テニプリが面白いのはなぜか?

テニスの王子様 – ページ 2 – コミック速報

テニスの王子様 – ページ 2 – コミック速報

週刊少年ジャンプにて1999年から2008年まで連載されたマンガ『テニスの王子様』(通称テニプリ)は、2019年時点でシリーズ累計発行部数が6000万部を超える大ヒット作となっています。

現在はジャンプスクェアにおいて『新テニスの王子様』(通称新テニ)が連載されており、アニメ・映画・ミュージカルなど様々な分野でも大注目を浴びている作品です。

ここまで人気が出たら、誰が言わずとも「面白い」ということは伝わるでしょう。

しかし、テニプリの「何が面白いのか」については作品を愛する当事者にしか語れないものだと思います。

そこで今回は、テニプリの語り尽くせないまでの魅力について、とことん語りまくっていきます!!

アニメがとくに面白い!

筆者は小学生の頃からテニプリにハマりだし、現在に至ります。(笑)

初めはマンガを買うところから始まり、レンタルビデオ店でビデオを借りてアニメを楽しみました。

原作があるものにはよくありがちですが、「原作派」と「アニメ派」にファンが分かれることがありますよね。
テニプリはマンガ・アニメともに好きでしたが、筆者は断然アニメ派でした。

子供の頃は何も考えずにテニプリを観ていましたが、大人になった時になぜテニプリのアニメがこんなにも面白いのか、自分なりに答えが出たのです。

それは、「アニメオリジナルの話にハズレがない」ということです。

泣いて笑って恋をして、全部テニスで解決!

【テニスの王子様】越前リョーマといえばまだまだだね!キャラやライバルがいない理由を紹介

【テニスの王子様】越前リョーマといえばまだまだだね!キャラやライバルがいない理由を紹介

テニプリは、主人公の越前リョーマがテニスの名門校である中学校に入学し、全国大会で優勝するまでのストーリーが描かれています。

このリョーマがとにかく生意気な性格なのですが、テニスの腕前があり、部活の先輩たちや強豪校のライバルたちにもドンドン勝っていくのです!

テニプリは読後感が良く、揉め事が起きてもテニスで解決するのでスカッとする展開が多くあります。

思春期の男の子ばかりが登場する作品なので、時折凄まじいケンカをすることもありますが、基本的には「泣いて笑って恋をして、全部テニスで繋がる」といった内容なので平和的だと言えます。

ヒロインといい感じなのかそうでないのかが謎

テニプリは男の子ばかりでなく、ごくわずかですが女の子も登場します。

上記の画像の左側が主人公のリョーマですが、右側にいて顔を赤らめている女の子がヒロインの竜崎桜乃です。

原作には時々しか登場しませんが、アニメでは頻繁に登場し、何かとリョーマを気にかけています。

しかし、テニス一辺倒なリョーマはクールな性格もあって桜乃にほとんど笑いかけず、そんなリョーマの態度に桜乃は傷ついてばかり…。

ですが、この2人がお互いに恋愛感情を持っているかどうかが、全く分からない作りになっているというところに大きな魅力があります!

普通、どちらかが片想いをしていて、気持ちに気づいてもらえずヤキモキ…という展開なら、マンガとしてもよくある話ですね。

しかし、いいムードになったりしながらも、何も進展しないのがテニプリのアニメです。(笑)

ちなみに、リョーマは桜乃のピンチになると必ず駆けつけて助けるシーンがあるので、ヒーローとしての素質は十分にあります。(これもテニスで助けます)

他校生との絡みが濃厚!

第71話 デートだ!

第71話 デートだ!

テニプリはテニス部が舞台となっているので、当然他の中学校の生徒も登場します。
マンガでは主に試合のシーンや、同じ学校の生徒といる場面しか描かれていないことも多いですが、アニメではオリジナル作品で他校生との絡みがふんだんに加わるのです!

上記の画像は「自分の好きな女の子のことを、もしかしたらこいつも好きなのかもしれない!」と誤解してケンカに発展し、テニスで勝負をすることになります。

アニメでは「テニスも大切だけど、普段は平凡な一人の中学生なのだ」と思い出させてくれるシーンがたくさんあります。

常に真剣勝負のテニスをしているからこそ、休日の一コマが面白く表現されているのかもしれませんね。

推しが誰も死なない!

