深い悲しみを感じていませんか?

これまで生きてきた時間の中で、まったく悲しみを感じたことがないという人はいないでしょう。

明るく楽しい時間ばかりが過ごせたらそれが一番良いですが、人生は時として、慟哭するほどの深い悲しみに包まれることもありますね。

それも、ほんの少しのショックなら良いですが、悲しみによっては大きく胸に刻まれてしまい、なかなか抜け出すことができないこともあると思います。

そのような時は、どうすれば良いのでしょうか?

早く忘れるに限る

悲しいことがあったら、とにかく「忘れること」がベストです。

もちろん、いきなりすべてを忘れることは厳しいので、ゆっくりと時間をかけて忘れていきます。

では、実際にはどのようなことをするのかを見ていきましょう。

心が軽くなる方法をチャレンジしてみる

誰しも悲しみを忘れるために、心が軽くなる方法を知りたいと思っているはずです。

なぜならば、誰も好き好んで苦しい状態に自ら陥ろうとは考えていないからです。

「心が軽くなる方法」として、次のことを試してみてはいかがでしょうか。

悲しみを忘れる方法その①思い切り泣く

多くの人は幼い頃から、「泣いてはいけない」と言われてきたかもしれません。

しかし、悲しい出来事が起きた時に悲しみを押し殺してしまうことは、本当は良くないのです。

我慢することによってその悲しみに心が支配されてしまうので、忘れるどころかますます胸に刻まれてしまうでしょう。

悲しみを忘れるためには、まずは「思い切り泣く」ことがおすすめです。

ちなみに、悲しみにどこまでも浸ることが心の回復を早めるのだそうです。

悲しみを忘れる方法その②「早く立ち直らなければ」と思わない

悲しみに暮れている時に、「いつまで落ち込んでいるの」「早く立ち直った方が良い」といらない助言をしてくる人がいます。
しかし、悲しんでいるのはあくまでも自分自身です。

いつまでに立ち直るかは、自分で決めて良いのです。

逆に心配してくれる周囲を気遣うあまり、自分自身で「いつまでには立ち直って、明るく振る舞わなければ」と考えてしまう人もいるでしょう。

ですが、急いで悲しみを忘れるようにしても、その場は立ち直ったように見えて、あとで再び反動がきます。

自分の気持ちを大切にして、決して急いではいけません。

悲しみを忘れる方法その③楽しめる趣味を見つける

もの凄く悲しい時にいきなりできることではありませんが、比較的悲しみが浅かったり、他のことも楽しむ余裕が若干できたのであれば、心から熱中できる趣味を見つけるのも良いでしょう。

今までどおりの趣味でも良いですし、まったく初めてのことにチャレンジしてみるのも良いです。

もしかしたら悲しみを乗り越える材料になるかもしれませんし、趣味が楽しすぎて辛かったことを忘れるきっかけとなるかもしれません。

悲しみを忘れる方法その④周囲に分かってもらえなくても気にしない

自分が落ち込んでいる時、周りの人に気持ちを理解してもらえると幾分が心が楽になります。
ですが、中には全然悲しみを理解してもらえず、二重に苦しむこともあるかもしれません。

ですが、自分以外の人の気持ちを本当に理解することは難しいものです。

そのため、理解してもらえないことにあなたが落ち込む必要はありません。
「気持ちを100%理解してもらうことは難しいのだ」と割り切っておくと良いですね。

悲しみを忘れる方法その⑤信頼できる人に相談する

悩みや悲しみを、一人では到底抱えきれないこともあるかと思います。
そのような時には、自分が最も信頼できる人に相談してみるのも手です。

相手がこちらの悲しみに寄り添ってくれることで、徐々に忘れることができるでしょう。

また、誰かに話してみることで見えてくることもきっとあるはずです。

そもそも、なぜ忘れられないのか?

