増加中!?出産後の抜け毛・薄毛

『産後脱毛症』という言葉をご存知ですか?
名前の通り『産後』に起こる『脱毛症』です。

出産後の脱毛に悩んでいる女性は半数以上もいるという結果が出ており、他人事ではありません。

髪の毛が薄くなると途端に老けて見え、元気がないような印象になってしまいます。

薄毛が気になり外に出るのが減ってしまったり、掃除中に自分の髪の毛を見つけて憂鬱になってしまったりするイライラがお子様にも伝わり余計…といった悪循環に陥ることも…

今回は原因とその改善方法をまとめてみました。

脱毛症の原因

脱毛症が起こる原因を知るだけでも少し気が楽になりませんか?
育児によるストレスはもちろんですが、原因はそれだけではないんです。

詳しく紐解いていきます!

女性ホルモンの乱れ

産後の抜け毛の主な原因は『女性ホルモンの乱れ』によるものです。

女性が常に分泌している『エストロゲン』は毛髪の成長を促したり、維持する効果があります。

このエストロゲンは、妊娠をするとお腹にいる赤ちゃんが元気に成長するように『プロゲステロン(黄体ホルモン)』と共に分泌が活発になります。



この二つのホルモンが女性ホルモンと言われるもので、女性ホルモンの分泌が活発だと母胎の状態が安定し、安全な出産の手助けをしてくれます。

しかし、赤ちゃんを出産すると、妊娠中過剰に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少します。

このように急激に増えた後に減少するという急変化に体が耐えられずバランスを崩すことで頭皮や毛髪の環境・状態が急激に悪化し、一気に薄毛や抜け毛が進行することになります。

元々抜けるはずだった髪の毛が抜けるべき時に抜けず、長い成長期を経て、その後まとまって抜けてしまう為、一時的に見た目も薄く感じてしまいます。

育児と生活習慣の乱れからのストレス

出産直後は何かと気が張ってしまうものです。

授乳や夜泣きなどであまり眠ることができない時期でもあります。

睡眠不足はホルモンバランスの乱れの原因にもなりますし、ストレスにもつながってしまいます。

慣れない育児からくるストレスは大きなもので、心も体もついていかないものです。


そこにさらに抜け毛と薄毛でストレスが重なってしまい、ついつい苛立ちが出てしまったり、理解してもらえずモヤモヤしてしまうのは自然と赤ちゃんにも伝わってしまいます。

できる限り睡眠をとり、周りに話すなどストレスを解消しながら過ごせるといいですね。

過度な産後ダイエットによる栄養失調

妊娠中に太ってしまったからすぐにでも痩せたい!と、出産後すぐにダイエットに励む女性が多いですが、これは一番やってはいけないことです。

ダイエットをすることで頭皮や髪に必要な栄養素が確保できません。

体力回復や母乳に優先的に栄養素が行ってしまうため、余計肌がボロボロになったり、髪の毛が細くなり結果的に抜け毛につながってしまいます。


どうしても妊娠後の体型が気になる場合は、授乳が終わり、しっかりと体力が戻ってからダイエットをするようにしましょう。

いつまで続く?

一般的には出産後、2.3か月してから抜け毛が始まりますが、半年から一年ほどたつと自然と治ってくるといわれています。

1年以上抜け毛が治まらない場合は何か別の脱毛症がかかわってくると考えていいでしょう。

回復が見られない場合や、脱毛がひどく肌が透けて見えるといった症状の場合はただのホルモン変化の影響だけではない場合があります。


産後、自己免疫に障害が出る場合もあり、その症状が脱毛や皮膚疾患を引き起こしている場合もありますので、気になる場合には産婦人科や皮膚科など医師に相談しましょう。

改善方法

出産後脱毛症は出産後の女性なら誰しもが起こりうる脱毛症です。
インターネットでの調査結果ではおそよ6割の人が悩まされているようです。

抜け毛に悩みすぎてストレスになりまた抜け毛につながる…という悪循環が一番危険です。

しっかりと栄養が回るよう対処すれば必ず治りますので、あまり気に病まないようにしましょう。

改善方法① なるべく睡眠を取る

原因の一つでもある生活習慣の乱れを治すだけでもかなり効果があります。

しかし、育児中に夜ぐっすり寝るなんて時間はそう確保できません。

赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、ご家族に少しの間見てもらってる間に自分は寝るなど、できる限りでいいので睡眠時間を捻出してみてください。

