共同開発によって作られています。

オススメ商品 ココブレーキEX

オススメ商品 ココブレーキEX

優しい雰囲気のカラーラインナップが特徴的なココブレーキEX
丸みを帯びた柔らかな雰囲気が海外セレブからも注目を浴びているデザインです。

製品重量:9.5kg
対象月齢:生後0ヶ月~4歳ごろまで
最大乗車体重:体重22kgまで
バスケット容量:5kg
サイズ:53.5×96×104.5
折りたたみ時のサイズ:53.5×40×82
値段:69,000円

◆握るだけで速度調節できるブレーキ

エアバギー ココブレーキEXには、手元に速度調整のできるブレーキがついています。

そのため坂道での操作も楽々!
ご両親に負担をかけず、安心して使えるようにこだわっています。

ブレーキ部分は日本の『KARASAWA』との共同開発で作られており、世界基準の安全性能試験にクリアしています。

カラーバリエーションが豊富で、特に新色のビタミンカラーは要チェック!
爽やかでおしゃれな色合いは海外セレブの間でも大人気となっています。

ブレーキの性能が非常に良く、スムーズな動きが魅力的なエアバギーですが、
軽い動きにするため3輪になっており、この3輪が慣れるまではバランスに不安を感じたり、安定感に不満を感じるというデメリットもあるようです。

おすすめのベビーカーブランド5:ストッケ

ストッケ ブランドの特徴

ストッケ ブランドの特徴

ストッケは、ベビーカーをはじめベビー用品を数多く製造・販売している海外ブランドです。
お子様との家族団らんのひとときを快適に過ごすためのサポートアイテムが充実しています。

日本国内でも直営店が出店されていたり、日本で暮らす家族向けの商品も製造されています。

オススメ商品 ビート

オススメ商品 ビート

ストッケの中でも日本の都市に合わせて作られたコンパクトなベビーカー『ビート』は街へのお出かけにピッタリです。

衝撃の吸収性が高く、機動力の高いタイヤを採用しているため、狭い道や人混みでの移動もしやすくなっているのも特徴的です。

製品重量:9.5kg
対象月齢:生後0ヶ月~4歳ごろまで
最大乗車体重:体重22kgまで
バスケット容量:10kg
サイズ:97 x 53.5 x 115
折りたたみ時のサイズ:78 x 53.5 x 36
値段:88,000円

◆大容量のバスケット

ストッケ ビートのバスケット容量はなんと10kg!

他のベビーカーと比べかなりの大容量となっています。

ココまでの大容量バスケットにも関わらず本体重量は重すぎず、コンパクトタイプとなっているから驚きです!

大容量で使い勝手の良いストッケ ビートですが、
折り畳みの動作は重く、硬い・気軽に折り畳めないというデメリットがあげられています。

また、折りたたみ時は自立する形ではないため、無理に自立させるとホロの頭頂部が汚れるという厄介な点もあります。

海外セレブも愛用のおすすめベビーカーでお出かけを豊かに!

海外セレブからも注目されている海外のベビーカーブランドと、オススメ商品を5選紹介させていただきました!

どこのブランドもデザイン製・耐久性・操作性に優れています。

好みのデザインや生活スタイルに合わせてぜひ選んでみてください♪

おすすめまとめ

関連するまとめ

冬のコミケc89 12月29~31日開催決定!!詳しい内容紹介

毎回大きな話題になるオタクたちの冬のビックイベントの「コミケ」。今回の解散日は12月29~31日と決まりまし…

opoea / 5586 view

知らなきゃ遅い!?流行りのVtuber5選!

最近Youtubeで流行っている「バーチャルYoutuber(以下Vtuberと略す)」をご存知ですか?今若…

Akariii320 / 1253 view

ハロウィンイベント!芸能人の着こなしハロウィン衣装・コスプレ特集

10月31日はみんなが楽しみなハッピーハロウィンですね。イベントとことで芸能人も衣装を身にまとって楽しんでい…

YURA / 8622 view

期待できること間違いなしの新作ソシャゲおすすめランキング3選まとめてみた

新作ソシャゲおすすめランキングです。大手企業の新作から、期待の新作まで遊びやすさ、楽しさを重視したランキング…

aki2zm / 1136 view

めでたい!はしのえみ第1子女児出産

女優でタレントのはしのえみさんが第1子となる女の子を出産しました。幸せな報告に日本中がほっこりしましたね。

ooakos / 3615 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集