動物って見ていて癒されますよね。

そんな動物たちが作品によっては二足歩行で立ち、人間の様にしゃべる!戦う!人間に寄り添うだけではない漫画もたくさん増えてきました。

動物が大好きな方にぜひぜひおすすめしたい、読んでいただきたい!
そうでなかった方にも、この記事を読んで好きになっていただけるような、おすすめの動物漫画を大まかに「バトル系」「ほのぼの系」「ホラー系」に分けて、あらすじや個人的なおすすめできる見どころをまとめてみました!

まずは動物漫画の歴史からご紹介しましょう。

動物漫画とは

銀の匙

銀の匙

動物漫画とは、文字通り動物が主人公またはメインで出てくる漫画のことを指します。

人間と動物のドラマ、動物界でのドラマ、描き手によって内容、表現方法は様々ですが、動物漫画に明確な基準はなく、動物を主題とした作品を動物漫画といいます。

動物だけの漫画、動物と人間の物語を描いた漫画、最近では人の様に歩き、しゃべる獣人が出てくる漫画、擬人化作品が人気ですね!

どんな作品が動物漫画なのか?現代のおすすめ動物漫画をご紹介する前に少しご説明させていだだきます!

動物漫画はこんなにも昔から?!~動物漫画の歴史~

知ってる人は知っている、かの有名な鳥獣戯画。
実はコレ、甲、乙、丙、丁と呼ばれる全4巻からなる漫画(絵巻物)なんです。
さかのぼることなんと平安時代末期!

動物漫画はなんと…こんなにも昔の時代から描かれてきたジャンルなのです。

動物漫画を広めた作品~ジャングル大帝~

漫画が好きな方なら一度は耳にしたことがあると思います。
作者は、ストーリー漫画の先駆けとして活躍した手塚治虫(てづかおさむ)の作品です。

プロ野球球団の西武ライオンズのマスコットキャラクターとしてでも有名ですね!

ジャングル大帝の主人公レオは、ジャングルの王の血を引く白ライオンで、ジャングルの王でありレオの父親のパンジャは、人間に捕まったレオの母親エライザを救い出す途中に命を落としました。

母親エライザが捕まった船の檻の中で産んだ子がレオで、「おとうさまのような勇ましいジャングルの王となるのよ」と海へレオを逃がします。

ジャングルへ送り出されたレオは人間に助けられ、様々な経験をしジャングルの王位を継承するまでの成長物語で、バトルシーンもあります!

こちらの作品は昭和25年~昭和29年にかけての作品で、アニメ化されるなど、動物漫画としてとても人気の高い作品です。

手塚治虫はジャングル大帝の他にも動物をモチーフにした作品がたくさんあるので、気になった方はぜひ読んでいただくことをオススメします!

おすすめの動物漫画まずは!~バトル系~

十二大戦

十二大戦

動物漫画のバトルモノ…?
あまり見ないなあと思いますが、あるんです。

動物同士のアツいバトル、見てみたいですよね!

少ないジャンルですが厳選したバトル系の作品をご紹介いたします。

【西尾維新】十二大戦

原作:西尾維新
漫画:暁月あきら
キャラクターデザイン:中村光

別のジャンルになりますが、こちらはジャンプで一躍有名になった、めだかボックスの西尾維新×暁月あきらの再タッグの漫画なんです!

小説のコミカライズ版になります。
アニメ化もされており、とても人気なバトル漫画です。

西尾維新といえば異能バトル!こちらの十二大戦も異能バトルモノで心躍る言葉遊びや異能バトルが盛り込まれております。

「どうしても叶えたいたったひとつの願い」を成就するために十二支の戦士たちがあらゆる能力を使いバトルします。

異能バトルのバトルロイヤル漫画とあって描写がとても残酷ですが、西尾維新の独特な世界観で戦闘シーンも暁月あきら作画とあり、迫力が凄いです。

読んでいると引き込まれていく内容です。

【村田真哉】キリングバイツ

原作:村田真哉
作画:隅田かずあさ

コチラの漫画は、決してメジャーとは言い難い、ラーテルと冴えない青年が主人公のこの作品。

他にも色んな動物たちが出てきますが、動物の特性など動物図鑑かと思うほど細かく描写されており、そして出てくる獣人化した女の子たちがとてもかわいい!
こちらも人気が高く、アニメ化されております。

