ネットラップとは、インターネット上にトラックメイカーが提供するトラックを使って、ラッパーがオリジナル楽曲を制作し、アップロードしたもの全般である。(出典:ニコニコ大百科)
いわゆるオタクと呼ばれる人種が多いこのコンテンツだが、実際に見て聞いてみるとそれはかっこいいものが多い。
今の時代、個人が大切にしているカルチャーを発信することが日本人において最も大事なのだと感じる。ネットラップもそんなカルチャーの一つだと思って、先入観なしにこの記事を読んでほしい。

ネットラップの歴史

ネットラップというジャンルは明確な定義がないため個人的な見解も交えるが、YouTubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトやSoundCloudなどの音楽共有サイトなどにアップロードされたラップやトラック、そしてその活動で生まれる音楽を指す。

そして、通常のヒップホップ・ラップに比べて「オタクっぽい」というイメージを持たれる場合もある。
また、インターネット発のアーティストであってもネットラッパーとして語られない人や語られたくない人もいる一方で、通過点としてネットに曲をあげただけでもネットラッパーと呼ばれるケースもあるなど、その使われ方は様々だ。

オススメのネットラッパー

ネットラップの先駆者「らっぷびと」

インターネットの動画投稿サイトを中心としながらライブもこなすラップアーティスト。
オリジナル曲からアニメやゲームの主題歌をラップ調にリメイクした曲まで幅広く手がけている。

だが本人が今まで制作してきた楽曲の中での「アニソンラップ」の割合は実は3割にも満たない。
殆どがオリジナルの「日本語ラップ」である。
(別名義での曲も含むと今まで彼が制作した楽曲数は400曲以上ある。)

ネットラップユニット「電波少女」

2009年、インターネット動画投稿サイトに突如姿を現した数名の個性派MC・TMで結成された。

2010年に公開されたFreeDLの音源集「廃盤」は2000DL以上を記録。
各動画サイトにアップロードされた音源は累計で30万再生を突破。
今ネットラップシーンにおいて、最も多くの注目と期待を集めているクルーである。

幅広く乗りこなす「野崎りこん」

2009年ごろからニコニコ動画に音源を投稿。ぼくのりりっくのぼうよみやJinmenusagiなどとの共演もあり、電波少女の元メンバーでもあるが故に各所で名前は見かけるも、「野崎自身の作品はまだか」と待ち望まれていたネット界の異端児的ラッパー。

野崎りこん待望のデビュー・アルバム『野崎爆発』が〈術ノ穴〉より2017年6月にリリースされた。


メロウなビートやエレクトロニカ、黒いヒップホップらしいビートまで幅広く乗りこなす。他のラッパーでは聴かない単語や言い回し、ネームドロップなど面白い点が多い

女性ラッパーへの楽曲提供で有名なトラックメーカー「中路もとめ」

Tokyo Audio Waffle所属の彼はダンス、エレクトロを基調としたトラックを女性シンガーに提供している。

ソングライター・ラッパーのintend.とのコラボユニット「モトメトインテ」を2017年に結成、1st フルアルバム「THEME PARK」に収録されている「東京ジャングル」には野崎りこんがゲストボーカルを務めたことによるバズが話題を呼んだ。

ユルいラップと乙女なメロディが若者に人気となり、ビレッジヴァンガードなどで取り扱われている。

ネットラップの聖地「World Wide Words」

「World Wide Words」とはインターネットでの活動を出自とするラッパーやDJといったアーティストたちが一同に会する年に1度の大規模なイベントである。
2006年夏に発足し、2013年よりらっぷびとの主催となり、今年で6回目を迎える。

2018年の出演者は主催のらっぷびと、トップハムハット狂、釈迦坊主、嘯etc...、サブステージにはintend.も個人出演が決まっている。

毎年息をのむほど熱狂しているこのイベントだが、今年もまた盛り上がるであろうラインナップであることは間違いない。

まとめ

ネットラップを知らない人向けにオススメのネットラッパーを紹介してきたがいかがだっただろうか。

お気に入りのアーティストはいただろうか?

あまりメジャーでないカルチャーかもしれないが、見たことのないほどの熱量を持ったコンテンツが日本にはまだまだたくさんあります。

これを機にネットラップに興味を持ってもらえたら、また他のアンダーグラウンドカルチャーに触れるきっかけとなってもらえたら嬉しい。

おすすめまとめ

関連するまとめ

2015年この夏もっとも熱い『なでしこジャパン』を応援しよう!

がんばれ!サッカー女子日本代表!みんなで応援しましょう!

maruchan / 2732 view

世界一のイケメンはなんと13歳!イケメン過ぎてヤバイ♡

世界一のイケメンの13歳、オーストラリアのWilliam Franklyn Miller(ウィリアム・フラン…

nameco92 / 30652 view

【芸能人私服】実はおしゃれ◎ダサい✕まとめてみた!

芸能人は、仕事中はほとんど衣装という人も多いので、やっぱり私服って気になりますよね!TVでは◯◯な衣装が多く…

Seira / 3285 view

オリンピックロゴ エンブレム却下!デザイナー佐野研二郎とは?

日本東京で開催されるオリンピック、パラリンピックのエンブレムがベルギーのリエージュ劇場のロゴに似ているなどで…

akkkkun / 5872 view

ギャル曽根 第2子妊娠6ヶ月を公表!

タレントのギャル曽根さんと旦那の名城ラリータさんとの間に二人目の子供が授かったことを発表しました。

JIN / 4407 view