お香は古くから日本で親しまれてきた伝統文化の一つ。
近年は、アロマや香水、海外製のお香なども出回る一方、日本製のお香の魅力も見直され始めています。

日本製のお香は、スティック(棒状)とコーン型(円錐状)が人気で、心を落ち着かせたり気分を変えてくれる香りがたくさんあります。

あなただけのお気に入りの香りや焚き方を見つけて、「お香のある生活」を楽しんでみませんか?

日本製のお香の魅力とは

アロマや海外製のお香が出回る一方で意外と知られていない日本製のお香の魅力。
心を満たし癒してくれる「至福の香り」を見つけてみませんか?

お香の歴史はいつから?

お香の歴史はなんと今から1500年ほど前!飛鳥時代に日本に仏教が伝わった際に一緒にもたらされ、仏教の儀式などで使われるようになりました。
そのため、お寺の護摩焚き(ごまたき)のように邪気を払う効果があるとされていたようです。

お香を優雅に愉しむようになったのは、平安時代に貴族の文化が栄えたころ。お部屋にお香を焚いたり、衣服や髪などにも香りをくぐらせました。

手紙に香りを残して和歌のやり取りを楽しんだのも有名な話。今でいうと、香水のようなものですね!

茶道や華道だけじゃない!「香道」の成立

その後、室町時代に日本文化を愛し高めた室町幕府の八代将軍足利義政が「香」を芸道の一つとしました。

そこから「香道(こうどう)」は、茶道、華道、書道と同じように日本文化の一つとして受け継がれてきたのです。

香道とは、さまざまな香木を聞き比べるもので、今でいう「利き酒」のようなもの。日本独特の四季や日本人の持つ豊かな感性によって、流派ができるほど極められていきました。

お香の使い方は時代によって変化!

江戸時代に入ると、一般の庶民にも香道が広まり、スティックタイプお香である線香が製造されるようになります。
線香は、「仏前に供えるもの」というイメージが強いかもしれませんが、当時は線香の長さで時間を計るなど「時計」としても使われていました。

明治以降になると、さまざまな国の文化が入ってきたことにより残念ながら日本独自の「香の文化」は薄れていきました。

しかし、気分を落ち着かせてくれる「日本製のお香の魅力」は消えることなく受け継がれ、今も人気があります。

現代のお香の魅力とは

昔と違い、今はたくさんのお香があり、そのぶん色んな楽しみ方があります。
現代のお香の楽しみ方や、お香の効果などについてご紹介します!

お香の深い香りは、心身のバランスを整えてくれる!

良い香りは、自律神経や免疫力を高め、ホルモンの分泌をうながしてくれる作用があります。
良い香りをかぐと良い気分になりますよね?
心地よい香りはストレスを緩和させる効果があり、心と体の安定にもつながります。

心身に深く行き届くお香の香りはリラックスしたいときはもちろん、生活に香りを取り入れることでいつでも心地よい気分になれるのです。

香りは脳にも影響する!?

香り(嗅覚)と脳が直結しているのはご存知ですか?
香りは鼻を通って脳に伝わるため、香りは「印象」として記憶に残りやすいとされています。以前かいだことのある香りをかいだときに、記憶や感情がよみがえることがあるのはそのためです。
記憶力や集中力を高めたいときにお香を焚くのもいいですね。

お香で季節を味わう

お香は古くから儀式に用いられてきました。日本には季節ごとに行事があり、移ろいゆく四季を愛でる文化があります。

春なら桜や菖蒲(しょうぶ)、夏ならハッカ、秋なら菊や金木犀(きんもくせい)、冬ならゆずなど、お香で気軽に季節感を味わうことができます。
四季の移ろいを香りとともに楽しむことは、感性を高め磨くことにもつながります。

日本製で人気のお香は?

古くから日本に伝わるお香の中でも、人気の高いものをご紹介します。
日本人の心を癒してくれる「日本製のお香」とは、一体どのような香りなのでしょうか?

日本製のお香の代表的な香りは、「香木」系

日本で古くから親しまれてきたお香で有名なのは、大陸から伝わった伽羅(きゃら)、沈香(じんこう)、白檀(びゃくだん)の3つです。香木という木材から取れる香りで貴重なものでした。日本製のものでは最も古いものとなります。

・伽羅
アロマでは「サンダルウッド」の名でよく知られています。ベトナムから伝来したもので、数千年以上も酸素に触れず発酵した香木は貴重なものだったとされています。

・沈香
東南アジア伝来の香木。産地によって香りの特徴があり、タイやベトナム産は甘く、インドネシア産は苦みのある香りが特徴です。歴史は最も古く古典などにも登場します。

・白檀
インド原産で、爽やかで甘い香りが特徴です。抗菌作用や精神を沈めてくれる効果があったため、仏教とも結びつきが深く、高貴な香りとされてきました。日本製のものの中でも人気があります。

日本製では自然派系のお香が人気!?

先に挙げた「香木系」だけでなく、森の中にいるような爽やかな香りが楽しめるティーツリーやローズウッド、ヒノキなどそのほかの「樹木系」も人気です。

また、木の樹脂から取れる、フランキンセンスも女性に人気の香りです日本製の名前は「乳香(にゅうこう)」といって、甘く深い香りが特徴です。

爽やかなハーブ系も人気!

ユーカリ、バジル、ローズマリー、セージ、タイム、フェンネルなどのハーブから抽出された香りは爽やかな香りとで抗菌作用が強いのが特徴です。

ハーブはアロマのイメージが強いかもしれませんが、日本製のハーブ系の香りも増えているので、ぜひお試しください。

フローラル系と柑橘系は女性に人気!

