髪をかき上げたらキラッと光った!分け目にちらほら光るものが…など、気になり始めるきっかけは人によって違いますが、悩んでいるのは同じですよね?

30代から気になり始め、40代では多数の人が、最近では10代20代の若者たちにも増えている悩みのひとつである白髪の原因は一体なんなのでしょうか?

白髪のメカニズムも含めて原因と対策を調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

どうして白髪になるの?

実は元々髪の毛は白髪なんです。

人間の体を作っている細胞の核には大切なDNAと言う遺伝子情報などを持っているものがあります。
その核は紫外線に弱く、損傷を受けるとガンや白血病になりやすくなるそうです。

髪は紫外線から核を守るために黒くなっているということですね。

白髪になる原因って?

様々な原因から起こる現象として、髪の毛を作る毛母細胞の隣にあるメラノサイト(色素細胞)の働きが悪くなり、メラニン色素を作れなくなって髪の毛に黒い色を付けることが出来なくなります。

メラノサイトの働きを悪くする原因ってなんなの?と思いますよね。

それをこれからご紹介していきます。

遺伝・老化

生きている限り逃れられない問題ですね。

遺伝的になる若白髪や子供の白髪の原因でもあります。10代や20代の方にも当てはまる原因ですね。

医学的な証明はありませんが、因果関係は深いと、海外の情報にはいくつか提示されていますので、信頼性は高いのではないでしょうか。

老化と言うのは細胞の老化で、体力や見た目ではありませんよ。
個人差があるものの大体平均発生年齢が30代中~後半辺りで、40代で80%、50代で90%以上が1本以上の白髪があるそうです。

加齢によって減少するホルモンや酵素を若い時のように分泌させることが出来れば、発生を遅らせることも可能ではあるそうです。

栄養不足

髪にはメラニン色素が必要だと言いましたよね。

そのメラニン色素をつくる為に必要なのが「チロシン」と言うアミノ酸です。
食べ物で多く摂取するならチーズと大豆が一番です。
ちなみに大豆なら豆腐がおすすめです。納豆よりも加工過程が少なく、大豆に近いので。

ちなみにチロシンは肝臓で生成することも可能なのですが、その際に必要な栄養素の「フェニルアラニン」と言うアミノ酸は体内で生成できない為、食品で摂取しないといけません。
フェニルアラニンを多く含む食品は肉、牛乳、チーズなど。

そしてメラノサイトの働きを活性化させ、メラニン色素を増やす効果があるのがビタミンB12と葉酸です。
マルチビタミンによく入っている栄養素ですね。
ビタミンB12を多く含む食品は貝類、魚類、牛や豚のレバーです。

葉酸は緑黄色野菜、レバー、生うに、桜えびの煮干し、筋子だそうで、水溶性ビタミンなので、出来るだけ生で摂る方が良さそうです。

生活習慣

よく言われるのが睡眠不足と喫煙です。

お肌のゴールデンタイムと同じ、午後10時~午前2時は体内の成長細胞が活性化する時間なので、出来るだけその時間には身体を休めておきましょう。

喫煙は血行不良の原因にもなりますし、メラノサイトの働きを良くするビタミンB12や過酸化水素を分解するビタミンCを破壊します。
ニコチンもタールもビタミンを破壊していくので、どうしても吸いたい方はどちらも入っていない電子タバコに変えるのもいいですね!

10代、20代は勉強やアルバイト、30代、40代は仕事や家事とも関わりがあるので全年齢に関わる事ですね。

ストレス

ストレスも全年齢に関連します。

ストレスがある状態が続くと、もちろん精神的にも良くありませんし、自然治癒力が衰えてメラノサイトの働きを悪くします。

たまに黒髪~白髪~黒髪になっていたりしませんか?
その白髪の部分の減少はストレスが強くかかっていたからかもしれませんよ。

病気・疾患

貧血はビタミンB12と葉酸の減少により起こります。メラノサイトやメラニン色素に必要な栄養素と同じです。

その他、30代~40代以上の女性に多い甲状腺機能低下症や、子供の頃に診断されるか頭部の損傷などでも起こる成長ホルモン分泌不全症、神経線維腫症など、白髪を発症する原因となる病気があります。

急に白髪が増えた、体のだるさや体重増加など、何かおかしいと思われる方は受診してみるのもいいのではないでしょうか?何もなければ安心できますしね。

過酸化水素(活性酸素)

普段聞きなれないかもしれませんが、意外と身近なところに過酸化水素が含まれたものがあるんですよ?

