イチゴやりんごなどの他の果物より珍しく、難しいとも言われる『もも狩り』

もも狩りの開催時期といちおしの農園、2019年開催予想のツアーを今回ご紹介していきます。

ももの旬は短い!

イチゴは1~5月、りんごは8~12月、ぶどうは6~10月とポピュラーな果物は旬が長く、収穫体験も長くに渡って開催されていることが多いです。

しかし、桃はそれに比べると旬が短いようでしたので調べてみました。

ももの旬っていつ?

品種にもよりますが、おおよそ6~9月が旬と言われています。

6~7月には甘み控えめタイプの桃、8~9月には完熟した甘みの強い桃が収穫されます。

出荷の最盛期はお盆前の7月頃です。

もも狩りの開催時期

例年、どの農園も7月~8月の間に開催されています。

パックやツアーになると6月頃の早い時期から、短い期間限定で開催されています。

「気がついたらもも狩りが終わっていた…」なんてことにならないように、今のうちにチェックしておきましょう。

関東にある もも収穫体験ができる農園

ももの旬時期前後には、農園でもも狩りを体験できるようになります。
短い時期だけですが、逃さないように今から農園をチェックしておきましょう!

まずはもも狩りを開催している農園をご紹介していきます。

もも狩りできる関東の農園1:果実の里 原田農園

群馬県にある農園です。

いちご、りんご、ぶどう、さくらんぼ、きのこなど多くの種類を取り扱っているため、ももの時期だけでなく1年を通して味覚狩りが可能となっています。

開催期間:7月中旬~9月上旬
営業時間:9時~17時(最終入園:16時30分)
品種:日川白凰・みかさ白凰・なつきなど全10種

料金プラン

・畑で1個試食+2個もぎとり 864円(税込)

・館内皿盛り30分食べ放題+2個もぎとり 1620円(税込)


※品種の指定はできません
※桃の生育状況によってできない日もあるので、要確認

万が一時期が過ぎてしまった時でも桃が収穫できなくても、他の果物や野菜、きのこ等たくさんの種類を栽培されているので安心ですね。

人気の食べ放題が含まれているプランもあるのでおすすめです。

もも狩りできる関東の農園2:陣平農園

こちらも群馬県にあるアットホームな雰囲気が良い農園です。

陣平農園の特徴は時間を気にせず食べ放題できることです。

開催期間:6月下旬~9月上旬
営業時間:10時ごろ~17時
品種:ちよひめ・はなよめ・白凰・あかつきをはじめに全17種以上

料金プラン

・大人(中学生以上)1200円
→予約無しだと+100円

☆上記は食べ放題込 約50分あるので、ゆっくり楽しめます

50分の食べ放題で1200円はかなりお得です。

パワフルな農家さんが育てた採れたての桃をたくさんいただきたい!

栽培品種も豊富なので、お土産にも持って帰りたいです。

もも狩りできる関東の農園3:果実庭

群馬県にある農園です。
桃の他にりんごとさくらんぼも生育されており、全て収穫体験可能です。

桃の時期以外にも行きたくなりますね!

開催時期:7月下旬~8月下旬
営業時間:8時40分~17時(最終入園 16時)
品種:タマキ・なつき・あかつきをはじめに全6種

料金プラン 大人子供同一料金

・Aコース 園内で1個食べて2個持ち帰り 860円(税込)

・Eコース 園内食べ放題(30分) 1500円(税込)

・小学生以下限定 1個食べて持ち帰り無し 320円(税込)

※桃の状態により開催しない場合有

やはり食べ放題のEコースが人気です。
また、果実庭は群馬県認定のエコファーマーなので、減農薬等の厳しい基準をクリアした果実が栽培されています。

お子さん連れも安心して、採れたてが食べられます。

過去開催!もも狩りツアーまとめ

例年、6月中旬よりバスツアーが開催されています。

関東発のバスツアーの場合先ほど紹介した農園にも行くプランがあるかもしれませんね!


