楽器を演奏できる人ってかっこいいですよね!

ただ楽器といってもどんな楽器があるの?
金管楽器と木管楽器の違いは?
難易度が低い楽器・高い楽器は?などなど疑問はたくさんあると思います。

金管楽器と木管楽器の違いや難易度の高さなどをまとめてみました!

まず楽器とは?

楽器は音楽を演奏する時に使う音を出すためのものです。

しかし、楽器は音楽のためだけに必ず使われるというものではありません。
合図を出すときや動物を避けるために使うものも楽器と言われます。

なので、楽器というのは【音を出すためのもの】ということになります!

金管楽器と木管楽器の違いについて

今回は、息を使って空気を振動させることで音を出す事が出来る管楽器をご紹介します。

管楽器は金管楽器・木管楽器の2種類に分けられるのですが、その違いは一体どういった部分なのでしょうか?

順番にご紹介します!

金管楽器

金管楽器の主な楽器は「トランペット」「ホルン」「トロンボーン」「ユーフォニアム」「チューバ」などがあります。
トランペットは聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

木管楽器との違いは唇を振動させることで音を出す楽器ということです!
息を吹き込むだけでいいの?と思われがちですが、息を吹き込みながら唇を振動させるのが意外と難しいんです(笑)

木管楽器

木管楽器の主な楽器は「フルート」「クラリネット」「サックス」「オーボエ」などがあります。
こちらは聞いたことがある楽器も多いのではないでしょうか?

金管楽器との違いは唇を振動させるのではなく、穴に息を吹き込むことで、音を出すもの・あるいはリード(薄片)を口にくわえて音を出すものです!

金管楽器と木管楽器の違いとは?

最終的に何が違うのかというと、音の出し方の違いです!

金管楽器は唇を振動させる。木管楽器は唇を振動させない。
という違いになります!

今は音を出す方法が金管楽器と木管楽器の違いになっていますが、元々は楽器の管が合金で作られるから【金管楽器】
管が主に木で作られるから【木管楽器】と呼ばれるようになったそうです。

楽器の難易度

次に楽器の中で難易度の低いものから難易度の高いものを、金管楽器・木管楽器別々で順番にご紹介します!

どの楽器にもそれぞれ難しい部分はありますが、今回は音の出しやすさという面から
比較的難易度が低いと思われるもの・難易度が高いと思われるものを順番にご紹介します。

金管楽器の難易度

まず始めに金管楽器の難易度を難易度が低めのものからご紹介します!

難易度意外にも音のイメージや楽器の重さなども紹介しています!

楽器選びの参考にして頂けたら嬉しいです(^^♪

ユーフォニアム ★☆☆

ユーフォニアムは柔らかくて丸みのある音が出る楽器です!
主旋律ではなく裏拍や対旋律を吹いていることが多いです!

こちらはマウスピース(口に当てている部分)のサイズが人の口の大きさから考えると比較的音が出しやすく難易度が低めの楽器です。

トロンボーンもユーフォニアムと同じマウスピースのサイズなので、比較的音は出やすく、難易度は低めかと思います!
ただトロンボーンに関しては他の楽器とは違い、スライドを使う楽器なのでそこが難しいです。

またユーフォニアムは4.5kgあるので、重たいものを持つのが苦手という人には不向きかもしれません(^^;

トランペット ★★☆

トランペットははっきりとした音で、主旋律を吹くことも多い花形的な楽器です!
主旋律をたくさん吹きたいという人にはおすすめの楽器です。

マウスピースは小さめなので、ユーフォニウムに比べると難易度が高い楽器になると思います。

比較的楽器自体は小さいので、持ち運びは便利な楽器です!
重さも約1kgと軽めなので力が無いという人にもおすすめです^^

ホルン ★★★

ホルンは柔らかい音色が出る優しいイメージの楽器です。
丸い形が可愛らしいですよね。
ユーフォニアムと一緒で対旋律や裏拍を吹いていることが多いです!

そんなホルンですが、金管楽器の中では音を出すのが1番難しいと言われています!
マウスピースが小さく、楽器の管も細長いので難易度が高めの楽器になっています・・・

ただ音が出て、演奏できるようになるととても楽しい楽器ですよ!

重さも約2.5kgと比較的軽めなのでおすすめです!

~豆知識 金管楽器の音階の変え方~

少し金管楽器の豆知識を書きたいと思います。

金管楽器は木管楽器とは違い、音を変えるピストンやロータリーが3本のものがほとんどです。
では、その3本しかないピストンやロータリーでどのように音を変えているのでしょうか?