シャンプーやコンディショナー、ヘアスプレーはもちろんですが、歯磨き粉、台所や洗濯の漂白剤にヘアブリーチ、コンタクトの洗浄剤にまで多岐にわたります。

コーヒーや紅茶、ウーロン茶は過酸化水素を生成する飲料でもあります。
過去には一部の輸入食品に添加物として含まれていたこともあり、現在でも検査率が低い為、完全に安心とは言えないものも沢山あります。

外部からの過酸化水素もありますが、体内でも生成されるのもご存知でしたか?
活性酸素は聞いたことがある人も多いかもしれません。

本来は細菌やウイルスなどから体を守るものなのですが、たまに攻撃性の高い活性酸素が出来てしまい、健康な細胞を攻撃してしまう事によって老化させてしまうのです。

ストレスや運動のし過ぎもその原因の一つで、何事も適度が一番だという事かもしれませんね。


【年齢別】白髪を増やさないためには?

今ある白髪を増やさない、なるべくなら減らしたいですよね?

原因によりますが、努力次第で出来る事もあるんです。

それでは10代、20代、30代、40代の年齢別の原因と対策を見てみましょう。

10代に多い白髪の原因とは?

本来なら白髪とは無縁であるはずの10代。

原因として考えられるのは遺伝性のものとダイエット、過度なストレス、成長ホルモン不全症です。

明らかに病気ではない場合、一時的にメラニン色素を作るのを止めてしまった休止型の白髪と考えられるため対策がいくつかありますので見てみましょう。

10代の白髪対策

・ストレスを溜めない。リラックスする時間を作りましょう。お風呂にゆっくり浸かるのも血行を良くするのでおすすめです。

・睡眠はしっかり摂る。成長ホルモンを分泌させる午後10時までには寝ましょう。

・パソコン、スマホを見過ぎない。目や首、肩が疲れると血行不良になります。メラノサイトがある頭皮に近い事もあるので、なるべく休ませてあげましょう。

・栄養バランスのとれた食事。ダイエットしたい気持ちも理解出来ますが、野菜ばっかりではなく、たんぱく質もお肌や髪も為には必須です。バランス良く摂取しましょうね。

まだまだこれから成長していく10代。
無茶なダイエットより、今だから出来るファッションやヘアスタイルを楽しんでください。

20代に多い白髪の原因

20代でも若白髪の方が増えていて、悩んでいるのをよく聞きます。

20代で多い原因は病気なら貧血、胃腸の疾患、甲状腺異常。過度なダイエットやストレス、遺伝性もあります。

就職や転居などで環境が変わる事も多い20代。
ストレスにより、胃腸が悪くなることもありますし、周りに合わせてダイエットもストイックになったりする人もいるようです。

そんな20代の対策もいくつかあるので見てみてください。

20代の白髪対策

・栄養をしっかり摂る。たんぱく質やビタミン、ミネラルをたくさん摂取して、貧血になりにくくしましょう。

・飲酒、喫煙は控えめに。胃腸にも血行不良にも関連してきますので、注意が必要です。

・ストレスを溜めない。他の人は他の人!と割り切る事も大切です。お家ではゆったりと過ごしてお風呂で頭皮マッサージをするのもおすすめです。

一番は生活習慣の見直しです。
新しい環境で、新しい友達と深夜まで遊んでいるのも楽しいですが、ストレス解消になっているかというと、実は体にはストレスがかかっていたりするのです。

規則正しい生活に一度戻してみると、意外と黒髪に戻ったりするんですよ。

30代に多い白髪の原因

仕事にも慣れてきて人間関係に悩んだり周囲からの期待や多忙、結婚出産などで環境が変わったり、体力面や健康面で20代とは違いが出てくる30代。

まだまだ気持ちも若いのに、白髪が原因で老けて見えたり、疲れて見えたりするのが気になりますよね。

そんな30代に多い原因は、もちろん病気(貧血、胃腸の疾患等)もありますが、メラノサイトの働きの低下、遺伝、ストレス、栄養不足、ホルモンバランスの乱れ、過酸化水素です。

では、30代におすすめする対策を見ていきましょう。

30代の白髪対策

・睡眠時間の確保をする。子育て中だと難しいのですが、お肌のゴールデンタイムの午後10時までには眠れるようにしたいですね。ストレス解消にもなりますので、出来る限り睡眠をとってください。

