うさぎを飼う人が急増している理由♡

人気の理由その1☆ぬいぐるみのようなカワイイ見た目

種類にもよりますが、うさぎさんの大半はモフモフのフワフワ。子うさぎのときはもちろん、成長になってからも童顔で、本当にぬいぐるみのような見た目なんです。

クリクリのお目々に、長いお耳……。ず~っと見ていても飽きない愛らしい外見で、メロメロになっちゃう人が多いのも納得のカワイさ。

こんなにカワイイ子が家にいてくれたら、毎日の疲れも吹っ飛びますね♪

人気の理由その2☆目を離せなくなるカワイイしぐさ

うさぎは全身を毛づくろいするってご存知でしたか?
前足を使って、お顔をゴシゴシしたり、お耳を丁寧にティモテしたりするんです。

また、喜んでいるときは垂直にピョンピョン跳ねたり、ご機嫌のときはプゥプゥお鼻を鳴らしたりするうさぎもいます。

どのしぐさもカワイくて、他の動物には見られない感情表現にハマる人が多いようです。

人気の理由その3☆種類ごとに見た目がぜんぜん違う

うさぎの種類は、なんと150種類以上も存在しているんです!
そして、ARBAという団体(米うさぎブリーダー協会・American Rabbit Breeders Association, Inc.)が認定しているのは、48品種。

小学校などで飼われているうさぎの多くはジャパニーズホワイトやミニうさぎですが、お家で飼うペットとして人気の種類は、お耳が短く「ネザーランドドワーフ」やお耳が垂れている「ロップイヤー」など。他にも、「アンゴラ」という毛の長さが10cmほどに伸びる長毛のうさぎも存在します。

種類によって見た目や飼い方がぜんぜん違うので、自分の好みにぴったりの子を見つけやすいのも、人気の理由のひとつなんです。

うさぎの種類ごとの性格、飼い方

ARBAが認定しているだけでも、49品種以上の種類があるうさぎ。外見だけでなく、性格や飼い方にも大きな違いがあります。

ここでは、中でも人気の3種類のうさぎについて、性格・しつけ・病気・飼い方について解説しますので、参考にしてくださいね。

ネザーランドドワーフの性格・しつけ・病気・飼い方

Petpedia(https://petpedia.net/article/91/netherland_dwarf)

見た目……うさぎの中でもとても小さく、大人になっても体重は約1kgです。耳は短く立っており、ピーターラビットのモデルとなった品種とも言われています。

性格 / 頭が良くて好奇心旺盛。すぐに人に慣れる子もいれば、独立心旺盛な子もいます。感情表現が豊かです。

しつけ / おやつを見せながら名前を読んだり、抱っこをしたりすれば、人に慣れるスピードが早くなるでしょう。骨がとても華奢なので、無理に抱っこをして暴れさせるのはNG。

特に気をつけたい病気 / 不正咬合、斜頸、ソアホック、骨折 等

飼い方 / ほかの品種と比べて小さいため、比較的飼育スペースを取らずに済みます。多頭飼いはケンカの原因になるため、単独での飼育が好ましいです。また、耳が短い分温度調整が苦手なので、飼育環境には注意しましょう。

ホーランドロップの性格・しつけ・病気・飼い方

ペットスタイル(http://beastie-ani.com/)

見た目……一番の特徴は、垂れたお耳。そして、ロップイヤー種の中では小さい品種になります。また、毛のカラータイプが多いのもポイント。

性格 / とても懐きやすく、友好的です。抱っこさせてくれやすいので、スキンシップを取りやすい品種であるとも言えます。

しつけ / 小さい頃から抱っこに慣れさせると、病院などにいったときスムーズに診察してもらいやすいです。

特に気をつけたい病気 / 不正咬合、斜頸、毛球症 等

飼い方 / ボリュームのある毛を持つ個体が多いので、換毛期に関わらず定期的なブラッシングが必要です。

ミニレッキスの性格・しつけ・病気・飼い方

わんにゃんガイド(http://pets12.com/)

見た目……一番の特徴は何といっても、その極上の触り心地。よく「ビロードのよう」と例えられます。

性格 / 大変頭がよく、性格が穏やかなため飼いやすい品種とされています。また、甘えん坊の子が多いとも言われています。

しつけ / うさぎの中でも頭が良いため、トイレ等のしつけを教え込ませるのは、比較的簡単と言われます。

特に気をつけたい病気 / 不正咬合、斜頸、ソアホック、骨折 等

飼い方 / 体温調整が苦手とされているので、しっかりと室温を調節してあげる必要があります。また、毛が短いため、ソアホックにならないよう気をつけましょう。

うさぎを飼いたいと思ったら

「うさぎと一緒に暮らしたい!」と思ったら、まずはペットショップへ行き、店員さんに話を聞いてみましょう。

できれば、うさぎの専門店やブリーダーさんの店員さんだと、うさぎの正しい飼い方を教えてくれるので安心ですよ。

今回は、うさぎの種類や性格・しつけ・病気・飼い方などについてお話しましたが、お伝えしたのはほんの一例です。

うさぎをお迎えしたら、それぞれの個性を大切に、育ててあげてくださいね。

うさぎと幸せなペットライフをお送りください♪

おすすめまとめ

関連するまとめ

【買取】自分だけの船を持ちたい!中古船の種類別最安価・最高値まとめ

自分の船を持って海に出てみたい! 趣味として、定年後の楽しみに、検討している方に是非読んでいただきたいです!…

A-kun / 3675 view

ココに効く!夏野菜の栄養効果とオススメレシピ

少し暖かいと感じる春から、あっという間に暑くて仕方ない夏の季節に入っていきますね。 食欲が変化してしまう時…

komiya / 1213 view

性病No1Σ(゚Д゚)クラミジアの感染者が多い理由は?クラミジアの症状と治し方。

性病で1番感染者が多いのが”クラミジア”です。クラミジアは10~20代に多く、とても気づきにくい病気です。ク…

Seira / 2076 view

アメリカでは「全廃」決定!トランス脂肪酸はこんなに怖いものだった・・。

アメリカでは2018年までに全面禁止となることが決定した「トランス脂肪酸」。日本ではまだ外食産業含め、しっか…

msd / 2594 view

かまぼこの原料となる魚とは?賞味期限は開封後いつまで持つ?

日本人だったら1回は食べたことがあるはずの「かまぼこ」そんなかまぼこはどういった魚が原料なの?と不思議に思っ…

aiai / 204 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集