薬局やドラッグストアで強力な睡眠薬や睡眠導入剤は市販されているの?

そもそも睡眠薬と睡眠導入剤ってどう違うの?睡眠改善薬って言葉も耳にするけど?

強力な睡眠薬、睡眠導入剤の注意点は?

など、よく知らない睡眠薬、睡眠導入剤のコトを紹介します!

睡眠導入剤ってなに?睡眠薬とは違う?

睡眠薬のお話をする前に、強力な睡眠薬や睡眠導入剤だけでなく、医薬品は、一般用医薬品と医療用医薬品という2種類に分類されています。

一般用医薬品は薬局やドラッグストアで購入できる市販薬、医療用医薬品は医師の処方が必要なため、病院に行かないと手に入りません。

そして、この強力な睡眠導入剤、睡眠薬は、医療用医薬品に分類されているため、医師の処方箋が必要で、薬局等で市販はされていないのです。

市販でも睡眠薬っぽい薬売ってるのを見かけるよ?って思いますよね。
それについても紹介しましょう。

強力な効き目を持つ睡眠導入剤と睡眠薬

実は睡眠導入剤と睡眠薬、どちらもよく似ていて、2つに明確な違いはなく、”ほぼ”同じものと考えてもいいかもしれません。

睡眠薬の中で、作用時間の短い(つまり寝つき~睡眠の前半で主に作用する)ものを、睡眠導入剤と呼ぶようですが、睡眠導入剤も睡眠薬と同様、途中で目が覚めてしまったり、ぐっすりと眠れた気がしないといった症状にも効果があります。

どちらも強力な作用があるので薬局では市販されておらず、病院で医師の処方箋を貰わないと手に入らないのです。

薬局で市販されている睡眠改善薬

薬局やドラッグストアで市販されている睡眠薬っぽい雰囲気の薬が実はコレです。

薬の箱をよーく見てみると、「睡眠改善薬」と書かれているハズです。

強力な睡眠薬、睡眠導入剤は病院で医師が不眠症と診断した患者に処方します。

対して、こちらは寝つきが悪いなぁ…とか眠れないなぁ…といった自覚症状がある一般人が市販で購入することができます。

睡眠改善薬の正体

薬局で見かける睡眠改善薬の成分は、抗ヒスタミン成分といわれるものです。

抗ヒスタミン剤…というと花粉症の薬や風邪薬、アレルギーの薬なんかで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

車の運転や学校の授業で眠くなって困る…という飲み薬のよくある副作用ですが、薬局で市販されている睡眠改善薬はこの副作用を逆に利用して作られています。

睡眠薬、睡眠導入剤、睡眠改善薬を使う時の注意点は?

強力な反面、注意点の多い睡眠薬。しっかりと添付文書を読んで、用法容量を守って服用することが大切です。

使用にあたって注意が必要なのは、薬局で市販の睡眠改善薬も医師の処方の睡眠薬・睡眠導入剤も同じです。

効き過ぎて翌朝や、日中も効果が残ってしまう

睡眠導入剤を飲んで夜眠り、目覚まし時計で朝とりあえず起きたけど…
なんだか日中ふらふらと眠たいなんてことがあります。

仕事や日常生活に支障が出ることも。

初めて睡眠薬を飲む場合は、用法容量通りの服用で、自分にどれぐらいの効き目が出るのかわからないものなので、翌日に大切な予定がある場合などは考え物です。

飲酒後すぐや、お酒と一緒に服用

アルコールが身体に残っている状態で睡眠薬、睡眠導入剤、睡眠改善薬は絶対に飲んではいけません。

薬の作用が強力になったり、副作用が増加することがあります。

眠りやすくなるどころか二度と目が覚めなくなるかもしれませんのでやめましょう。

他の薬との併用は避ける

乗り物酔いの薬、花粉症の薬、風邪薬、解熱鎮痛剤…。同じ効き目を持つ成分が重なる可能性が高いです。

より強力な眠気によって昏睡のようになる恐れだけでなく、思わぬ危険な副作用を引き起こす可能性もあるのでこれらの薬を飲んだ日は睡眠薬を飲まないようにしましょう。

妊娠中・授乳中

妊娠中は体内を通して、授乳中は母乳を通して、睡眠薬が新生児、乳児に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

