薄毛で悩んでる方の中には、育毛サプリメントの服用や育毛剤を使用してる方も多いのではないでしょうか?

毛根や頭髪に栄養を与えてくれる育毛剤や育毛サプリメントはとても効果的!

しかし「頭皮が荒れる」「逆に髪が抜けた!」「EDになるらしい」といった危険性を謳う口コミなども多く不安ですよね?

この記事では、育毛サプリメントや育毛剤が本当に危険なのか、成分や副作用、期待できる効果について紹介していきたいと思います!

「副作用で髪の毛が抜ける」は本当?

皆さんは「育毛剤を使ったのに髪の毛が抜けた!」なんて声を聞いたことはありませんか?

実はこれは本当で、育毛剤を使用する事で髪の毛が抜けることがあります!
ですが、これは育毛剤の効果が出ている証拠なんです。

育毛剤の中には、使いはじめて1ヶ月ほど経過すると使用する前よりも抜け毛が多くなるという症状が出るものも。

この症状を「初期脱毛」と呼び、頭皮に育毛剤を塗布することにより、毛根で新しく強い毛髪が作られ、細くて弱い毛髪が押し出されるように抜けるために起きる症状だと言われています。

この症状が起きることで「育毛剤を使ったはずなのに髪の毛が抜けた!」と驚き、育毛剤の副作用として口コミサイトに危険性を投稿する人もいるのですが、初期脱毛は育毛剤の効果が出ているという証拠でもあるんですよ!

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤は何となく同じものだと思っていませんか?

育毛剤は知っている方は多いとは思いますが、発毛剤に関しては聞いたことがないという方もいるかもしれません。

育毛剤と発毛剤にはそれぞれ

《育毛剤》医薬部外品。髪を生やし脱毛を防ぐ
《発毛剤》医薬品。髪を育てて抜け毛を防ぐ

といった効果の違いがあります。

また、発毛剤には医薬品が成分の中に配合されているので、育毛剤よりも効果に期待できるのです。

発毛剤について詳しく知りたい方は下記サイトをご覧ください!

育毛剤よりも発毛剤のほうが副作用が強く出る

さきほど説明したように、育毛剤は医薬部外品で、発毛剤は医薬品です。

医薬品は疾患や症状を治療するためのものなので、育毛剤よりも治療効果に期待できる分、副作用が出る危険も高くなると考えられます。

《育毛剤の副作用》
頭皮のかぶれやかゆみ

《発毛剤の副作用》
頭皮のかぶれやかゆみ
動悸・頭痛・抑うつ感など

上記のように発毛剤の方が育毛剤よりも重い副作用が出る可能性があるのです。

効果が期待できる発毛剤の選び方は?

発毛剤には「ミノキシジル」という成分が含まれています。

この「ミノキシジル」は、厚生労働省から発毛効果・脱毛(発毛)進行の予防効果が認められているのです。

現在、市販されている発毛剤には

・ミノキシジル配合濃度が1%のもの
・ミノキシジル配合濃度が5%のもの

があります。

このミノキシジル配合濃度が高いほど効果に期待できますが、女性や副作用の心配がある男性は1%のものを選ぶといいでしょう!

※女性に対するミノキシジル配合濃度5%の安全性の臨床検査が国内では行われておらず危険なため、女性はミノキシジル配合濃度1%の発毛剤を使用してください。

育毛サプリメントと主な成分について

育毛サプリメントとは、育毛効果があるといわれている"ビタミン"や"ミネラル"などの栄養成分の不足を補うための「栄養補助食品」です!

医師の処方が必要である薄毛治療薬とは違い、育毛サプリメントは医師の処方が不要でドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

病院処方の薄毛治療薬と比較してみると薄毛に対する治療効果は少ないですが、その分副作用などが出る危険性も低く、値段がリーズナブルな点から育毛サプリメントを服用してる方も多いでしょう。

ここからは育毛サプリメントの成分について代表的なものを3つ抜粋し、ご紹介したいと思います。

育毛サプリメントの成分① 亜鉛

《亜鉛の育毛効果》
髪の毛の発毛や育毛には細胞の新陳代謝が絶対条件です!