あらすじは、冴えない大学生・野本裕也が、短期バイトで知り合った知人に連れられて、夜道を歩く女子高生を誘拐するという犯罪計画に巻き込まれてしまいます。

誘拐された女子高生の宇崎瞳が「ラーテル」の力を持つ獣人の女の子だったのです。

裏社会で行われる獣人同士の戦い「牙闘(キリングバイツ)」この戦いに主人公の野本裕也が巻き込まれていきます。

グロい描写だけではなく少々際どい描写もあるので、男性にとてもおすすめです!

おすすめの動物漫画!~ほのぼの系~

同居人はひざ、時々、頭のうえ。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。

動物漫画で一番たくさんあるジャンルだと思います。

かわいい動物と人間がのんびりたわむれる作品やペットとの生活のほのぼの日常系、

色々ありますが、その中でも特にほっこりした、ほのぼの系漫画をご紹介いたします。

【みなつき】同居人はひざ、時々、頭のうえ。

原作:みなつき
作画:二ツ家あす

コチラの漫画の主人公はなんと一人と一匹、ミステリー作家・朏素晴と元ノラ猫の陽の、ほのぼの時々心がぎゅっとくる物語です。
2019年1月にアニメ化が決定した、今旬の個人的におすすめのほのぼの系動物漫画になります!

自分の世界観を邪魔する他人を苦手としている、不器用な主人公がひょんなことから野良猫との共同生活をはじめます。

小説家の朏素晴は、行動の読めない猫のハルを見ているうちに小説のネタがぽんぽんと…!
不器用ながらもハルに優しく接する素晴と接するうちに心を開いてゆき、少しずつかけがえのない「家族」になっていきます。

こちらの見どころは、主人公視点が人間である【素晴編】と動物としての【ハル編】と分かれているところです!

私の知っている人間と言葉の通じない動物との漫画で、動物の気持ちを考えて描いた作品はこちらの漫画が初めてで、コミックレビューの序盤を見ただけで、ストーリーに引き込まれる作品でした。

ほのぼのした癒しをお求めのそこのあなたにとってもおすすめです!

【ころも】恋するシロクマ

原作・作画:ころも

画像でもお分かり頂けるように、ほのぼの!動物同士の恋愛漫画です。
こちらは映画の上映前のショートアニメとしてアニメ化されております。

捕食者であるシロクマさんが、捕食対象であるアザラシさんに恋をしてしまった!そんなとってもほっこりするお話です。

こちらの主人公であるシロクマさん、なんととってもポジティブです。
何度アザラシさんにつき離されてもめげません。

ほのぼの要素のほかにも、シロクマさんの過去のお話や感動する内容も盛り込まれております。

性別なんて関係ない!シロクマさんの真っすぐな愛情を、ただただ食べられる恐怖で震えるアザラシさんとの純白ラブコメディ。

バトル系やホラー系と違い、1ページで終わる短いお話がたくさんあり、空いた時間にちょこちょこと読めるのでほのぼの漫画が好きな方にとても読みやすくておすすめです。

おすすめの動物漫画!~ホラー系~

ジンメン

ジンメン

先に申し上げておきますと、私はホラーが苦手です。
ホラーと名の付くものがとても苦手なんです。

こちらの記事を書くうえで調べさせていただいて、泣きながら読んだ作品の中でも個人的に特に怖い、一人で読んでいて背後が気になるホラー系漫画をご紹介いたします。

ホラー系が苦手な方はお気をつけて…!

【カトウタカヒロ】ジンメン

原作・作画:カトウタカヒロ

コチラの漫画は、人間のような顔を持ち、人間の言葉を話せるようになった動物「ジンメン」の恐怖を描いたパニックホラー漫画です。

主人公の神宮マサト、幼少の頃から動物の言葉が分かるという不思議な能力を持った高校生のお話。
7年ぶりに自分の故郷に戻ってきたマサトは、幼馴染である翠川ヒトミと大好きだったサファリパークに行くが、そこにいた動物たちは、不気味な人間のような顔を持つ「ジンメン」となり、人間たちを次々と恐怖に陥れていきます。