・栄養バランスのとれた食事に気を付ける。ホルモンバランスの乱れにも効果的なので、気にしてたんぱく質やビタミン、ミネラルを摂るようにしてください。

・ストレス解消に努める。睡眠もですが、リラックス出来る環境を整えて、気持ちをゆったりさせることが大切です。好きな事や軽い運動もおすすめです。

・過酸化水素を使っている製品を見直す。子供の頃から使っているので、これまで体内に蓄積されたものを減らし、入れないようにしましょう。酵素や白金ナノコロイド、ビタミンCを摂取して活性酸素を分解・排出したいものです。

30代も生活習慣の見直しが大切ですね。
色んなもののバランスが崩れ始める時期にもなりますが、まだまだ老けたくないですし、おしゃれもしたい!

出来る限りでいいので、自分に優しくしていくと改善されていくと思います。

40代に多い白髪の原因

身体や肌の衰えが気になる40代。
髪の質感もなんだかぱさついてきて、白髪も増えて「あー、老けたなぁ」なんて鏡を見ながら感じてしまいます。

そんな40代の白髪の原因は甲状腺異常、加齢、過酸化水素、栄養不足、生活習慣、ヘアカラーです。

少しでも老けて見られない為に、これ以上白髪を増やしたくないですよね?

目立たせない、増やさない為に出来る事は何があるか見てみましょう。

40代の白髪対策

基本的にはもう増えるのは止められないのですが、なるべく遅らせる為に出来る事を書いていきます。

・栄養バランスの見直し。食生活は一番体に影響があるので、まずはこれでしょう。
抗酸化作用のあるものを積極的に摂取しつつ、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂ってください。

・過酸化水素を使っている製品を見直す。これまで蓄積されたものは酵素や白金ナノコロイド、ビタミンCを摂取して活性酸素を分解・排出して、これ以上体内に入れないようにしましょう。

・飲酒喫煙。ほどほどのストレス解消程度なら問題は少ないですが、飲みすぎ吸い過ぎはやはり髪にも身体にも良くありません。特に喫煙は血行不良の原因ですので、なるべく減らしていきましょう。

・ヘアカラーの回数の見直し。カラーをする際、明るくする時にはブリーチ剤が含まれています。どうしても過酸化水素が入っているので頭皮や細胞に負担をかけてしまうので回数を減らすか、ヘナカラーのような天然成分のものを使うといいと思います。

日々の生活の中でストレスはありますが、40代でも生活習慣を見直すことで白髪の原因や身体の衰え、老け見えを改善できます。
自分に優しく、ケアをしていくことで、まだまだ綺麗になっていきましょう!

10代20代30代40代・年齢別白髪の原因まとめ

いかがでしたか?年齢別とは言うものの、共通しているものばかりですね。

基本的に大切なのは栄養バランスの見直しです。ミネラルやアミノ酸、ビタミン等は髪だけでは無く、病気の原因にもなります。

30代、40代の方はこれからの健康もそうですが、美しさの保持の為にも身体の老化を遅らせたいですよね?

10代や20代の方も気を付けないといけません。
無理なダイエットや偏った食事によって痩せても白髪が増えたり、お肌がカサカサだったら綺麗になれませんよね。

少しでもこの情報を参考にしていただいて、ヘアカラーに頼るだけではない対策をしてみてください!

おすすめまとめ

関連するまとめ

【ネコの手も借りたい?】世界中で働くネコを4匹ご紹介します♡

世界中で働いているネコを集めてみました! 実際に”猫の手を借りている?!”様子をご覧ください♪

blues / 2457 view

医学部偏差値2016年まとめ

全国医学部の気になる2016年偏差値をまとめました。医学部を目指す大学受験生の皆さんがんばってください。その…

mota / 10818 view

医学部学費ランキング!学費で家が買えちゃいますね。

医学部ってお金がかかる…実際はこんな感じです。へたしたら学費で家が買えちゃいますね。

まきまき / 4620 view

フレッシュハーブを使うときに気を付けたいこと、保存方法まとめ

食の多様性が広がり、外国の食品が国内で需要ができたこともあり、フレッシュハーブの入手は比較的難しくないものに…

SYOUTA / 1024 view

足裏ツボ押しのススメ!ダルい季節に効くツボの場所とは?

辛い梅雨の季節になりました。ジメジメして体もダルいし頭も痛いし…そんな時は足裏のツボ押しをしてみませんか?足…

kato00 / 671 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集