亜鉛は、細胞の新陳代謝に必要な200種類以上の酵素を構成するため絶対に欠かせない成分なんです。亜鉛が欠乏すると育毛どころか、抜け毛が増え薄毛になるという恐ろしい結果を招く可能性があります。

《副作用》
亜鉛を過剰に摂取し続けると鉄分や銅の吸収を妨げてしまい、神経障害や貧血などの症状を招く可能性があり危険ですので過剰摂取は避けましょう。

亜鉛は人間が活動するために必要な代謝の過程で働く酵素を構成する成分で、
絶対必要不可欠なミネラルの1種です。

人間の体内には数千種類もの酵素が、3大栄養素の炭水化物、脂質、
タンパク質の代謝や免疫力の強化などの化学反応に関与していて、
中でも亜鉛は細胞の新陳代謝に関わる200種類以上の酵素を構成する重要なミネラルです。

育毛サプリメントの成分② ノコギリヤシ

《ノコギリヤシの育毛効果》
ノコギリヤシエキスにはジヒドロテストロンの生成を抑えてくれる効果があります。

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの一種で、皮脂の分泌を活発にするので、毛穴を刺激して角栓が形成され結果として髪が生える入り口を塞ぎます。
この状態になると洗髪やブラッシングなどの刺激によって抜け毛が増えてしまうのです。

ノコギリヤシエキスを摂取すると、そんなジヒドロテストステロンが生成されるのを抑えてくれるので発毛や育毛の効果に期待できると言えるでしょう。

《副作用》
日本ではノコギリヤシは医薬品に認定されていないので副作用の研究はされておらず、特に副作用はないと言われています。

しかし、ヨーロッパでは医薬品に認定されているため、場合によっては副作用が出ることが解明されています。
具体的な副作用としては

・過敏症
・吐き気、便秘、下痢、腹痛
・頭痛、めまい、高血圧

この他にもEDを誘発する可能性があると言われています。

ノコギリヤシは北米大陸南東部に生息しているヤシ科のハーブです。
葉がのこぎり状になっているのが、ネーミングの由来です。

北米大陸のインディアンの間では、古来ノコギリヤシを食用にする習慣がありました。

ノコギリヤシを食用にしている人たちの間に、
前立腺疾患が少ないことに着目した学者によって、
ノコギリヤシの果実に含まれている脂肪酸の作用が
前立腺疾患に効果があることが解明されました。

現在ではノコギリヤシエキスは医薬品としてヨーロッパでは認可されています。

育毛サプリメントの成分③ イソフラボン

《イソフラボンの育毛効果》

イソフラボンの育毛効果は主に2つあります。

1つは、イソフラボンとジヒドロテストステロンが結合し、ジヒドロテストステロンとアンドロゲン受容体が結びつくことを阻害します。

ジヒドロテストステロンがアンドロゲン受容体と結びついてしまうと、毛母細胞の働きを抑え、髪の発育を抑制されることにより抜け毛が増え、ハゲになっていきます。
しかし、イソフラボンと結合したジヒドロテストステロンは、アンドロゲン受容体に結びつくことができなくなり抜け毛を減らして、育毛に繋げるのです。

2つめは、IGF-1(インスリン様成長因子)を体内で増やす作用があり、血管を広げてくれて髪の毛の成長に欠かせない新陳代謝を活発にしてくれます。

さらにイソフラボンの働きで刺激を受けることによって、毛乳頭でもこのIGF-1が生産され、毛母細胞にも好影響をもたらします。

《副作用》
基本的にはイソフラボンには医薬品のような副作用はありません。

しかし、イソフラボンを過剰に摂取は危険です!
イソフラボンを過剰摂取することでホルモンバランスが崩れたり、神経障害を誘発したり、胃腸機能が悪くなったすることがあります。