睡眠をすることによって増加する成長ホルモンは疲労回復や免疫力・代謝増加など発毛促進以外にもいい作用があります。

この成長ホルモンをより多く生産させるためには『寝る直前に食べないこと』です。

食べると眠くなりますが、大切なのは血糖値を上げない事です。

また、寝る少し前に体温を一気に上げて、入眠時に下がった状態にするのが効果的です。

睡眠不足は髪の毛だけではなく、体調不良にもつながってしまいますので気を付けましょう。

改善方法➁ 血流を促進させる

産後の血流不良の要因は

・骨盤のゆがみ
・睡眠不足による自律神経の乱れ
・育児や家事などによる首から肩にかけてのコリ

これらによって全身の血液がうまく循環せず、頭皮まで必要な栄養分が回らなくなってしまいます。

抜けてしまった髪の毛の事は諦めて、新しく生えてくる髪の毛が健康になるよう頭皮に栄養がいきわたるように整えることは今後の育毛にとても重要です。

指圧で頭皮をもみほぐすだけでも効果がありますので、ちょっと気になった時にマッサージしてみてはいかがでしょうか。

効果的なマッサージを紹介している動画もありますので是非参考にしてみてください。↓↓

頭皮のミカタ・簡単頭皮マッサージ

出典:YouTube

改善方法③ 育毛剤を使ってみる

抜け毛が多く、髪の毛の量が少なく感じたり、分け目が目立ってきたりしたときは育毛剤を使うのも一つの手です。

女性専用の育毛剤もありますし、男性用育毛剤と違い副作用がなく、育毛成分によって今生えている髪の毛にもコシが出て太くなったり、ツヤが出たりと髪の毛を元気にしてくれる効果もありますので、抜け毛対策以外にも使って損はありません。

育毛剤以外にも、育毛効果のあるシャンプーやトリートメントを使用してみるのも効果的です。

シャンプーをしているとごっそり抜けてしまうからといって、軽く洗ってしまう人もいますが、これは頭皮環境を悪化させるため逆効果です。

刺激の弱めのシャンプーでマッサージするように洗いましょう。

使用するシャンプーはできるだけ頭皮に刺激を与えないような成分、具体的にはアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
育毛剤を使用する際の注意点

育毛剤を使用する際の注意点

育毛剤を使用する際は成分をしっかり確認してから使用するようにしてください。

授乳中のお母さんの体に入ったものはそのまま赤ちゃんにも取り込まれます。

育毛剤の成分の中には赤ちゃんには耐えられないものが入っている場合があります。

最近では『産後薬用育毛剤』という産後のママさんにも使用できる無添加の育毛剤が販売されていますので、選ぶ時の参考にしましょう。

不安な場合には、産婦人科や皮膚科など専門医に確認をするようにしましょう。

改善方法④ 育毛にいい食事をとる

家事と慣れない子育てで忙しく、自分の食事には気をつかえない時期でもある産後ですが、その偏った食事が『産後脱毛症』の原因の一つです。

髪の毛の成長にはカルシウムやタンパク質、ビタミンB群と亜鉛・鉄といったミネラルなどの栄養が必要不可欠です。

また、大豆に含まれているイソフラボンはエストロゲンと似た作用があり、乱れたホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

大豆は加工しても成分が失われにくいので豆乳や豆腐、きな粉や納豆など様々な状態で取り込むことができます。

これらをしっかりとることで脱毛の症状を抑えることができます。

カルシウム

カルシウム

乳製品や小魚に含まれるカルシウムは髪の毛の艶を引き出し、コシを与えてくれます。

カルシウムは元々日本人に不足しがちな栄養素で、授乳中は母乳を通して赤ちゃんに吸収されてしまうためお母さんの体はカルシウム不足になりやすいです。

カルシウムが不足すると、カルシウムの貯蔵庫である骨からとられていくため骨密度が下がりやすくもなってしまいます。

なるべくカルシウムの取れる食材を摂取しましょう。

たんぱく質

たんぱく質

大豆や鶏むね肉、ヒレ肉や白身魚に多く含まれているたんぱく質は、三大栄養素とあるように人間のエネルギー源としてとても重要な栄養素の一つです。

骨・筋肉・皮膚といった体の骨格を作り、筋肉量を増加させ、維持させるのに必要な栄養素です。

大豆に含まれているイソフラボンは髪の毛の成長を促します。

筋肉量が減ると、基礎代謝も下がってしまうため、太りやすく、脂肪が付きやすくなってしまいます。

積極的に取り入れることによって産後太りの予防にもなりますよ♪

ビタミンB群

ビタミンB群

豚肉やレバー、マグロやカツオの魚に多く、大豆にも含まれているビタミンB群は、頭皮の環境を整える働きがあり、たんぱく質と共に摂取することで髪の毛を作り出し、代謝を促す効果もあるため、髪が生えやすくなります。