Talkypic

Talkypic

オタクは時として、自分が推しているキャラクターが亡くなるという悲しみに見舞われることがあります。

そのショックは想像を絶するものがありますが、テニプリはそれがありません。

部活内で死亡事故など起きたら全国大会どころではないので当然とも言えますが、ちょっと大きな怪我をしても、大体ケロッとしてすぐに治っています。

大病を患い、それを克服したキャラクターもいます。

部長たちが精神的に大人

劇場版テニプリ☆部長's

劇場版テニプリ☆部長's

さらにテニプリは部活モノなので、テニス部を取りまとめる個性豊かな部長たちが存在します。

作品では部長が試合をする前に決着が着く場合が多いですが、アニメでは部員を思いやる姿や、部にかける熱い想いなどが語られるシーンも作られています。

こんな部長がいたらいいな、と心から思える

【テニスの王子様】橘桔平の強さと過去を考察!千歳千里との関係や声優情報も

【テニスの王子様】橘桔平の強さと過去を考察!千歳千里との関係や声優情報も

とくに不動峰中学校の橘桔平部長(画像中央)は、テニプリの中でも部員から最も尊敬されている部長と言っても過言ではありません。

この中学校は橘部長が転校してくる以前、実力もないのに下級生に無理難題を押し付けて暴力を振るう先輩や、ひどすぎる顧問がいました。

しかし、それを橘部長が身を呈して部員たちを守り、顧問や先輩たちを殴り飛ばして新たなテニス部として再出発を果たしたという経緯があります。

アニメでは、橘部長がテニス雑誌の記者にそのことを話すシーンが加わっており、単純に怒りに任せた暴力ではなかったということが強く印象付けられています。(もちろん、暴力はよくありませんが…)

その後、顧問なしで不動峰中は全国大会まで出場しているので、橘部長の器の大きさなどから、「こんな部長がいたらいいな」と心を鷲掴みにされたファンも多かったはずです。

もちろん橘部長以外にも、キャラが濃すぎて最高の部長ばかりですよ!

テニスを全くしない回がある!

ずーっとテニスをしているかと思いきや、時にはテニスの下りがまったくないアニメの回もあります。

大会後、みんなでワイワイ騒ぎながら焼肉を食べたり、テニスではないスポーツを楽しむこともあるのです。

ボーリングの王子様

テニスの王子様 | Netflix (ネットフリックス)

テニスの王子様 | Netflix (ネットフリックス)

ある大会後の休みは、みんなでボーリングにやってきました!

ちなみにこの回ではアニメの途中、「今回、テニスシーンは全く出てきませんが、この番組は間違いなく『テニスの王子様』です!」というセリフも出てきます。

ビリヤードの王子様

twitter

twitter

こちらはビリヤードをしています。

リョーマはビリヤードが初めてなのに、何だかんだで優勝してしまいました。

球技大会では卓球を選ぶリョーマ

第70話 テニスvsピンポン

第70話 テニスvsピンポン

彼らが中学生であることをつい忘れてしまいそうですが、学校の行事で球技大会が開催された時にリョーマは卓球を選びました。

卓球はテーブルテニスとも呼ばれていますが、強い選手を相手にリョーマは圧勝しました!

ビーチバレー…ん?

アニメを観ていないと、「え、どんなシーン!?」と思えるような画像ですが、生徒の顔の上にどっかり座っている2人はそれぞれの学校のテニス部顧問です。(くどいですが、おじいちゃんも顧問なんです!)

ちなみに、ビーチバレーに関してはアニメで2回も行われており、1回目は完全なアニメオリジナルストーリーですが、次は原作に沿った内容がアニメとして放送されています。

このように、テニスではないものも全力で楽しむ中学生たちを、応援せずにはいられなくなってしまうのがテニプリの魅力なのです!

アニメ『テニプリ』についてのまとめ

テニプリ~六角との合宿、ビーチバレー大会の話

テニプリ~六角との合宿、ビーチバレー大会の話

テニプリのアニメに対する熱い想いを語らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

テニプリは登場人物のルックスが良いことで知られており、ファンも女性が中心です。
しかし、見た目の華やかさ以外にも、テニスにかける情熱や強くなりたいと願う向上心、人としての成長する姿も見られるので、ある程度大人になってから観るとまるで母親のような視線で見てしまいます。(笑)

ご紹介したもの以外でもアニメオリジナルストーリーはまだまだあるので、興味のある方はぜひ一度視聴してみてはいかがでしょうか。

おすすめまとめ

関連するまとめ

【菅田将暉&二階堂ふみカップル】熱愛否定!?交際報道について真相は...

11日発売された写真週刊誌「フライデー」で、女優二階堂ふみ(21)とのWデート・交際が報じられていた俳優菅田…

Seira / 3127 view

フォロー必至!仮想通貨の情報収集におすすめ有名ツイッターユーザーたち

ツイッターを制する者は仮想通貨を制す!とは言いすぎではないかもしれないくらい仮想通貨におけるツイッターの情報…

とっすぃ / 626 view

【注目】都市型ミュージックフェス”ULTRA JAPAN 2016”が今年もお台場で…

2年前に初めて日本に上陸した、都市型フェスティバル「ULTRA JAPAN(ウルトラジャパン)」。海外の有名…

putyourhu / 3050 view

内山信二子役時代の10歳で月収3000万!16歳でドン底に

お笑いタレントの内山信二は元子役として大変人気がありました。子役として人気絶頂だったときはなんと月給3000…

akkkkun / 3194 view

「ドキドキする人」と「落ち着く人」ならどちらと付き合うべき?

「目が合うだけでドキドキする人」と「ドキドキ感はないけど一緒にいて落ち着く人」、全く違うタイプの二人。どちら…

hitsuji / 4012 view