過剰摂取を続けない限り心配はないので、過剰摂取しすぎないよう気を付けましょう。

イソフラボンは大豆などのマメ科植物に多く含まれている、ポリフェノールの1種です。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があるので、
生活習慣やストレスによって体内に増えてしまう活性酸素を除去してくれるので、
生活習慣病などの予防と改善に効果的です。

活性酸素を除去してくれることで体が酸化することを防いでくれるため、
アンチエイジング効果があります。アンチエイジング効果によって、
体細胞を若々しく保てるので元気な体でいることが可能になります。

育毛サプリメントや育毛剤は危険?副作用について

今この記事を読んでいるならおそらく、

■動悸
■頭皮のかぶれやかゆみ
■EDなどの男性機能障害

上記のような育毛剤の危険な副作用を耳にしたことがありますよね?

事実として、副作用でこれらの症状が起こる可能性はあります。

しかし、コンビニに置いてある栄養ドリンクや薬局などで手に入る市販薬などにも副作用のリスクは必ずあり、育毛剤に限ったことではありません。

ですので「育毛剤だけが危険なものではない」ということを理解してくださいね!

副作用は誰にでも出るわけではない!「出る人」「出ない人」の違い

育毛剤に限らず、健康食品や薬などの体に何かしらの働きがあるものは、副作用が起こることがあります。

副作用が起こりやすい人というと、

・目的以外の場所に成分が作用してしまう
・アレルギーや持病などといった成分と相性が悪い体質
・間違った飲み方や使い方をしている
・体調が万全ではなく、成分が過剰に作用してしまう

などに当てはまっている方です。

つまり「副作用が出る」「副作用が出ない」は運で決まるという訳ではなく、起こりやすいケースを知って対策することで、副作用が出るリスクを回避できるんですよ!

あらかじめ副作用を防ぐには…

商品パッケージに記載されている「使用上の注意」を絶対に確認するようにしましょう!

育毛剤を含む医薬部外品には、パッケージまたは本体に必ず「使用上の注意」が記載されています。

副作用につながる使用方法や、使用を中断すべき症状など重要事項が書かれているので、使用する前にあらかじめ目を通しておくことで、副作用が出るリスクを抑えられます。

また、事前に「パッチテスト」をして、成分が肌に合うか確認しておきましょう。

パッチテストの方法
水に塗れると正しい結果が出ないため、入浴後に行いましょう。

①育毛剤をガーゼやコットンに少量付ける

②「①」を二の腕の裏に絆創膏や医療用テープを使って貼り付ける

③一晩そのまま放置する

▶翌朝、皮膚に異常がなければ「使用OK」
▶翌朝、かゆみやかぶれ、皮膚の赤みがあれば「使用NG」

もしも副作用が出たらどうする?

育毛剤や発毛剤の使用で、頭皮や肌の違和感や体の不調を感じた場合は、危険ですのでただちに使用を中断してください!

そして、なるべく早めに症状に合った診療科を受診するようにしましょう。

・頭皮のかゆみやかぶれ、フケなどが起こった場合は《皮膚科》
・動悸、発熱、男性機能の異常などが起こった場合は《内科》

また、育毛剤の副作用の症状は、他の病気でも出やすいため、診察では「育毛剤を使用した」ということを伝えることが大事です。
できれば、使用した育毛剤を持参すると良いでしょう。

育毛サプリや育毛剤の効果的な使用方法!

せっかく育毛剤や育毛サプリメントを使うなら、効果的に使いたいですよね?
ここからは、おすすめの育毛剤と効果が期待できる使用方法をご紹介したいと思います!

おすすめの育毛剤① チャップアップ

チャップアップは、頭皮に刺激を与えないためアルコールや防腐剤などの添加物は一切入ってません。
そのため、頭皮が弱っている人でも安心して使用する事ができます。

また、皮膚科医判定のもとでパッチテストやアレルギーテスト、かゆみや刺激を与えないか評価する低スティンギングテストを行っているため、安全性が高いといえるでしょう!

