コールドウォレットとは?

コールドウォレットとは何か。

この仮想通貨ブームの中でセキュリティや管理についても注目されるようになってきました。

多くはハードウェアウォレットとして知られているかと思います。


コールドウォレットとホットウォレットの違いとは?

英語表記にすればCold Wallet
つまりその対称にHot Walletがあります。

この違いはウォレットがオンライン状態かオフライン状態であるかというところにあります。

もっとわかりやすく言えば、
インターネットに接続している状態をホット
インターネットに接続していない状態をコールドと表します。

コールドウォレットの安全性 取引所が危険な理由

そんなコールドなウォレットですがどうしてインターネットにつながっていないのでしょうか?

それは、外部との接続を断ち切った独立したウォレットにすることでハッキングのリスクを減らすことが出来るという点にあります。

仮想通貨の取り扱う点で最も注意しなければならないのは第三者によって保有している通貨が盗まれるという事態です。

この事態を未然に防ぐ手段として登場したのがコールドウォレットになります。

しかし多くの人はビットフライヤーやコインチェックで購入した通貨をそのまま購入したサイト内、いわゆるウェブウォレットに保管しています。

このウェブウォレットはホットウォレットに属するため、インターネットに接続しておりハッキングの対象になる可能性があります。

現にコインチェックではその対象となり多額のNEMが流出する事態となってしまいました。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットには現在3種類のタイプが存在します。

それぞれの特徴、使いやすさ、メリットデメリットについてわかりやすく解説します。

ハードウェアウォレット

ハードウォレットと略称で呼ばれることも多く、今最も注目されているタイプです。


特徴
・USBメモリほどのサイズの物が多い
・複数の通貨を管理することが可能
・保管できる通貨の種類は限られている
・価格は1万円~1万6000円
・通貨の移動の際PCへの接続が必要
・長期保有向け


メリット
・単体である場合ハッキングの被害にあうことはない
・銀行の貸金庫に預けることが可能
・取引所の閉鎖や倒産による通貨の消失がない

デメリット
・全通貨に対応しているわけではない
・非対応の通貨を保管したい場合複数のデバイスが必要になる場合がある
・他のウォレットで管理するよりもコストが高い
・デバイスを紛失してしまった場合、永久に通貨は引き出せない

使い方としては多くの場合マイクロUSBでPCと接続し専用アプリからアドレスを発行しそこに保管したい通貨を送付します。

専用デバイスにはPINコードや二段階認証がついており、デバイス自体にセキュリティ対策が施されているものも増えてきました。

通貨の移動にはアドレスと暗号キーが必要になります。

現在は海外製の商品が主流でまだまだ高価であり
日本円で取引できる仮想通貨を全て網羅している
ハードウェアウォレットは現在ありません。

また模倣品が出回っている可能性があるため製品は
出来る限り公式サイトから買うのが賢明です。

現在日本円と取引可能な対応通貨
ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),ライトコイン(LTC),ゼットキャッシュ(ZEC),ダッシュ(DASH),ビットコインキャッシュ(BCH),リップル(XRP)

Ledger Nano Sはビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)その他のオルトコイン(アルトコイン)用のハードウェアウォレットです。

TREZOR(トレザー)

14,800円

仮想通貨取引所Zaifからの販売です

現在日本円と取引可能な対応通貨
ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),ゼットキャッシュ(ZEC),ダッシュ(DASH),ビットコインキャッシュ(BCH)

安全にビットコインを保管できるハードウェア型ウォレット登場!
秘密鍵のファイルを悪意あるソフトウェアから守る、そんな利便性の高いプロダクトが登場しました。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットはPCのソフトウェアをウォレットとして使うタイプです。

特徴
・オフライン状態でも残高が確認できる
・ホットウォレットよりセキュリティが高い
・無料で利用できる
・基本的にはひとつのウォレットに1種類の通貨を管理する


メリット
・取引所の閉鎖や倒産による通貨の消失がない
・無料で作ることが可能
・デスクトップ上で確認できるため使い勝手が良い

デメリット
・インストールのために数GBのハードディスク用量が必要になる
・PCに負荷がかかるためマイニングPCとは別に管理する方が良い
・オフラインであってもPCの故障やウィルスに対する脆弱性は考えられる
・インストールしたPCでしか使えないためハードウォレットのように持ち運びには適さない


