きっかけは人それぞれ、だけど一生消せないものがタトゥーです。

しかし後から消したいと思った時、どうにかして消せないものかと強く悩む方もいらっしゃるでしょう。

医療技術が発達した現在では、タトゥーを消す方法もあります。

しかしそれにはどの様な方法はあるのでしょうか?

レーザーでの除去はよく聞きますが、それにはどれくらいの痛みが伴うのでしょう?

今回はタトゥーを消す方法についてのお話です。

タトゥーとは『一生背負うもの』

『若気の至り』なんて言葉がありますね。

それが一時的な失敗であれば良いのです。
人間は失敗から学ぶことも多くありますから。

ですが、どうしても取り返しのつかないことは起こりえます。

衝動的に起こした行動の結果が『タトゥー』だったらどうでしょう。

その時のあなたには、それを一生背負う覚悟はありましたか?
また、今タトゥーをしてみたいあなたは、それだけの覚悟がありますか?

タトゥーは文化的な意味合いも持ちますが…

タトゥー(入れ墨)の歴史は世界中に古くからあります。

どこかの部族は代々決まった入れ墨を体に彫ったりだとか、罪人を識別する為に模様や数字を彫ったりだとか。

一概にタトゥーが悪だとは言えません。

しかし、軽はずみに手を出すべきものでもないのです。

例えば、普通の傷であればいつの間にか治りますね。
私たちの体には修復機能があるからです。

タトゥーは『傷跡』ですが、自動的には消えません。消せません。

現代日本では、体のどこかにタトゥーがあると銭湯にもプールにも行けません。
暑い日に体を露出することもままなりません。
どうしても『タトゥーがある』という外見で判断されやすくなります。


それに後から気が付いて、生きていくのに不都合があるからとタトゥーを消したくなっても遅いのです。

タトゥーを消す方法は、ある

…と、厳しい事を言ってきましたが、実際の所タトゥーを消す方法は存在します。

消したいと思っても全く希望がない訳ではありません。

じゃあ別に心配も何もないじゃん、と思われるかも知れません…ですが。

…タトゥーの除去に関する様々なリスクはご存知でしょうか?

では、タトゥー除去する方法を見ていきましょう。

タトゥー除去の方法は4つ

現在、日本の医療機関で受けることができるタトゥーの除去には4つの方法があります。

・『レーザーによる除去』
・『切除縫縮による除去』
・『剥削による除去』
・『皮膚移植による除去』

の4つです。

基本的にはタトゥーのサイズや色、状態などから判断して適切な治療が行われます。

それぞれの方法を1つずつご紹介します。

入れ墨の消し方①『レーザーによる除去』

よく聞くのがレーザー治療なのではないかと思われます。

レーザー治療とは、医療用のレーザーを患部に照射して色の濃い墨の色素を壊していく消し方です。
壊された色素が体内の細胞によって消化・排出されることによってタトゥーが徐々に薄くなっていく仕組みです。

小さく薄いタトゥーであれば1回~数回で完了することもあります。
しかし、基本的には全ての色素が破壊・排出されるまで数か月おきに何度も照射しなければならない可能性が高いです。

レーザー除去で使われるのは2種類のレーザーです。

ヤグレーザーはシミやほくろの治療にも使われるもので、黒色に反応するレーザー。
ピコレーザーはカラーのタトゥーに反応するレーザーです。

治療費用としては一般的に1㎠で1万円以上はすると思っておいてください。


入れ墨の消し方②『切除縫縮による除去』

手術でタトゥーを紡錘形に切除し、両辺を縫い合わせて一本の線にしてしまう消し方です。
レーザーが届きにくい、深い所まで入れられているタトゥーの除去に適しています。

小さいものであれば1日で除去が済み、消すのにかかる時間は早いですが、
大きいタトゥーは分割して切除しなければならない為、数か月以上かかることもあります。

また、このタトゥー除去の性質上、対応できるサイズに限度があるため、他の消し方を選択しなければならない場合もあります。

費用は入れ墨のサイズや医療機関によって様々ですが、ある程度の大きさでは、最低でも10万以上はかかることになるかも知れません。

入れ墨の消し方③『剥削による除去』

医療用のカミソリなどで入れ墨部分の皮膚を削ることによってタトゥー除去をする消し方です。
新しい皮膚が再生されるのに馴染ませるのが目的です。

この方法では一度に広範囲が治療できますが、体の9%を一度に治療できる範囲としています。
これは体への負担を極力軽減する為です。

また消し方特性の為、あまり深い所の入れ墨には対処できにくい除去方法です。

費用はサイズによって変わるそうですが、10㎠で30万ほどはかかる見込みです。

入れ墨の消し方④『皮膚移植による除去』

これは名前の通り、体の別の部位から健康な皮膚を持ってきて、それを入れ墨部分に被せるように移植するタトゥー除去です。

剥削によるタトゥー除去の様に一度皮膚を削ってから、移植した皮膚を被せる為、一度に広範囲の治療ができるのが特徴です。

消し方には皮膚をそのまま移植する『シート移植』とメッシュ状に皮膚を引き伸ばしてから移植する『メッシュ移植』の2パターンがあります。

こちらは費用が最も高額となることが多く、ハガキほどのサイズでも50万~、場合によっては100万以上かかる可能性もあります。

なぜ痛みが生じるのか?