バスツアーの特徴は、もも狩りだけではなく1日で様々な体験ができることです。

日帰りでたくさんの体験をしたい方におすすめです。

2019年2月現在、関東発のもも狩りツアーの予定はまだ出ていませんが昨年の開催内容を見て参考にしましょう。

2018年 さくらんぼと桃のフルーツダブル狩りバスツアー

2018年6月末~7月頭まで6日間開催されていました。

関東発で嬉しい新宿西口より8時15分出発 

観光拠点は山梨県で、ワイナリー、さくらんぼ農園、もも農園、わさび漬けセンターを回ります。

代金:6,480円~6,980円

さくらんぼ、桃、そしてワイン。果実づくしの旅です。

観光地のお土産もしっかり買えるようにプランが設定されているので便利です。

2018年 バーベキューランチも!果実盛りだくさんバスツアー

2018年6月末~7月末にかけて開催されていました。

新宿西口より9時出発

観光拠点は山梨県で、溶岩豚バーベキュー、もも狩り食べ放題、ストーンエッグ英雅館、ハーブ庭園の体験がありました。

代金:9,480円~9,980円

こちらも桃狩りだけではなく、メロン、パイナップル、すもも、とうもろこしがお土産としていただます。

山梨の有名なクリスタルやハーブの体験までできて盛りだくさんです。

2017年 桔梗信玄餅、ランチバイキングに洞窟探検体験 山梨定番ツアー

2017年7月末、8月頭の2日間開催でした。

新宿駅西口より8時30分出発

観光拠点はこちらも山梨県で、もも狩り食べ放題、桔梗信玄餅詰め放題、ランチバイキング、鳴沢氷穴の体験がありました。

代金:7,980円~8,480円

こちらも桔梗信玄餅や郷土料理の山梨定番のラインナップが満載です。

桔梗信玄餅は山梨を回るバスツアーではよく見かけます。

2019年 開催ツアーに向けて

2019年2月現在、桃の旬の時期からまだ遠いため、ツアーの詳細は不明です。

ですので過去のツアーデータをもとに、今年の開催内容を簡単に予想していきたいと思います。

2019年 予想ツアー

やはり関東発のバスツアーの場合例年山梨県を回るバスツアーが主体なので、今年も山梨県がベースとなったツアーが多く開催されると思います。

やはりツアー内容としては例年同様、もも狩り食べ放題に加えて

・桔梗信玄餅詰め放題
・ほったらかし温泉
・ワイナリー

などは多く開催されると思います。



観光施設では

・河口湖オルゴールの森美術館
・ハイジの村

などが候補にありそうです。

河口湖オルゴールの森美術館

河口湖オルゴールの森美術館

ハイジの村

ハイジの村

山梨には自然豊かな観光地がたくさんあります

あらかじめ山梨をチェックしておくと良し

山梨県の名産や、観光地をあらかじめ調べておくと、自分の好きなツアーを見つけやすいかと思います。

山梨では、宝飾加工や絹織物などの地場産業が盛んなので、興味のあるジャンルを見つけるとより楽しみに待てるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

関東のもも狩りできる農園やバスツアーについてご紹介させていただきました。


「桃の旬はまだまだだ」と思っているとあっという間に夏がきてお盆でバタバタしているうちに終わってしまいます。

繁忙期のもも農園やツアーは大変人気で混み合いますので、2019年のもも狩り旬を逃さないように、今のうちに計画を立てておきましょう。

夏が待ち遠しいですね♪

おすすめまとめ

関連するまとめ

新宿でおすすめのカフェ3選をご紹介します♪

新宿ってたくさんカフェがあって、どこに入ろうか本当に迷いますよね。でも、ヘタなところに入るとゴミゴミしてたり…

flog_uncle / 1259 view

絶品食べ放題ランチ!徳島にある絶品ランチビュッフェ3選♡

どの種類も少しずつ食べたい、そんなわがままな願いを叶えてくれるのがビュッフェです。ディナーは少しお高いお店で…

ai / 3444 view

コスパを求める大学生。宅飲みでおすすめなコンビニで買えるお酒まとめ

宅飲みでおすすめなお酒のまとめです。宅飲みならまったり飲みたい、コスパを追い求めたいなどあると思います。そこ…

aki2zm / 1662 view

日本百名山へ登ろう!

百名山は低い山から高い山と様々で難易度も山によって違う。登りやすい山は日帰りでも行ける所もあるが、山小屋やテ…

musijinn / 20300 view

夏の風物詩 Vol.1 みんなで行こう!花火大会(関東編)

夏の風物詩と言えば、花火や海、ホタル… 夏にしか味わえない、お楽しみイベントをご紹介します。

mikimono / 2281 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集