男性の悩みとしてあるAGA(男性型脱毛症)は、昨今様々な治療薬が開発され効果が立証されています。

AGA治療は保険対象外なので費用が高くついてしまいます。

治療薬の効果と費用の相場から、どの治療法が最適なのか?

副作用はどのようなものがあって、実際危険なのか?

他の薬との併用に対するリスクや治療の辞め時はいつなのかをご紹介していきます。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとは?

AGAとは?

AGAとは男性の頭頂部当たりの毛髪が弱くなり薄くなる症状のことを言います。

髪の毛の質が変わり、硬い毛から軟らかい毛になって短くなることから症状が見られます。

身体上の健康には特に問題ありませんが、異性から不潔に見られたり、老けて見られてしまうという外見上の問題が発生します。

AGAの原因は?

AGAの原因としては、遺伝によるもの、生活習慣の乱れ、ストレスなどがありますが、主たる原因として男性ホルモンが影響しています。

男性ホルモンである『DHT(ジヒドロテストステロン)』が高濃度になると育毛過程が乱され症状が発生します。

髪の質が軟らかく短く変化することで、AGAの症状が現れます。

AGAの治療法

AGAの治療法

AGAの治療法

治療は医師による問診と視診によって診断されます。

AGAは男性ホルモンを原因としているので根治できるものではなく、永続的に治療していくものです。

治療の方法や費用の相場、リスクについて把握しておく必要があります。

また、効果が出なかったときの辞め時の見極めも必要です。

育毛にはサイクルがあるので、効果が一瞬で劇的に出るものではありません。

効果を実感するために、数か月の治療が必要です。

治療の費用相場は?

治療の際に使用する薬や検査の内容にもよりますが、診断の一般的な費用の相場(薬代含む)としては1カ月で『20,000円~35,000円前後』と言われています。

治療の辞め時はいつ?

AGA治療は男性ホルモンを抑える治療なので根治はできません。

髪の毛が生えてきたからと言ってその時が辞め時というわけではありません。

毛はふさふさになったので辞め時と判断してしまうと、再び症状が再発・進行してしまいます。

効果がない治療の辞め時はあります。

治療の効果は数カ月後に見られるため、治療開始1年経っても効果が出ない場合は治療の辞め時と判断されます。

その場合は別の薬を試してみる段階です。

治療薬の種類は?

昨今、様々な種類の治療薬が開発されているので、その効果、費用、副作用をご紹介していきます。

プロペシア

プロペシア

プロペシア

プロペシアはアメリカの医療品メーカーによって開発されたAGA治療薬の中では最も一般的な治療薬です。

世界の60カ国以上で使用されており、効果も立証されています。

プロペシアはAGAの原因とされている男性ホルモン『DHT(ジヒドロテストステロン)』の発生を抑え、育毛サイクルを正常にします。

効果はAGAの症状進行を止めるだけでなく、改善する治療薬として知られています。

プロペシアの効果は?

プロペシアの効果としては、使用して半年で90%以上の進行が抑えられ、その中で約50%が症状の改善を実感しています。

3カ月ほどで抜け毛がなくなっていき、産毛が生えてきます。

6カ月ほど経過すると産毛が太く伸びるようになり、1年を経過した頃には抜け毛は減り、後退していた部分の毛にボリュームを感じることができます。

使用期間が長くなればなるほど改善の効果は高くなり、3年使用すると70%以上が改善を実感するようになります。

プロペシアの相場は?

プロペシアの費用相場は、1錠250円程度で1カ月にすると7500円前後となります。

プロペシアの副作用は?

プロペシアの副作用として、性欲減退と勃起機能不全の症状が報告されていますが、割合としては2%以下です。

プロペシア錠は併用が禁止されていない薬なので、上記のような副作用が心配される場合はED治療薬で対策することも可能です。

プロペシアは肝臓で代謝されるので、負担がかかり肝機能障害を起こすという副作用も報告されています。

肝機能に問題がある方は事前に医師に相談する必要があります。

プロペシアの辞め時は?

プロペシアの効果は3カ月~6カ月で見られるので、効果が出なかった時の辞め時は6カ月を基準としています。

完治できるものではないので、自己判断で辞め時を決めてしまって勝手に止めてしまうとAGAの症状が進行してしまいます。

薬の飲み方や飲む頻度で症状が改善しない場合もあるので、症状が改善しないと感じたらまずは医師に辞め時を相談しましょう。

また、上記のような副作用が出た場合は医師の判断を仰ぎ使用を中止しましょう。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルはプロペシアとは違い、発毛の効果を促進させる成分です。

プロペシアと併用して相乗効果を狙います。

育毛の外用薬として一般的で女性にも使用される治療薬です。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルは頭皮の血行や細胞の働きを促進させ、髪の成長速度を早める効果があります。

血流を改善させることで、組織を活性化させることで毛質を強くし抜け毛を防ぐ効果があります。

プロペシアは脱毛予防として使用されますが、ミノキシジルは発毛・育毛の効果を期待して使用されるので、プロペシアとの併用が推薦されています。

ミノキシジルの相場は?