悲しいことや辛い過去など、すぐさま忘れることができたら一番楽ですね。

しかし、その悲しみを忘れたいのにどうしても忘れられず、何度も思い出してしまうことはないでしょうか?

そこには、こんな理由があるようですよ。

脳が思い出そうとしてしまう

辛いことは忘れたいから、脳は余計なことをするなよ…と思ってしまうかもしれませんが、「もう二度と思い出したくない」「早く忘れたい」と思うからこそ、あえて脳は思い出そうとしてしまうようです。

これは自分では無意識に行なっていることなので、なかなか苦しいですね。

気持ちの整理ができていない

想像を絶する辛いことが起きた時、いつまでも気持ちの整理がつかずにぐちゃぐちゃな感情が湧いてくることもあるでしょう。

悲しみを忘れることができない理由の一つとして、自分の心の中がモヤモヤしているからというのがあります。

どこかで納得していない場合は、気がつくと悲しみの原因などを考え続けてしまいます。

自分に優しくしてあげよう

悲しい時、人は誰かに優しくしてほしくなってしまいます。

しかし、他の誰かに頼らなくても、自分で自分に優しくしてあげることもできるのです。

自分を責めてはいけない

自分に厳しい人は落ち込んでいる自分が許せず、どうしても自分を責めてしまいがちだと思われます。

ですが、自分が悲しみに暮れている時はトコトン自分の心に寄り添って、「気が済むまで泣こう」と思ってワンワン泣いて良いのです。

自分を甘やかしすぎることは良くないですが、自分に優しくすることは何も問題ありません。

ただ、あまりにも悲しみが深すぎてどうにもならない時は、然るべき病院を受診するなどしましょう。
そして医師の診断を仰ぎ、適切な治療を受けて回復を待ちましょう。

悲しみを忘れる方法についてのまとめ

長い人生の中で、時として自分ではどうすることもできないほどの深い悲しみに囚われることが誰しもあるでしょう。

その時に、自分の心とどう向き合っていくかが大切になってきます。

辛い記憶は忘れることが一番です。
そのために「思い切り泣く」ことや「早く立ち直ろうと思わない」こと、「周囲の人に理解してもらえなくても気にしない」こと、「信頼できる人に相談する」ことなどが重要となってきます。

もしも心が軽くなってきたら、気分転換に「楽しめる趣味を見つける」のも良いでしょう。

そもそも悲しい記憶は、忘れよう忘れようと思うほど胸に深く刻まれてしまい、なかなか忘れられないという悪循環に陥ってしまいます。

自分の気持ちが誰に分かってもらえなくても、自分だけは自分を心から大切にしてあげることができます。

泣くのはいけないことでは決してないので、気が済むまで泣いて、また歩き出せるようになると良いですね。

おすすめまとめ

関連するまとめ

『兄弟差別』はなぜ起こる?子供の将来への影響と親への対処法まとめ

同じ親から同じように育った兄弟であっても、『兄弟差別』を感じている子供は多いです。一体なぜ、そのようなことが…

ari_na / 267 view

「水素」が人体にもたらす効果って、一体どんなもの?

現在「もっとも軽い物質」であるとされている水素。この物質が人体にもたらす作用について調べてみましたのでご覧下…

Temps / 1965 view

うさぎと一緒に暮らしたい♡人気の種類や飼い方を解説!

ちかごろ、人気ペットのランキングにも入っている「うさぎ」。小学校で飼っていたイメージがありますが、実はもっと…

dftftrtrr / 494 view

遺品整理・不用品回収業者おすすめ7社【名古屋編】

大事な思い出が詰まっている遺品…。処分しなくてはいけないと分かっていても、出来るだけ大切に供養したいですよね…

びたちょ / 5551 view

安く医師免許がとれちゃう方法!

医学部ってお金がかかる…奨学金制度を使えば、そんなことはありません。頑張れば、種類によってはあんまり頑張らな…

まきまき / 2856 view