一度PCにインストールしてしまえば、ウェブウォレットのようにオンラインアクセスがなくても残高を確認することが可能です。

ハードウェアウォレットよりも利用頻度の高い、または少額の通貨を保管しておくのに向いています。

アルトコインのデスクトップウォレットに関しては公式のものに限られたり、配布停止したりしていることが多いです。

ペーパーウォレット

アドレスと秘密キーを紙に印刷して保管するという使い方ができます。

特徴
・QRコード化したアドレスと秘密キーが印刷されている
・鍵付きの紙幣に近い
・1種類の通貨につき1枚作ることが出来る


メリット
・取引所の閉鎖や倒産による通貨の消失がない
・物理的にハッキングは不可能
・費用対効果は大きい

デメリット
・複製することは可能
・ハードウォレット同様、紛失してしまえば通貨を取り出すことは出来ない
・パスワードを忘れると通貨を取り出すことは出来ない


デジタルな社会の中でもアナログな技術は
意外にもセキュリティとして役に立つこともあります。

残高の確認に手間がかかるためこちらも
ハードウェアウォレットのように長期保有向けと言えます。

貸金庫に預ける場合にはハードウェアウォレットよりも
コストが抑えられるかもしれません。

コールドウォレットは絶対安全なのか

残念ながらコールドウォレットも完璧とはいい難いです。

どちらかと言えばリスクの方向がハッキングによるものから
自己管理によるものに移行しただけと考えてもらえばわかりやすいかと思います。

セルフゴックスの危険性

マウントゴックス事件になぞらえて、セルフゴックスとよばれることがあります。

それはつまり、コールドウォレットで仮想通貨を個人で管理する上で
デバイスの紛失や故障、秘密キーを忘れてしまうことで
仮想通貨が引き出せなくなってしまう事態のことです。

ハッキングのリスクを回避しやすい一方
通貨の管理は個人に一任されるためコールドウォレットの利用は
自己資産を他人任せにせず、徹底して管理できる人には向いているでしょう。

ウォレットをうまく使い分けよう!

コールドウォレットは仮想通貨管理のひとつの手段にすぎません。

頻繁に移動する少額の通貨ほど実は管理の手間によるリスクを減らすためにホットウォレットで管理する方が適している場合があります。

おすすめのコールドウォレットの使い方は長期保有
俗にいう「ガチホ」状態の通貨や
移動する機会の少ない多額の通貨の管理には適しているといえます。

最も安全な使い方ですと、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットそしてパスワードを記載したものを銀行の貸金庫に預けることかもしれません。


現在はガチホリップラーで有名な投資家与沢翼氏も
ハードウォレットを利用していますね。

さらに用心するのであればそれらを分散して預けておけばよいのですが
銀行の貸金庫を利用するにあたり、年間約15,000円の利用料が必要となります。

そのため費用対効果を考えれば、複数の貸金庫と特にハードウェアウォレットの組み合わせは現実的な使い方ではない場合もあります。

それらを考慮し、各々の財政状況に適したウォレット管理が大切だと考えます。

要はお金を減らさないことが目的ですからね。

おすすめまとめ

関連するまとめ

ハゲる前兆と特徴、ハゲてしまう原因や予防策をまとめてみた!

男性である以上それは仕方がないことなのかもしれない。まるでそうホラー映画の呪いのように。私たちの頭は蝕まれて…

tanakahiro_aki / 303 view

海外発!新しい手帳のかたち・バレットジャーナルが熱い

11月も半ばを過ぎ、そろそろ来年の手帳を準備し始めた方が多いのではないでしょうか。まだどんな手帳にしようか悩…

マル / 6511 view

ハゲる人の特徴や性格とは?髪質にも共通点があるって本当?

ハゲる人の特徴にはどんな共通点があるのか皆さんは知っていますか?その人の性格、髪質、親からの遺伝などに注目し…

nomoto / 386 view

無理をしないで!慣れない新生活で心が疲れたアナタを癒す5つの方法

入学や入社、初めての一人暮らし等で慣れない新生活を送る皆さん。そろそろ心が疲れてきていませんか? ここで一息…

doraste0214 / 657 view

好きなポケモンのランキング!ポケモンに関するアンケートまとめ

現時点で720匹が登場しているポケモン。気になる『好きなポケモンのランキング』をアンケート調査からまとめてみ…

yakiniku / 11114 view