ピストンの組み合わせにはいくつかの組み合わせがあります。
例えば【1つ目と2つ目】【2つ目と3つ目】【全て押す】【全て押さない】などなど・・・

この3つのピストンを押すことで管の通路を短くしたり、長くしたりすることで音を変えています。

指の組み合わせによって、管の長さが異なるように出来ています!

木管楽器の難易度

次に木管楽器の難易度を難易度の低いものから順番にご紹介します!

こちらは難易度意外にもどういったジャンルの曲に使われているのかや楽器の重さも紹介しています(^^)/

木管楽器を吹いてみたいという方必見です!

サックス ★☆☆

サックスはポップスやジャズ・ロックなど様々な音楽ジャンルで使われています。
ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと音の高さによって4種類のサックスがあります。

サックスは比較的音を鳴らすという面では初心者にも優しく難易度低めの楽器となっています!
また基本的な指使いも小学校で習うソプラノリコーダーと同じなので、他の楽器と比べると覚えやすくなっています!

楽器の重さは種類によって大きく異なりますが、約1kg~5kgとなっているので、力に自信がある人にはバリトンサックスもおすすめです!

クラリネット ★★☆

クラリネットは音域がとても広い楽器です。
吹奏楽にはなくてはならない存在です!

サックスと同じでリード楽器なので、比較的音を出すという面では難易度は低めの楽器になっています!

ただ吹けるようになってくると、楽譜がとても細かくなっていることもあるので、少し難易度が上がります。

楽器の重さは約0.8kgと軽いので持ちやすいです!
また持ち運びも便利ですよ。

オーボエ ★★★

オーボエは他の楽器にはない独特の音色をもっています。
どんな音色!?と聞かれると難しいのですが・・・(笑)
オーケストラや吹奏楽でよく使われているイメージがあるかと思いますが、ジャズやポップスにも使われています!

見た目はクラリネットにそっくりですよね!

ただ最初に音が出にくいという面ではとっても難易度の高い楽器です。
吹けるようになると楽しいと思うのですが、それまでの道が長い楽器になっています!

楽器の重さはクラリネットと比べると0.1kg軽い0.7kgとなっています!

~豆知識 木管楽器の音階の変え方~

金管楽器のところでもご紹介しましたが、こちらでは木管楽器の音階の変え方をご紹介します。

木管楽器は金管楽器とは違い、縦長や横長の楽器が多いですよね。
こちらは管の途中にいくつかの穴があります。
その穴を孔といい、この孔を開けたり閉じたりすることで、管の長さを変えています!

管の長さで音を変えるという点では金管楽器と同じです。

クラリネットやリコーダーのような楽器は指で直接孔を抑えることが出来るように孔を開け、その穴を開閉する位置で音階を変えられるようになっています。

簡単にいうと楽器に直接穴が空いていて、その上に何もない楽器です!

フルートやサックスなどの楽器は、半音ごとに大きな孔を開け、その上にキーと呼ばれる蓋のようなものを付け、そのキーを開閉することで音を変えられるようになっています。

簡単にいうと、穴の上に蓋がついている楽器です!

金管楽器の難易度で一番難しいのは?木管楽器との違いまとめ

金管楽器と木管楽器の違い・各楽器の難易度いかがでしたでしょうか?

難易度に関してはどの楽器にも難しい部分はあると思います。
向き不向きもあるので、一度自分が吹きたい楽器を試しに吹いてみることをおすすめします!

皆さんが楽器を始める時の参考にして頂けたら嬉しいです!

おすすめまとめ

関連するまとめ

派遣ではこんな人が求められる!事務職で使える経験やスキル

今派遣で働く方が増えています。 中でも派遣で事務職に就いている方も多くいます。そんな事務職に就いてまとめてみ…

yuriemon / 753 view

カイワレ大根の栄養や食べ方、保存方法まとめ

カイワレ大根は、現在では工場などで生産されるようになり、なじみ深い野菜になってきたと思います。 カイワレ大根…

SYOUTA / 8276 view

AGA治療の費用は高い?安い?効果や副作用、治療期間まとめ

AGAとは男性型脱毛症のこと。お悩みの方もいらっしゃいますよね。AGA治療について知りたいけど、効果や治療期…

kato00 / 207 view

映画好きなら是非持っておきたい!映画検定って知ってる??

あなたは映画が好きですか?あなたの映画好き度を認定してもらえる検定があるのです!それが❝映画検定❞というもの…

さちこめ / 5018 view

高3の6月まで部活、からの通塾なしで偏差値70超?!そんなわたしのオススメ勉強法!!…

「部活楽しい!!でも勉強もしなきゃ・・」 でも時間ないしどうやって両立したらいいの??! とお悩みの中高生必…

ののもこりん / 2836 view