日本製のお香の中でも、女性に人気なのはやはりフローラル系と柑橘系!
お香の老舗からもたくさん出ているので、いつもの香りをお香で楽しんでみるのはいかがですか?

・フローラル系
特に人気なのがローズ、ジャスミン、ラベンダー。花の香りがアロマよりも深く濃く香るのが特徴で、しっかりと香りを楽しめます。
ストレスや緊張をほぐす効果があるため、リラックスしたいときにもオススメです。

・柑橘系
オレンジ、グレープフルーツ、レモンなど柑橘系のナチュラルな香りは目覚めにピッタリ。オレンジは中国で4000年以上の歴史がある香りだそう。日本製ではゆずの香りなども楽しめます!

スパイス系とエキゾチック系で、いつもと違う雰囲気に!

日本製独特の優雅な香りもよいですが、気分を変えたいときはスパイス系やエキゾチック系もオススメです!

・スパイス系
シナモン、クローブ、コリアンダー、ブラックペッパーなどは、ポジティブな気分になるだけでなく、集中力も高まります。勉強や仕事など、脳を活性化させたいときにピッタリです!

・エキゾチック系
イランイラン、サンダルウッド、マヌカ、パチュリなど、リゾート感のある異国風の香りはいつもと違う気分が味わえます。

お香の焚き方について

お香は、スティックとコーンが主流。
スティックはコーンに比べ種類が多いのが特徴です。
渦巻タイプもありますが、一人のお部屋でも焚きやすく、手軽に始めやすいのはこの2つです。
お香の焚き方はとてもカンタン!お香さえあればどなたでもすぐに楽しめます。

お香の焚き方の基本

お香の焚き方といっても、難しいことは何ひとつありません。
まず、スティックタイプの場合はお香立てと受け皿、コーンタイプの場合は受け皿を用意しましょう。

あとは、以下の注意点に気をつけて、きちんと火がつけられればOKです。

・お香を焚くときは、換気をする
室内を締め切らず換気をすることで風通しがよくなり、浄化力が高まります。

・安全な場所で焚く
火を使うので、燃えやすい物は近くに置かないように気を付けましょう。火事をふせぐためにも不安定な場所には置かないようにしてください。
スティックタイプは倒れないようにしっかり安定させましょう。

・エアコンなど、直接風が当たる場所で焚かない
エアコンの下でお香を焚くと、風によって煙が揺らぎやすくなります。
風が直接当たる場所は避けてふわりと香りを楽しむのがおすすめです。

スティックタイプのお香

スティックタイプ(棒状)は、日本製で最も人気のお香で種類が一番多いものです。
上から下まで太さが同じなので、燃えている面積一定で香りが全体に均一に広がるのが特徴です。

7cmくらいのスティックだと10~15分ほど楽しめ、燃え切ったあともしばらくは香りが残ります。
コーンと違うところは、スティックタイプは折って時間を調節できるところです。初心者でも使いやすいので、好きな焚き方を見つけて短時間で楽しむのもいいですね!

スティックタイプのお香とお線香の違いは?

お香とお線香は、どちらも香りをスティック状に固めたものです。
お線香というと仏壇にお供えするイメージが強いかもしれませんが、気に入った香りがあればお線香で楽しむのもよいでしょう。

伽羅、沈香、白檀などの香木が使われている日本製のお線香も多いので、お香の香りが強すぎるという方はお線香を使うのもオススメです。

コーンタイプのお香

小さくて形がかわいいコーンのお香は、持ち運びしやすく灰が出ないのがいのが便利なところ。
ただし、コーンタイプは下にいくほど香りも煙も強くなり、燃え切るまで均一に香りを楽しむことはできません。コーンタイプは途中で消すこともできないため、一度火をつけたら5~10分は燃えたままになります。

短時間で強い香りを楽しみたい方にはコーンタイプがよいかもしれませんね!

日本製で人気のお香や焚き方についてのまとめ

日本製で人気のあるお香や、焚き方など、お香の魅力についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
日本で古くから親しまれてきた香りはもちろん、現在はアロマで馴染みのある香りも手軽に楽しむことができます。
スティックタイプでもコーンタイプでも、お好きな香りをお好きなときに自分らしく楽しむのが一番です。ぜひ、香りのある生活を楽しんでくださいね!

おすすめまとめ

関連するまとめ

焼酎の賞味期限は未開封と開封後で違う?10年以上持つのは森伊蔵?

未開封のまま寝かせてあった焼酎。お酒が強いわけじゃないから飲み切るには時間がかかる...開封後はゆっくり楽し…

tanoue / 1655 view

「えっ、そんな事に効果が?」意外な薄毛予防の方法について

抜け毛に有効なのは適切な予防、そして対策です。何気ない日常生活の見直しで出来る、抜け毛の予防方法をご紹介しま…

Indiuniex / 1218 view

モテたい男子必見!好感を持たれやすいアイテムまとめ。

今回は”安く済む”をコンセプトに持っていると好感を持たれやすいアイテムを多数ご紹介します!大学生男子必見!こ…

Akariii320 / 4813 view

iPhoneのSuicaで改札を通る時にエラーが!?「もう一度タッチしてください」防…

iPhoneで電車に乗れる!ようになってから3年が経ちました。カードや財布をわざわざ出さずに電車に乗ることや…

harassy / 1239 view

【無料】商用利用可◎大人気のフリーフォントを3つ集めてみました!

人気のあるフリーフォントのなかから、無料で商用利用も可能なものをいくつか集めてみました!

blues / 2868 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集