嫌いな食べ物はありますか?

皆さんこんにちは!
突然ですが、皆さんの大好きな食べ物とはなんでしょうか?

お寿司やハンバーグ、ケーキにパスタ、カレーライスなど、この世には美味しいものがたくさんあり、自分の好物を食べることを想像しただけでもお腹が空いてしまいそうになりますね。

しかしそれとは反対に、皆さんは”嫌いな食べ物”はありますか?

嫌いな食べ物はないならそれが一番良いのですが、様々な事情により、どうしても食べることができないものが一つや二つはあることでしょう。

とくに嫌いな食べ物としてよく名を連ねるのが、次のような食材です。

納豆、トマト、レバーは常連…

嫌いな食べ物のランキングなどで、必ずと言っていいほど上位にランクインしてしまうのが、「納豆」や「トマト」、「レバー」、「シイタケ」、「セロリ」です。

これらが大好きな人たちからは、どこが嫌なのか想像もつかないと思いますが、苦手な人たちは理由として匂いや味、食感などが合わないのだと挙げています。

さらに、嫌いな食べ物があるのはとくに小さな子供という印象が強いかと思います。
そこには、こんな理由があるとされているのです。

好き嫌いはお母さんのお腹の中にいる時からある?

味を数値化するサービスを行っている『株式会社味香り戦略研究所』のデータによると、人間が”食”についての学習をしているのは、何と母親のお腹の中にいる時から既に始まっていると考えられているのだそうです。

なぜ、まだお腹の中で育っている赤ちゃんが、そのことを感じられるのでしょうか?

羊水に溶け込んだ味や匂いが分かる?

驚いたことに、お腹の中にいる赤ちゃんは、「羊水に溶け込んだ味や匂いで学習している」とされており、生まれたあとも母乳を介して、母親の食事の匂いを感じているのだと言われています。

赤ちゃんにとって母親の存在はとても大きなものであり、生まれたばかりで幼くても、母親が食べている食品の香りがするものは安心だと認識するのだとか。

これが事実だとすると、人間の遺伝子の奥深さがより実感できますね。

どうすれば克服できる?

それでは、嫌いな食べ物はどうすれば克服できるのでしょうか?

ここで大切なことは、いくら克服したくとも、本当に嫌いで仕方ない食べ物は「無理して食べない」ことです。

もちろん、アレルギー反応が出てくる食べ物も、命に関わる危険性があるので必ず医師の判断に従ってくださいね。

克服方法その①まずは口に入れてみる

嫌いな食べ物を克服する第一歩として、まずは「少しだけ口に入れてみる」という方法があります。

いきなりたくさんを口に詰め込みすぎると精神的にも苦しくなると思うので、ほんの少量からスタートしてみましょう。

そして、「飲み込まずに味だけを確かめる」というところがポイントです。

徐々に含んでいくことで、嫌いな食べ物の味や食感に慣れていきます。
あまりにも強い吐き気などがする場合は、無理して継続しなくてOKですよ。

克服方法その②好きな食べ物と一緒に食べてみる

嫌いな食べ物をどうしても食べなくてはならない場合、その食材よりもさらに香りが強いものと一緒に食べてみたり、様々な調理法を駆使して食べた経験はないでしょうか。

嫌いな食べ物は、「必ずしも単体で食べなくても良い」のです。

克服するために好きな食べ物と一緒なら食べられるというのも良いですし、苦手な匂いや食感がなくなる調理法を知っていれば、ひと手間加えて食べるのもおすすめです。

国民的人気マンガ『ちびまる子ちゃん』の原作者であるさくらももこ先生は、子供の頃から納豆が大嫌いだったそうです。
しかし、健康のために納豆を食べる決意をし、刻んだシソやマヨネーズなどで和え、それを海苔で巻くという工夫を続けて食べたところ、納豆が大好物にまでなったとエッセイに綴っています。