ジンメン達を束ねているブタ園長の目的とは、そもそも彼ら「ジンメン」はどのように生まれたのか、主人公ととある研究の関わりとは…。

グロテスクで不気味なジンメンのデザインや、容赦のないグロ描写、パニックホラーやサバイバルホラーなどの要素をたくさん詰め込んだスピーディーな展開で、読み手を飽きさせない工夫がされてます。

作画が本当にリアルで気持ちが悪い表現がたくさんあり、読んでいるだけで自分の心もパニックになります、本当に怖い。

ほのぼの要素はほとんどございませんが、ホラー漫画がお好きな方、ドキドキしたい方におすすめです。

【貴家悠】テラフォーマーズ

原作:貴家悠
作画:橘賢一

コチラの漫画、アニメ化や更には実写映画化もしたほど人気が高く、ご存知の方も多いと思います。
人類と進化したゴキブリの闘いを描く動物…生き物要素の強いSFホラーかつバトル漫画です!

人類は、火星を人間たちが居住できる惑星に変えようとしていました。
その過程で驚くべき進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」を生み出してしまいます。

生み出してしまった当初は、容易に駆除できると考えていた人類でしたが、簡単にいくわけもなく次々と仲間を失っていきます。

人間に手術を施し、強化した人間とテラフォーマーの戦いがメインですが、日本だけが題材ではなく世界を舞台にしている漫画なので、政治的な要素もあり、単なるホラー、バトル漫画の枠には収まりきらないアツい展開がたくさんあります。

バトル漫画に入れるか非常に迷いましたが、人類の敵である人型のゴキブリ生物「テラフォーマー」が何といっても怖い!

作画がとてもリアルでモチーフになっている動物が「ゴキブリ」ということもあり、背後が気になる作品です。

バトルやホラー、気持ち悪さやグロい表現に抵抗のない方にとてもおすすめです。

動物漫画おすすめの「バトル系」「ほのぼの系」「ホラー系」まとめ

いかがでしたでしょうか?

近年漫画は昔とは違い、雑誌だけではなくWebを媒体とした漫画も増え、Twitterやpixivといった漫画化としてデビューしていなくとも自らが漫画を発信して、見てもらえるサイトが増えてきました。

購入しなければ読めなかった漫画も今やこのように、まとめサイトであらすじを簡単に見ることができるようになるなど、漫画のあり方がどんどん進化してきたように思います。

今回は動物漫画にスポットを当てて、「バトル系」、「ほのぼの系」、「ホラー系」、とまとめさせて頂きましたが、こちらで紹介した漫画も、数ある動物が出てくる漫画の一部にしか過ぎません。

まだまだ紹介したい漫画はたくさんありましたが、特におすすめできる動物漫画を厳選させていただきました。

ぜひこのまとめを参考にしていただいて、読んでくださっている方がもっと動物漫画を好きに、そして自分の気に入った漫画が見つかることを祈っております!

以上、おすすめの動物漫画まとめでした!

おすすめまとめ

関連するまとめ

【プリライから学ぶ】今話題の声優“ゆうまたそ”について

一家に一弟として欲しい!そんな声も上がるほど今や大人気声優の内田雄馬さん。弟気質で先輩や仲間からも可愛がられ…

Qoo0115 / 2076 view

ばびろんまつこ逮捕!!ヤフオク詐欺の松永かなえと同一人物?画像情報まとめ。

ばびろんまつこ逮捕!!ヤフオク詐欺の松永かなえと同一人物?画像情報まとめ。キラキラ系女子のTWITTERばび…

mota / 11999 view

Made in PRC?Made in ROK?商品のタグの謎が判明!

7月10日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」でも取り上げられておりま…

nameco92 / 1821 view

勤続45年の悲報!フジテレビ『ポンキッキーズ』が終了?!

連休明けの月曜日に衝撃のニュース!ガチャピンやムックといった人気キャラを生んだフジテレビの看板番組、『ポンキ…

マル / 463 view

フリーアナウンサー中田有紀結婚!現在妊娠中で来春出産

フリーアナウンサーの中田有紀さんが結婚をして妊娠中ということが報道されました。相手はロックバンドのベース&ボ…

akkkkun / 5145 view

スポンサード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集