チャップアップを使用した人の口コミを見ていると、初期脱毛の報告がほとんど見られないので、初期脱毛が心配な人にもオススメ!

また、チャップアップには万が一肌に合わなかった場合、期間無しでの永久返金保証という制度があるので初めて育毛剤を使用する方にもオススメです。

おすすめの育毛剤② BUBKA ZERO

BUBKA ZEROは、定期的なリニューアルを繰り返し、常に進化し続けている育毛剤です!

一般的に育毛剤にはスーッとした爽快感を与えるために、成分にアルコールが含まれていることが多いです。
しかし、このBUBKA ZEROには、アルコールを含む紫外線吸収剤・シリコン・合成香料などの成分は配合されていません。
ですので、従来の育毛剤のスッキリ感が苦手な方にオススメです!

また、頭皮に関係のない成分を使用せず、育毛成分92種類を高濃度で配合することで高い実感力をもたらしています。

こちらも無添加・無香料ですので、頭皮が敏感な方でも安心して使用できるでしょう!

オススメの育毛剤③ イクオス

イクオスには、オリジナル成分の「Algas(アルガス)-2」が配合されています。
なんと、この「Algas(アルガス)-2」にはミノキシジルと同等の効果が期待できると言われているんですよ!

この「Algas(アルガス)-2」が配合されていることにより、早い育毛効果が望めると言われています。
「早く結果を出したい!」という方にはイクオスがオススメです!

その他、60種類ほどの成分が配合されており、薄毛のあらゆる原因にアプローチすることができます。
また、10種類以上の添加物をカットし頭皮への刺激を抑えた処方で、頭皮が敏感な方でも比較的安心して使用することができるでしょう。

育毛剤と育毛サプリメントは併用すると効果的!

さらに高い育毛効果を実感したい人には、これらの育毛剤と一緒に育毛サプリメントを服用することをオススメします!

育毛剤は外側から効果を出すように、育毛サプリメントは身体の内側から効果を出すようにそれぞれ作られています。

これらを一緒に使うことによって、身体の外側と内側、その両方から育毛に必要な成分を取り入れることができるため、より高い育毛効果が期待できるのです!

効果が期待できる育毛剤と育毛サプリメントの使用方法・危険な成分まとめ

育毛サプリメントや育毛剤の成分や副作用について・効果が期待できる使用方法やおすすめの育毛剤をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

育毛剤と発毛剤では、医薬品の成分が含まれている発毛剤の方が副作用のリスクが高いことが分かりましたね。
また、高い育毛効果を得たい人は育毛剤や育毛サプリメントをセットで使用することがおすすめです。

正しい対策をすることで副作用や危険のリスクを回避し、安全かつ効果的に育毛剤を使用していきましょう!

おすすめまとめ

関連するまとめ

ハゲてる芸能人の画像まとめ!薄毛の原因はストレス?遺伝?

皆さん薄毛だからと頭を隠したりしていませんか?今回は薄毛でもめげずに活躍している鉄板のあの人からまさかと思う…

yoshikawa / 1113 view

おかひじきの食べ方や栄養、保存方法まとめ

おかひじきは、海辺で自生していることからひじきという名前が付けられていますが、 海藻ではなく、緑黄色野菜の一…

SYOUTA / 2929 view

難しく考えなくても英語がわかる&話せるようになる4つのポイント♪

英語は苦手・・ でも喋れたほうが何かといいよね・・ なんてお悩みの人必見!! 難しく考えずに英語が話せるよ…

ののもこりん / 1750 view

懸垂の効果的なやり方とは?平均的にどれ位回数をこなせば筋肉がつく?

懸垂はぶら下がれる丈夫な物さえあればいつでもできる筋トレ方法です。折角筋肉を鍛えるなら、効果的なやり方でやり…

kuwaaml / 22508 view

知ってる?今さら聞けない敬語★基本編10

何問クリアできるか今すぐチェック!この敬語の使い方、本当に正しい?今回は、普段よく聞き慣れている敬語の中から…

mai5693 / 2135 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集