ミノキシジルの費用相場は『7000円~13000円前後』です。

市販でも購入することができ、市販の場合は相場より安い費用で手に入ります。

ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルの副作用として、かゆみや発疹、皮膚の炎症が発症する場合があります。

そういった副作用が出る場合は医師に相談してください。

ミノキシジルを使用した初期の段階で脱毛症状が現れます。

これは薬による副作用ではなく、育毛サイクルのリセットがされている過程ですので辞め時だと誤らないようにしましょう。

ミノキシジルの辞め時は?

ミノキシジルは最低3カ月~4カ月は効果の経過を見る必要があります。

ミノキシジルの場合、最初の1カ月は育毛サイクルが正常に戻ることから脱毛が増えます。

これは好転反応の一環なので、そこで辞め時だと判断してはいけません。

適切な量と期間は医師と相談しましょう。

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロはAGA治療の新薬として今注目を集めています。

一般的な治療薬としてプロペシアが推薦されていますが、プロペシアの効果の約3倍と言われているザガーロは、プロペシアで効果が出なかった場合に使用されます。

ザガーロの効果は?

プロペシアは「AGA進行を防止すること」のみを謳っており、育毛効果は保証されていません。

一方ザガーロは発毛・育毛効果が検証されています。

また、ミノキシジルは血流改善を促進させることで育毛を図りますが、ザガーロは酵素の働きを抑制して脱毛を防ぎます。

ザガーロとミノキシジルは作用機序が異なるので、併用することができます。

ザガーロは使用量が増えれば効果も増えるという検証がされていますが、過度な摂取は危険ですので医師の判断のもと使用量を決めましょう。

ザガーロの相場は?

ザガーロはプロペシアよりも費用相場は少し高く、1カ月の費用は『10000円』前後です。

ザガーロの副作用は?

ザガーロの副作用にはプロペシア同様、性機能障害が起こる可能性があります。

日本人では約5%が勃起不全、約6%が性欲減退、約2%が射精障害の副作用が報告されています。

ザガーロもプロペシア同様、併用を禁止されていないので上記の問題が起きた場合ED治療薬との併用が可能です。

肝臓で代謝されるザガーロは、重度の肝機能障害がある人の使用が困難となります。

肝機能に問題がある場合は、医師と相談しましょう。

ザガーロの辞め時は?

ザガーロの効果は他の薬同様すぐには出ません。

ザガーロの効果は日を追うごとに発揮され、また量が多いほど効果が高いと立証されています。

プロペシアと同じ6カ月試して様子を見てみましょう。

プロペシアよりも効果が期待される分、副作用が出やすいとされているので、副作用が心配される場合は、辞め時を医師と相談しましょう。

自己判断での中止は効果を発揮しないまま終わる可能性もあります。

辞め時の見極めは医師と相談して決定しましょう。

AGA治療で気を付けるべきこと

AGA治療で気を付けるべきこと

AGA治療で気を付けるべきこと

AGAは健康上の問題はないので、保険が適用されず治療費用は高額となります。

治療費用が高いので個人輸入で購入しようとする人もいますが、体調変化や副作用についてのリスクがあります。

さらに、偽造品なども出回っているので個人購入は危険を伴います。

副作用に対するリスクもあるので、医師の協力のもと治療していきましょう。

また、プロペシアやザガーロは男性ホルモンを抑制する薬なので、女性や子供の使用は厳禁なので取り扱いに注意しましょう。

治療は長期になるので、自己判断で中断せず医師の判断のもと治療を進めていくことが大切です。

AGA治療の辞め時や費用相場、効果や副作用についてのまとめ

AGA治療は育毛サイクルと関係しているので長期的な目線で行う必要があります。

保険適用外なので治療費は高額になりますが、医師の判断なしで行うとリスクも高くなります。

自分の症状と進行具合を把握した上で、医師の協力を得て治療していくことが大切です。

薬の効果に対する立証や副作用についての報告もあるので、悩みがある場合は医師に相談してみましょう。

より効果的に効果を実感できるよう、根気強く治療していくことが大切です。

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集