髪の主成分でもある『ケラチン』というたんぱく質はビタミンB6がないと作られないため、とても大切な栄養素です。

ビタミンB群は水に溶けやすい性質があるため、煮物など水を使った料理よりは焼いたり、そのまま食べたりするのがおすすめです。

ミネラル(亜鉛・鉄)

ミネラル(亜鉛・鉄)

わかめやひじきなど、昔から髪にいいと言われている食材はミネラルが豊富に含まれている食材です。

ミネラルは髪を育てる役割があります。

亜鉛は貝類に、鉄はホウレン草やレバーに含まれています。

鉄は髪を健康的に育てるために必要不可欠な栄養分です。

子育て中でも特段摂取しにくい食材ではありません。

鉄分配合のヨーグルトなど、おやつ感覚で摂取できるものもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

改善方法⑤ ストレスを解消する

ストレスを解消するのは子育てをしながらするのは大変困難なことだと思いますが、ストレスを抱えた状態ですと、産後脱毛症と共に、円形脱毛症を併発してしまう可能性が出てきてしまいます。

産後は肉体ストレス、精神ストレス、そして環境の変化によるストレスと様々なストレスが襲い掛かってきます。

子供はもちろんですが、自身の体も労わるよう工夫しましょう。

女性は特にストレスから様々な影響が出やすいです。

人からの「共感」は心の栄養になるとも言われており、旦那さんだけだと女性特有の心理が伝わらず、余計もどかしい思いをすることがあります。

自分だけで抱え込まず、地域のママさん向けの団体や、育児支援の場、医師など産後の悩みを共有できる先に相談してみましょう。

また、子供を連れてのお散歩など気分転換をするのもいいでしょう。

いかがでしたか?

出産後の敏感な精神状態にさらに拍車をかけてくる『産後脱毛症』ですが、あまり気に病まないようにしましょう!

仕方のないことだと諦めて、今後のためにケアをしていくことが重要です。

どうしても気になる場合には帽子を被ったり、髪型を変えたりして一時的に隠す方法を編み出したり!

無理をしない程度に、子育てを楽しみながら過ごせますように♪

関連するまとめ

この秋おすすめのネイルはコレ!最新ネイルカタログ♡

もうすぐそこまで秋がやって来ていますね!皆さん秋にむけてネイルデザインはもう考えていますか??今回はこの秋お…

さちこめ / 2063 view

脇汗で恥ずかしい思いをした経験のある方は必見!!夏になる前に汗対策のテクニックを!!

脇に汗のシミを作ってしまった…。なんて恥ずかしい経験をした事のある方は必見です。夏までに汗を抑えるテクニック…

motomoto / 1885 view

世界が悶絶!日本人主婦が作り出した『猫シャツ』をご覧あれ。

見ての通り、猫です。なんのひねりもありませんが、地球の人口の約50%すき(僕調べ)と言われている生き物です。…

msd / 4036 view

気になるたるみも〇〇で解消!セルフケアやフェイスリフトなど、効果のあるたるみ撃退法は…

気になるたるみも解消!家でのセルフケアからフェイスリフトまで、顔のたるみに効果的な方法4選♡

wewekok / 692 view

最新ヘアカラー、何色が来るの?

2016ねん夏本当にはやるカラーはこれ!!!

mjijmiiim / 664 view

CURASSY編集部

人気急上昇、“謎の美女集団“がSNSで話題に!!その正体とは!?

今メディアや雑誌で大人気。20代美女揃いのセクシーダンス集団『バーレスクTOKYO』が話題に!!その勢いは六…

麻美 / 3859 view

世界一楽しい進化系クラブ『party on』が六本木に初出店!!魅力を調査

2017年2月、六本木に進化系ショークラブ『party on』がオープンします!!今まで日本になかった、新感…

sayu7 / 32106 view

ゆめふわブラに峰不二子が惨敗!?寝ている間にバストアッププロジェクト!!

寝ているだけでバストアップするブラジャー『ゆめふわブラ』がいまランジェリー界で話題になってます!!そんな夢の…

CURASSY編集部 / 13776 view

今話題の意味深なLINEスタンプ!!「六本木のSHU〜るな先輩②」の本当の使い方とは…

今話題の、人気のクリエイターズスタンプ「六本木のSHU〜るな先輩②」。 このスタンプには、実は正しい使い方が…

kumama / 2748 view

芸能人もよくいる話題の「バーレスク東京」が六本木でダンサー大募集!!

海外で絶大な人気を誇るエンターテイメントショー「バーレスク」が眠らない街・六本木に上陸しました!!今回、ダン…

CURASSY編集部 / 17311 view

うたか

子持ちのママです。経験したことや興味のあることまとめてます♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Curassy編集部おすすめまとめ。

【公式】Curassy編集部特集