つまり、料理は工夫が肝心なのです。

これが功を奏して食べられるようになり、「なぜこの食べ物が嫌いだったのか思い出せない」というレベルまでなったら、それは凄いことです。

克服方法その③嫌いな食べ物を最高のバージョンで食べる

よく、レバーが嫌いだという人に対して、レバーが大好きな人は「本当に美味しいレバーを食べたことがないからだ」と熱く語ることがあります。

確かに、嫌いになってしまった食べ物を初めて食べた時、言葉は悪いですが粗悪品や傷んでいるものなどを食べてしまったら、その食品に対する評価は下がってしまいますよね。

何も高級品を用意する必要はありませんが、「嫌いな食べ物を最高のバージョンで食べる」ということも克服する方法としては有効です。

例えばレバーなら、レバー好きがおすすめするお店のものを食べてみるのも良いですし、野菜であれば最も旬な時期に収穫されたものを食べるのがベストです。

嫌いな食べ物を最もおいしくする調理法などをインターネットで検索してみても良いでしょう。

嫌いな食べ物に挑戦したあとは…

嫌いな食べ物を、克服しようと思ってチャレンジする姿勢はとても素晴らしいものです。

本当なら、嫌いな食べ物は別に食べなくても、大げさに言ってしまえば死ぬことはありません。

それでも克服しようと立ち上がった方は、大きな決意だったと思います。

頑張って食べたあとは、どうすれば良いのでしょうか?

無理に好きにならなくて大丈夫

大人であれば、何をどう食べるかはすべて自分の判断で決められるので、嫌いな食べ物を食べなくても見とがめられることはほぼないと言えるでしょう。

しかし子供の場合、好き嫌いはいけないことと叩き込まれている風潮があるため、保護者も子供の将来を思って焦って克服させたいと考えてしまうかもしれません。

ですが、嫌いな食べ物を無理に好きにならなくても大丈夫です。

やれるだけのことをやっても食べられなかったら、あとは自然に任せるしかありません。
「もしかしたら、将来的には食べられる日が来るかも…」というくらいの気持ちで、気楽に過ごしていきましょう。

嫌いな食べ物の克服についてのまとめ

ひと昔前まで、好き嫌いは絶対にいけないことという考えが深く根付いていたことから、子供は給食を残すことを固く禁じている学校もたくさんありました。

もちろん、食べ物は残さないことが一番良いです。
しかし、無理やり食べさせることでトラウマになってしまうということもあり、今ではそれらも徐々に緩和されてきたように思います。

嫌いな食べ物を克服するためには、様々な方法があります。
子供の頃は何があっても絶対に食べられなかったのに、大人になったら急に食べられるようになり、大好きになったものもある人も多いはずです。

このように嫌いな食べ物は、克服しようとチャレンジしたあとは、それ以上の無理をしないことが肝心です。

「ちょっと食べてみようかな」という気軽な気持ちで、少しずつ食べてみてはいかがでしょうか。

おすすめまとめ

関連するまとめ

ハーゲンダッツの抹茶好き大注目!!新作と定番グリーンティを比較してみた

アイスの中でも不動の人気を誇る「ハーゲンダッツ」。この中でもグリーンティーはバニラと同じくらい大人気。そんな…

sasapan / 3016 view

個性的な料理が楽しめる小さなお店・上戸田公民館前「ダンデライオン」

ちょっと個性的な洋食が食べたい……。そう思ったら、ぜひ戸田公園へ!オリジナリティあふれるユニークな料理と、ス…

なっち / 1246 view

心ときめく♥オシャレな渋谷のカフェ&ランチ♥厳選店紹介!!

渋谷に行ったら絶対行きたいオシャレ人気カフェ!女子会はもちろん、カップルにもオススメなカフェもたくさんご紹介…

Seira / 5472 view

日本百名山へ登ろう!

百名山は低い山から高い山と様々で難易度も山によって違う。登りやすい山は日帰りでも行ける所もあるが、山小屋やテ…

musijinn / 20501 view

芸能人もよくいる話題の「バーレスク東京」が六本木でダンサー大募集!!

海外で絶大な人気を誇るエンターテイメントショー「バーレスク」が眠らない街・六本木に上陸しました!!今回、ダン…

CURASSY編集部 / 32903 view