タトゥー除去は痛みがある、という話はよく聞かれると思います。

この痛みは施術中の痛みか、術後の痛みかに分かれます。
手術は体にダメージを与えているので、痛みも当然起こります。

とはいえタトゥー除去の施術にはどの方法でも麻酔が用いられるので、基本的に痛みは軽減されているものです。

しかし、痛みの感じ方は人それぞれです。

特にレーザーによる消し方では、施術中に『輪ゴムで弾かれた様な痛み』を感じるというのをよく聞きますよね?
これは人によって『機関銃で撃たれている様な痛み』や『まるで死ぬ様な痛み』、『出産の次に強く痛みを感じた』などと表現されます。

ですので、全くの無痛で施術がされるかと言えば、そういう訳でもないのです。

術後の痛みは『手術痕が後から痛む』などの様なケース。

痛み止めを処方されることもありますが、痛さで夜も眠れない…という声もあります。

知っていますか? タトゥー除去に伴うリスク

タトゥー除去の方法4つについてご紹介しました。

この様に、確かに入れ墨を消す方法はあります。

しかしタトゥー除去には大きなリスクが伴うことも忘れてはなりません。

これから起こり得る代表的なリスクについてお話したいと思います。

タトゥー除去による後遺症

タトゥー除去には後遺症の可能性が大いにあります。

考えられるものとしては、手術痕が痛む・腫れる、傷口が開く可能性がある、感染症にかかりやすくなる、ひきつり、皮膚の壊疽…などなどです。

この他にも起こり得る後遺症は多々あります。
医療機関によってはこういった術後のリスクに対してメンテナンスを行ってくれることもあります。

治療には長い期間が必要になることもある

小さいサイズの入れ墨であれば、除去に掛かるのは最短1日、というケースもあります。

しかし、大半の場合は3ヶ月程度に1度の治療を1年半~数年繰り返すという場合が多い様です。

入れ墨は濃く大きいものであれば、何度も施術をしなければ治療できません。

また、小さくとも体の状態によっては必ずしも短期で治療が終わるという訳でもないのです。

費用が高額になる可能性がある

先にもお伝えした様に、タトゥー除去の手術費用はかなり高額になることが多いです。

最低でも数万~数10万、場合によっては100万円を超えてしまう可能性もあります。
更にそこへ、薬代や麻酔代、その他細々したメンテナンス費用がかかってきてしまいます。

とにかく費用が掛かってしまう点は絶対に抑えておきたいポイントです。


肌が完全に綺麗になる…訳ではない

施術をしたら完璧に綺麗になるんでしょ?
お金も高かったんだし。

と思われている方もいると聞きました。

残念ながら、綺麗でまっさらな皮膚が取り戻せるとは限りません。
入れ墨によっては完全に消しきれなかったり、傷痕が残ったりする可能性が高いのです。

手術を終えた後から『完全に治ると思ったのに!』とならない為にも、事前に医師からの説明をしっかり聞いて、納得出来たら手術を受ける様にしてください。

全ての皮膚科医院や美容クリニックで治療ができる訳ではない

これも要注意すべき点の一つ。

診療科目のある病院に行けば治療をしてもらえる、とは限りません。
例え大きな総合病院でも、タトゥー除去は行っていないところも結構あるんです。

そうなると美容外科のクリニックなども選択肢に入ってきますよね。
しかし、全国に複数店舗展開している様なクリニックでも、場所によっては扱っていない除去方法もあります。

またご自身とクリニックとの相性もありますから、通うクリニック選びは慎重に。

実際に治療に通われている方の口コミや体験談ブログなども参考になりますよ。

タトゥー除去はお医者さんともよく相談して…

入れ墨の消し方についてざっとお話してまいりました。

タトゥーは総じてリスクが高いものです。
大げさに言えば、タトゥーの有無で人生も変わることもあるでしょう。
ですがそれ自体を否定するつもりはありません。

ただし、軽はずみな行為で後悔しない為にも、一時の衝動に振り回されないでくださいね。

そして、何らかの理由でタトゥー除去を考えていらっしゃる方。
様々なクリニックあり、何人ものお医者さんがいます。

後々のトラブルを回避する為、何より自身の健康の為にも、しっかりと病院を選んで説明を受け、信頼できるお医者さんのもとで手術を受けてくださいね。

おすすめまとめ

関連するまとめ

普段の家事にも活かせちゃう?!掃除能力検定ってどんな検定???

掃除能力検定という検定をご存知ですか??持っていると就職活動でも有利になれる?!検定内容についてまとめました…

さちこめ / 10171 view

おすすめオンラインゲーム(PC)まとめてみました。

話題のオンラインゲームをまとめてみました。最近は無料のオンラインゲームが多いので一度遊んでみてください。

mota / 2262 view

BBQには欠かせない存在になる?!バーベキュー検定試験を受けてみよう!!

夏はバーベキューをする機会が多くなりますよね!そんな時に大活躍出来るバーベキュー検定試験を受けてみませんか?…

さちこめ / 2461 view

雨の日は何故か眠い…!なんで?対処法は?

雨の日は眠い…体がだるい…頭痛までする…!梅雨の季節は特に眠い日が続きますよね。そんな日の対処法をご紹介しま…

manmaru441 / 1991 view

初音ミク『千本桜』についてまとめてみた。

皆さんご存知の人気ボカロ初音ミクの千本桜PVMVや過去にあった千本桜の話題をまとめてみました。

mota / 1814 view