いずれの場合も大切な赤ちゃんのために睡眠薬、睡眠導入剤を服用するのはやめておきましょう。

なお、授乳期の場合は粉ミルクを上手く利用することで授乳を避ければ服用することは一応可能です。

依存性について

睡眠薬、睡眠導入剤を使って眠る事に慣れてしまうと、「薬を飲まないと眠れない」状態になりがちです。

また、これらの薬は「飲み続けると効きづらくなる」性質もあるため、服用量がだんだん増えていってしまうことも。

薬局で市販されている睡眠改善剤の場合は、2~3日の服用にとどめます。
2~3日試しても不眠が続くようなら、依存症のリスクもさることながら、受診すべき不眠症の可能性もあるからです。

強力な睡眠薬、睡眠導入剤の場合も、長期連用や量を増やすことはしないほうが良いということを覚えておきましょう。

薬を使わない不眠対策あれこれ

夜ぐっすり眠れない!薬局で睡眠改善薬を買いに行こうと思う前に!

生活習慣が乱れていたりしませんか?
夜のスマホは寝つきを悪くする?

質のいい睡眠を取るために薬がなくても出来ることとは?

朝の光を浴びる

なんで夜の睡眠のことなのに朝の光…?
と思ってしまいますが、体内時計にとって、朝の光が重要なんです。

朝の光を浴びてから15時間ぐらい経つと、脳から眠くなるホルモンが自然と分泌されます。

夜眠れなかったからといって、お昼すぎまで寝ていると、自然に体に眠気がくるのはお昼すぎから15時間後ということに…!?

お風呂にゆっくり入ってみる

お湯に浸からず、シャワーだけでサッと済ませる人が多いのではないでしょうか?

お湯にゆっくり浸かって体温が上げることで、お風呂からあがって、体温が下がる頃に眠気が来るといわれています。

香りの良い入浴剤を使うのもリラックス効果が期待出来て◎です。

就寝前のパソコン、スマホ

ついついやってしまいがちなベッドの上で横になって、スマホでネットやゲーム、動画などなど。

実は、パソコンやスマホ等の画面の光にはブルーライトといわれる強いエネルギーを含んだ光が含まれていて、せっかく夜、身体が眠りやすい状態になっていても、目をくっきりはっきり冴えさせてしまいます。

薬局で強力な睡眠薬は購入できる?まとめ

強力な睡眠薬と睡眠導入剤は処方箋が必要。
薬局で市販されているのは睡眠改善薬という一時的な不眠に使われるものでした。

ここで紹介したもの以外にも注意すべきことの多い薬なので、添付文書はしっかり読んで、用法容量を守って使用しましょう。

市販の睡眠改善薬を2~3日試しても、不眠が改善されない場合は立派な不眠症かもしれません。
一度受診してみることをおすすめします。

もしかしたら少し強力な睡眠薬が処方されるかも?
もちろん、お酒と一緒に飲んではいけませんよ。

また、不眠の原因を取り除くことがぐっすり眠る一番大切なポイントです。
生活習慣など、見直せるところがあれば気にかけてみるのもきっとあなたに良質の睡眠をもたらしてくれることでしょう。

おすすめまとめ

関連するまとめ

AGA治療の費用は高い?安い?効果や副作用、治療期間まとめ

AGAとは男性型脱毛症のこと。お悩みの方もいらっしゃいますよね。AGA治療について知りたいけど、効果や治療期…

kato00 / 205 view

髪が薄くなる原因は男性と女性で違う?男女の薄毛対策法とは?

男女ともに薄毛の悩みがあると思います。男性は背後から「ハゲ」という言葉が聞こえてきたらビクッとしませんか?女…

kuwaaml / 49 view

是非とも生で見てみたい!悶絶必須、激カワ野生猫

できれば一度暮らしてみたい!と思わせる選りすぐり野生猫ちゃん3種をご紹介します。

nekokichi / 1492 view

大根の栄養、選び方や保存方法、調理方法まとめ

日本人が最も消費する野菜でもある大根。 年中出回ることもあり、食べ方も私たちのなじみ深いものが多くあります。…

SYOUTA / 593 view

スパイスを使う際に意識したい3つのポイント

スパイスやハーブを使うことを難しく考えていてなかなか手の出せない方も多いのではないでしょうか? ですが、コシ…

SYOUTA / 1059 view